富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 知事の県政レポート【平成24年度】 > 県政レポート第106号[平成24年7月31日]

知事室へようこそWelcome to the Governor's Office

知事の県政レポート【平成24年度】

2016年10月24日

知事室 目次

県政レポート第106号[平成24年7月31日]

 こんにちは、富山県知事の石井隆一です。
 前回レポートしました6月30日以降の主な仕事や出来事について紹介します。

地産地消県民交流フェア2012オープニングセレモニー(7月1日)富岩運河環水公園

 3回目となる「地産地消県民交流フェア」を開催しました。この日のフェアでは、農業団体や企業など33団体の皆さんに出店いただき、旬の野菜や特産加工品の販売、地元産食材を活用した新商品の展示・試食などにより、消費者や流通・販売業者と生産者の交流促進を図りました。私も、筱岡県議や谷川全農県本部運営委員会長、高本JA県女性組織協議会長、寺井農林水産部長などとともに、会場内のテントを回り、新鮮な野菜や農産加工品などを購入しました。今後とも、県民ぐるみの地産地消運動の輪をさらに広げてまいります。

オープニングセレモニーで挨拶し、来賓の皆さんとテープカットを行う知事、野菜や農産加工品を購入する知事

富山県並行在来線の準備会社設立発起人会(7月4日)富山第一ホテル

 県並行在来線の準備会社の設立発起人会が開催され、発起人総代に私が選任されました。並行在来線は厳しい経営状況となることが見込まれますが、県民の日常生活の大切な足であり、JR西日本から譲渡される車輌を含む鉄道資産については無償または極力低額となるよう交渉するとともに、安定的な経営の確保と、利便性の面でも従来と同様または少しでも向上するよう努めてまいります。今後、設立時の取締役会において社長を選任のうえ、今月下旬の会社設立に向けて準備を進めてまいります。

設立発起人会で挨拶する知事

2012国際協同組合年富山県記念シンポジウム(7月4日)農協会館ホール

 国連が定めた国際協同組合年を記念したシンポジウム(主催:2012国際協同組合年富山県実行委員会 代表 松浦県協同組合協議会委員長)が開催されました。私から、「協同組合の皆さん方には、相互扶助の理念のもと、農林水産業の振興、県民の暮らしや健康を守る活動などにご尽力いただいておりますが、相互の結束をさらに強められ、今後とも、富山県の発展のため、一層のご尽力をいただきたい」旨の来賓としての祝辞を申し述べました。

シンポジウムで挨拶する知事

全国知事会地方税財政特別委員会(7月5日)都道府県会館(東京)

 全国知事会において、私が委員長を務める地方税財政特別委員会を開催し、香川県で開催予定の全国知事会議でお諮りする「地方税財源の確保・充実に関する提言(案)」についてご審議いただきました。併せて、地方税制における税源偏在の是正方策について幅広く検討するための検討体制(「地方税制研究会(仮称)」の設置)について、その概要を報告し、了承を得ました。

地方税財政特別委員会で挨拶する知事

全国知事会政権公約評価特別委員会の自由民主党との意見交換会(7月5日)自民党本部

 特別委員会の終了後、全国知事会と自由民主党との意見交換会に、私も地方税財政特別委員長として参加し、東日本大震災の復興や地方分権の進展などを踏まえ、先般、全国知事会が策定した「国・地方の協議に基づく日本再生」について、茂木政務調査会長などと意見交換を行いました。

茂木政務調査会長などと意見交換する知事

高志の国文学館開館式典、テープカット(7月6日)サンシップとやま、高志の国文学館前

 高志の国文学館は、大伴家持の「越中万葉」から近・現代までの小説、短歌、詩などの純文学はもとより、映画、漫画、アニメなど、ふるさと文学の魅力を幅広く紹介し、子どもから大人、高齢者まで幅広い県民の皆さんが楽しみ、学び、創作のきっかけともなる場として整備したものです。名前には、厳しい自然に挑み克服してきた「越の国」の精神風土を継承し、混迷の時代に「高い志」を大切にしたいという願いを込めています。
 本日、その開館記念式典を文学館近くのサンシップとやまで開催し、「多くの方が楽しく学ぶことができ、創作のきっかけともなる文学館にしたい」と式辞を申し述べました。その後、あいにくの雨でしたが、越中万葉歌碑や歌石板が設置された松川べりを歩きながら、文学館に向いました。文学館の前では、故辺見じゅん先生のご令嬢や中西館長との記念植樹や来賓の皆さんとのテープカットを行い、完成を祝いました。今後とも、多彩な企画展やイベントを行い、ふるさと文学の魅力を国内外に発信してまいります。

開館式で挨拶し、来賓の皆さんと記念植樹、テープカットを行う知事、来賓の皆さんと館内を視察する知事

「ふるさとの空」発表会(7月6日)教育文化会館

 県内外の多くの方々からのご意見、ご要望を踏まえ、昨年8月以降、富山県ふるさとの歌づくり実行委員会(会長:遠藤富山大学長)が主体となって歌づくりが進められ、本日、「ふるさとの空」の発表会が開催されました。
 公募の歌詞(原詩者:布村勝志さん)を須藤晃先生が補作し、久石譲先生が作曲した「ふるさとの空」は、富山県の四季の美しく豊かな自然や多彩な文化の魅力を織り込むとともに、ふるさとを想う心を詠う大変すばらしい歌になりました。県としても、子どもから大人まで幅広く、末永く歌い継がれるよう、普及に努めてまいります。

発表会で挨拶する知事、ステージ上で子どもたちが合唱する様子、遠藤会長、須藤先生、子どもたちとの記念撮影

日本産業機械工業会の優秀環境装置表彰受賞報告(7月6日)知事室

 (株)エムダイヤの森弘吉代表取締役が知事室を訪問され、分離・破砕機「エコセパレ」(廃タイヤや光ファイバーなどの廃棄物の分離・破砕機)が、富山県企業として初めて、日本産業機械工業会の優秀環境装置表彰において「中小企業庁長官賞」を受賞したとの報告をいただきました。森 弘吉さんは、とやま起業未来塾の第5期生であり、卒塾後のご活躍を大変うれしく思います。

森社長と懇談する知事、中小企業庁長官賞の賞状を手に森社長と記念撮影する知事

平成24年度北信越地区高等学校PTA連合会研究大会教育懇談会(7月6日)名鉄トヤマホテル

 北信越5県の高等学校PTAの皆さんが一堂に会し、たくましく心豊かに時代を生き抜いてゆく青少年の未来のために活発な議論を行う「北信越地区高等学校PTA連合会研究大会」の教育懇談会にお招きいただき、ご挨拶を申し述べました。

教育懇談会で挨拶する知事

富山県こどもみらい館開館20周年記念式典(7月7日)こどもみらい館

 こどもみらい館は、子どもの夢と創造性を育む交流拠点として平成4年に開館しました。開館以来440万人を超える皆さんにご来館いただき、本日で20周年を迎え、県民公園太閤山ランド内の当館で記念式典を開催しました。次代を担う子どもたちは、地域の宝、日本の宝であり、今後とも、子どもたちが健やかにたくましく育つよう、しっかりと取り組んでまいります。

記念式典で挨拶する知事

高志の国文学館開館記念 五木寛之氏講演会(7月8日)教育文化会館ホール

 本日、高志の国文学館の開館記念講演会を開催しました。定員(550人)を大きく上回る約700人が参加され、五木寛之さんから「日本文化の底流」と題してご講演いただきました。平安時代の流行歌謡「今様」や親鸞聖人の和讃などを例にして、年表などではうかがい知れない、当時の人々の感情をも伝えるのが文芸。書かれた言葉だけでなく、その活字の向こうにある当時の情景や人々の息遣いなどを想像しながら読むことが大切であるといった内容で、また高志の国文学館が多くの人々が集い誰もが自由に過ごせる場所となるよう期待しているとのお話もいただきました。
 講演後は、合唱団「楽音樹」による「ふるさとの空」の合唱が行われました。

講演会で挨拶する知事、講演する五木氏、ステージ上で楽音樹の皆さんが合唱している様子

公益財団法人オイスカ中野総裁の表敬(7月9日)知事室

 公益財団法人オイスカ・インターナショナルの中野良子総裁が、新木富士雄オイスカ富山県支部会長などとともに、知事室を訪問されました。オイスカは、国際NGOとして、草の根レベルの国際協力活動を展開され、緑化活動などを行っておられます。本県も、森づくり税を導入し、里山林や混交林の整備をはじめ、森林ボランティアへの活動支援などを積極的に行っていることなどをお話しました。

中野総裁、新木支部会長らの表敬を受け、懇談する知事

伏木富山港日本海側拠点港推進協議会(7月9日)県民会館

 昨年11月、伏木富山港は、「国際海上コンテナ」など3つの機能別拠点港に選定されるとともに、日本海側の各港を牽引する「総合的拠点港」5港の1つに選ばれました。その優れたポテンシャルを活かし、対岸諸国へのゲートウェイとしてさらなる機能拡充を図るため、「伏木富山港日本海側拠点港推進協議会」を設置し、その初会合を開催しました。私が会長を務めさせていただき、今後、「日本海側拠点港の形成に向けた計画書」に定められた目標の達成に向け、関係市などと一層連携して様々な取組みを行ってまいります。

協議会で挨拶する知事

富山県・岐阜県知事懇談会(7月10日)高志の国文学館

 高志の国文学館で、古田知事と8回目の懇談会を行いました。懇談会では、私から、(1)北陸新幹線などの整備を見据えた広域観光の推進、(2)伏木富山港の利用促進、(3)防災連携強化などの提案を行いました。古田知事からも、東海北陸自動車道4車線化や富山高山連絡道路の整備などについてのご提案があり、今後両県が協力して進めていくことで意見が一致しました。両県の高いポテンシャルを活かし、個性豊かで活力ある地域となるよう、お互いウィン・ウィンの関係で発展できるように協力してまいります。

高志の国文学館で懇談する両知事、高志の国文学館や薬種商の池田屋安兵衛商店を視察する両知事

米国人教育者日本派遣プログラムの表敬(7月11日)県庁大会議室

 ニューヨーク日本商工会議所主催の「米国人教育者日本派遣プログラム」の一環として、ニューヨークのメトロポリタン地域における教育関係者16名が県庁を訪問されました。これは、一昨年、県人移住100周年などを記念してブラジルを訪問する途上で、ニューヨークに立ち寄った折、お会いした当時のニューヨーク日本商工会議所の狩野専務理事に要請し、同氏のご尽力で実現したものです。今回の訪問が、日米の教育、文化の交流につながり、また豊かな観光資源に恵まれた富山県の魅力を実感していただくよい機会となるよう、期待しています。

ニューヨークメトロポリタンの教育者と懇談する知事、代表の方から記念品を受け取る知事

タイ投資委員会アッチャカー長官の表敬、富山タイ協会設立祝賀会(7月11日)県庁特別室、ANAクラウンプラザホテル富山

 タイ投資セミナーに出席のため来県されたタイ投資委員会のアッチャカー長官が県庁を訪問されました。私から、昨年のタイ訪問で、タイ経済の成長力やポテンシャルの高さを改めて実感した旨申しあげた後、本県進出企業に対する支援など、両地域の経済交流の拡大に向けた環境整備を要請しました。
 夕方には、アッチャカー長官にもご出席いただき、富山タイ協会設立祝賀会が開催され、祝辞を申し述べました。

アッチャカー長官らの表敬を受け、懇談する知事、知事と長官が握手している様子、祝賀会で挨拶する知事

東海北陸自動車道建設促進同盟会の提言活動(7月12日)関係省庁(東京)

 東海北陸自動車道建設促進同盟会の古田会長(岐阜県知事)などとともに、奥田国土交通副大臣を訪問し、東海北陸自動車道の一日も早い4車線化と地方が必要とする道路整備のための所要額の確保などについて要請しました。

古田会長らとともに奥田副大臣に対して要請活動を行う知事

「とやまファン倶楽部」会員交流会(7月12日)ホテルフロラシオン青山(東京)

 富山県ひとづくり財団主催の「とやまファン倶楽部」会員交流会が都内ホテルで開催され、富山県出身者や富山県内企業等への赴任経験を持つ方など本県ゆかりの会員ら180人余が相互の交流を深めました。
 川田代表世話人のご挨拶に続き、私から、本県の近況報告を兼ね、富山県の発展に向け、ご支援やご協力をお願いしたい旨のご挨拶を申し述べました。

交流会で挨拶する知事

第28回富山県民生委員児童委員大会(7月13日)オーバードホール

 県民生委員児童委員大会が開催されました。私から、今後とも、地域住民の身近な存在として、高齢者世帯への訪問や児童虐待等から子どもを守る活動など、安心して住み続けることができる地域社会づくりに一層ご尽力いただきたい旨、ご挨拶を申し述べました。

大会で功労者に表彰状を授与し、挨拶する知事

新幹線戦略とやま県民会議「新川地域会議」(第1回)(7月13日)ホテルグランミラージュ(魚津)

 5月に設置した「新幹線戦略とやま県民会議」の中に、新幹線駅を中心とした3つの地域会議を設け、それぞれの地域の特色、強みを活かした取組みを行い、開業効果を県内全域に波及させることとしています。本日は、そのトップを切って、新川地域会議(会長:吉田忠裕黒部商工会議所顧問)の初会合を開催しました。
 新駅を核とした2次交通の重要性や観光地の連携・ルートづくり、地元の機運醸成の必要性などについてご意見をいただきました。

新川地域会議で挨拶する知事

ロンドンオリンピック出場選手激励会(7月16日)高志会館

 ロンドンオリンピックに出場されるカヌーの北本選手など7名の方の激励会を開催しました。世界の強豪を相手に戦われる姿は、県民の皆さんに感動と勇気、子どもたちに夢と希望を与えるものと確信しています。日頃鍛えた力と技を存分に発揮していただき、大活躍されますよう期待しています。

激励会で挨拶する知事、選手の皆さんに奨励金を渡す知事ら、決意表明する北本選手

平成24年度第2回中小企業との対話(7月17日)ホテルグランミラージュ(魚津)

 今年度2回目となる「中小企業との対話」を開催し、企業経営者等約80人の方々にご参加いただきました。はじめに、私から、制定を目指している「中小企業の振興と人材の育成等に関する基本条例」(仮称)の趣旨やその概要、北陸新幹線をはじめとする陸海空の交通インフラの整備状況や新産業の創出など、県の主要施策について説明しました。その後の意見交換では、現場の声を幅広く聞いて地域の各機関が連携する体制づくりや、海外展開のための人材育成、宇奈月温泉の活性化などのご意見をいただきました。

中小企業との対話でパワーポイントと使って県の主要施策を説明する知事、会場内で参加者からの質問を受ける知事

全国知事会議(7月19日〜20日)JRホテルクレメント高松(香川)

 19日から2日間、高松市で開催された全国知事会議に出席しました。
 会議では、私から、地方税財政特別委員長として、地方消費税の配分基準の見直しなどを内容とする地方税財源の確保・充実に関する政府への提言や、東京など大都市地域に偏在する税源の是正方策について幅広く検討するための「地方税財政制度研究会」の設置などについて提案し、了承されました。
 この他、原発隣接県の立場から、原子力防災対策の強化などについて意見を述べました。

全国知事会で発言する知事

近藤文化庁長官への要請活動(7月20日)文化庁(東京)

 近藤文化庁長官を訪問し、「立山・黒部」の世界文化遺産登録や「高岡御車山祭」の世界無形文化遺産登録の推進、南砺市利賀村にアジアを代表する舞台芸術拠点を形成することなどについて要請を行いました。

近藤長官に要望書を渡す知事

富山安全なまちづくりカレッジ(7月21日)サンシップとやま

 地域の防犯関係者や民間パトロール隊リーダーなど約300人にご参加いただき、「富山安全なまちづくりカレッジ」を開催しました。今後とも、犯罪のない「日本一の安全・安心な県」の実現に向けて努めてまいります。

富山安全なまちづくりカレッジで挨拶する知事

山本修旭日小綬章叙勲祝賀会(7月21日)小杉カントリークラブ

 山本修先生の旭日小綬章叙勲祝賀会が開催され、私も出席しました。山本先生は、小杉町議2期8年、県議4期16年の長きにわたり、旧小杉町や射水市はもとより富山県の発展のため多大なご尽力をいただきました。私から「今後とも、大所高所からご指導・ご協力いただきたい」と祝辞を申し述べました。

祝賀会で祝辞を述べる知事、来賓の皆さんらと鏡割りを行う様子

第14回富山県民歩こう運動推進大会(7月22日)富岩運河環水公園周辺

 今年初めてとなる県民歩こう運動推進大会を富岩運河環水公園で開催しました。富岩運河に沿って中島閘門までの往復5kmのコース(私は公務の関係で、残念ながら中島閘門まで)を、アトランタ五輪の水泳で金メダルを取られた岩崎恭子さんをはじめ、約750人の参加者の皆さんとともに歩き、心地よい汗をかきました。

大会で挨拶する知事、参加者の皆さんと歩く知事

平成広徳塾塾生の会「知事特別講義」(7月22日)富山第一ホテル

 富山県の将来を担う若い世代を育成するための「平成広徳塾」の塾生の会において、「『元気とやま塾』入門 〜高志の国と世界を結ぶ〜」というタイトルで、県政の諸課題や主要施策、県政に取り組む姿勢などについての特別講義を行いました。塾生の皆さんには、「物事を実現するには誰をも超える熱意、強い決意を持つことが大事。自分はこの程度と限界をはめず、能力は開発できると思って、果敢にチャレンジし、努力してほしい。志を持つ塾生同士が互いに高め合うことが大切」と激励しました。

平成高徳塾塾生の会でパワーポイントを使って特別講義を行う知事

東亜薬品(株)からの寄附に対する感謝状贈呈式(7月23日)知事室

 東亜薬品(株)の中井社長が知事室を訪問され、郷倉千靭の屏風、正岡子規の掛軸など、貴重な美術品や文学資料を寄贈いただきました。高志の国文学館で正岡子規の掛軸を展示するなど有効に活用したいとお礼を申し述べ、感謝状を贈呈しました。

中井社長に感謝状を贈呈する知事、中井社長と懇談し、握手を交わす知事

第6回「くらしたい国、富山」推進本部会議(7月23日)高志の国文学館

 平成24年度「くらしたい国、富山」推進本部会議(本部長:石井知事)を高志の国文学館で開催し、「自遊人」の岩佐編集長から、自身の経験を踏まえた定住促進のヒントについてお聞きした後、富山県への定住・半定住について意見交換を行いました。北陸新幹線の開業により富山・東京間は2時間余りでつながることから、今後、新幹線時代の定住・半定住の具体的な促進策について検討していきたいと考えています。

推進本部会議で挨拶する知事

第35回全国豊かな海づくり大会第1回準備委員会(7月23日)県民会館

 平成27年度に、「全国豊かな海づくり大会」(通例、天皇皇后両陛下がご臨席)が本県で開催されることとなっています。北陸新幹線開業直後の開催であり、富山県の魅力を全国に発信するとともに、豊かな海づくりへの取組みが大きく前進する意義のある大会にしたいと考えています。このため、本日、準備委員会(委員長:遠藤富大学長)を立ち上げました。多くの県民や来県者の皆さんの心に残る素晴らしい大会となるよう、引き続き努力してまいります。

準備委員会で挨拶する知事と遠藤委員長

富山県並行在来線準備株式会社設立にかかる看板掛け(7月24日)県庁内

 本日、県並行在来線準備株式会社の設立登記が終わり、当面事務所となる県庁4階で、植出社長(副知事)や三鍋取締役(北陸電力(株)副社長)、利田取締役(上市町副町長)とともに、事務室前で、看板がけを行いました。

植出社長らと看板掛けを行う知事、看板を前に植出社長と握手を交わす知事

全国大会・国際大会等出場選手激励会(7月24日)県庁大ホール

 この日の夕方、世界大会や全国大会に出場する小学生、中学生、高校生の選手の皆さん方の激励会に出席しました。今年度は、56競技1,080名の選手が出場しますが、本日はその代表の94人が集まりました。
 ベストコンディションで大会に臨み、持てる力と技を存分に発揮していただくよう、激励しました。

激励会で挨拶する知事、選手の皆さんと握手して激励する知事、選手の代表者が決意表明を行う様子

大雨による高岡市被災状況等の現場視察(7月25日)高岡市山川地内

 21日の早朝より県西部を中心に降った大雨によって、高岡市などにおいて、床上や床下の浸水、土砂災害などの被害が発生しました。県では、急遽、大雨対策に関する連絡課長会議を開催し、被害状況の把握と情報共有に努めるとともに、復旧作業などに取り組んできました。本日は、のり面が崩壊した高岡市のため池などの現場を視察し、高橋市長や地元の皆さんから被害状況などについてお話を伺いました。

現場で高橋市長や地元の皆さんから被害状況などについて説明を受ける知事

新幹線戦略とやま県民会議「県西部地域会議」(第1回)(7月25日)高岡商工ビル

 魚津市での地域会議に引き続き、高岡市において、「県西部地域会議」(会長:川村人志高岡商工会議所会頭)を開催しました。周遊チケットや共通乗車券など2次交通対策、新駅を中心とした飛越能の観光ルート、エスコートガイドの育成などについて、ご意見をいただきました。

県西部地域会議で挨拶する知事

北陸三県知事と北経連役員との懇談会(7月25日)ホテル日航金沢

 北陸三県知事と北陸経済連合会(永原功会長)との懇談会が開催され、北陸新幹線と広域観光、新産業の創出などの2つのテーマで意見交換を行いました。北陸新幹線では、(1)敦賀開業時に導入が検討されているフリーゲージトレイン(軌間可変電車)はあくまで暫定措置で、フル規格による大阪までの全線整備を国に求めていくことや、(2)15年秋の大型観光キャンペーン(デスティネーションキャンペーン)の実施をJR6社へ働きかけることなどについて考えが一致しました。また、新産業の創出などでは、富山県ものづくり研究開発センターを拠点としたナノテクなどの研究開発や人材育成などの県の取組みを説明しました。

懇談会で挨拶する知事

富山県と国土地理院との協定締結式(7月26日)県庁特別室

 国土交通省国土地理院の岡本院長が来県され、国土地理院が保有する地形図や標高データ、空中写真、県が保有する県道や公共施設の新設・移転情報などの地理的情報を相互に活用することを目的とした協定を、北陸地方で初めて、国土地理院と締結しました。

協定締結式で挨拶する知事、協定書を手に岡本院長と記念撮影し、握手を交わす知事、地形図のパネルを使い、情報の相互活用について説明する知事

JA富山中央会からの24年度産米の放射性物質検査に関する要請(7月26日)知事室

 JA富山中央会の穴田会長が知事室を訪問され、富山米の安全性とブランド力の確保のため、昨年に引き続き、24年産米についても、放射性物質の検査を要請されました。私から、県産農産物の信頼やブランド力の確保のため、県独自に調査を実施したい旨、お答えしました。「てんたかく」と「コシヒカリ」について検査をすることで進めてまいります。

穴田会長と懇談する知事

富山県商工会青年部・女性部連合会結成50周年記念事業講演会(7月26日)県中小企業研修センター

 県商工会青年部連合会(林 紀孝会長)と女性部連合会(夏野麗子会長)がそれぞれ50周年を迎えられた機会にお求めがあり、私から、当面する県政の課題や主要な施策、展望などについて講演を行いました。石澤義文全国商工会連合会長にもご出席いただきました。

講演会で挨拶し、パワーポイントを使って県の主要施策などを説明する知事

入善ジャンボ西瓜ふるまい市(7月27日)入善コスモホール

 西瓜のおいしい季節になりました。本日、富山県を代表する夏の特産物の1つである「入善ジャンボ西瓜」のふるまい市が開催され、私もお招きいただきました。米澤入善町長、上田英俊県議らと包丁入れを行った後、平年より実が大きく甘い西瓜を来場の皆さんとともに美味しくいただきました。

ふるまい市で挨拶し、米澤町長らと包丁で割った西瓜を披露する知事、来場者の子どもたちとの記念撮影

富山県産「旬の夏野菜」の贈呈(7月27日)知事室

 県野菜出荷組合協議会の高慶会長、全農県本部運営委員会の谷川会長ほか関係の皆さんが知事室を訪問され、たまねぎ・にんにく・えだまめ等の「旬の夏野菜」をご贈呈いただきました。贈呈にあわせて、世界料理オリンピックに出場される桃井料理長(とやま自遊館)による野菜のムースなどのご提供があり、大変おいしくいただきました。県としては、1億円産地づくり事業など、県産野菜が数多く県内外の市場に出荷されるよう、これからも支援してまいります。

高慶会長、谷川会長らの表敬を受け、懇談する知事、旬の夏野菜を手にし、関係の皆さんとの記念撮影

大家庄マイクロ発電所の現地視察(7月27日)朝日町大家庄地内

 県土地改良事業団連合会(河合常則会長)が朝日町の大家庄において初めて設置したマイクロ発電所を視察しました。現在、県内には、21箇所の小水力発電所が稼動し、3箇所が整備中です。今後とも、急流の河川や農業用水が多いといった本県の特性を活かし、小水力発電所の建設を進めてまいります。

マイクロ発電所を視察する知事、関係の皆さんとの記念撮影

第63回富山県下消防団消防操法大会(7月28日)県広域消防防災センター

 県下消防団消防操法大会の開会式を4月に開館した広域消防防災センターで行いました。大変暑い日となりましたが、参加の34チーム、191名の団員が、多くの応援の県民の方々が見守る中で、日頃の訓練の成果を披露されました。本県の火災出火率は、21年連続で全国最小という輝かしい記録を達成していますが、引き続き、県民の安全・安心の確保にご尽力いただくようお願いしました。

消防操法大会で挨拶する知事、消防団員が整列している様子

高志の国文学館開館記念 里中満智子氏講演会(7月28日)富山国際会議場

 本日、高志の国文学館の開館記念の第2弾の講演会を開催しました。700人を超える皆さんが参加され、万葉集を題材にした作品が数多くある里中満智子さんから、「万葉集に思いを馳せて」と題してご講演いただきました。文学館の入館者も、6日の開館から9日目の15日で1万人を超え、まもなく2万人に達する見込みであり、順調な滑り出しです。今後とも、県内外の多くの皆さんにご来館いただけるよう努めてまいります。

講演会で挨拶する知事、講演する中里さん

第8回日本医師会男女共同参画フォーラム懇親会(7月28日)富山第一ホテル

 日本医師会主催の男女共同参画フォーラムが本県で開催され、その懇親会に出席しました。本県は、女性就業率が全国トップクラス、保育所待機児童もゼロであるなど、子育てしながら働きやすい環境が整っています。一方で、女性管理職の割合が低いといった課題もあり、3月策定の「富山県民男女共同参画基本計画(第3次)」をもとに、今後とも、男女共同参画の推進やワークライフバランスの実現に向け努力してまいります。

懇親会で挨拶する知事

世界遺産フォーラム2012「世界に誇る富山の文化遺産」(7月29日)砂防会館(東京)

 県では、立山砂防を中心に立山黒部地域の世界文化遺産への登録を目指した取組みを進めており、この一環として、本日、世界に誇る貴重な歴史的・文化的資産を全国に紹介する「世界遺産フォーラム2012」を東京で開催しました。
 大和 智文化庁文化財鑑査官及び青柳正規国立西洋美術館長が各々講演され、私からは、登録に向けたこれまでの県の取組みについて説明しました。その後、日本イコモス国内委員会委員長の西村幸夫氏(東京大学副学長)にコーディネーターを務めていただき、青柳館長やスイス環境庁のアンドレアス・ゲッツ次官などとパネルディスカッションを行いました。昨年の東日本大震災の発生により防災の重要性が世界的に再認識されており、今後とも、「防災遺産」である立山砂防の顕著で普遍的な価値をより深く掘り下げて立証するとともに、その魅力を世界に向けて発信するなど、世界遺産登録に向けて努めてまいります。

世界遺産フォーラムで挨拶し、パワーポイントを使って県の取組みを説明する知事、来賓、関係者の皆さんとの懇談、記念撮影

奥田国土交通副大臣などへの要請活動(7月30日)国土交通省など(東京)

 国土交通省の奥田副大臣を訪問し、去る21日に県西部で発生した豪雨被害などを踏まえ、災害に強い県土づくりに対する支援や、急流河川や農業用水を利用した小水力発電の積極的な推進を要請しました。農林水産省の町田事務次官も訪問し、同様な要請を行いました。
 また、観光庁の井出長官を訪問し、滞在型観光を推進する観光圏の取組みを支援する制度の創設などについて要請しました。

奥田副大臣、井手長官に対して要請活動を行う知事

第94回全国高等学校野球選手権大会出場校激励会(7月31日)知事室

 夏の全国高等学校野球選手権大会に県代表として出場する富山工業高等学校野球部の選手の皆さんが知事室を訪れ、激励会を行いました。
 私から、「日頃鍛えた力を大いに発揮し、存分に戦ってください。上位進出を目指して頑張ってほしい」と激励しました。選手を代表して、荒城主将から「甲子園でも精一杯のびのびしたプレーをしたい」との決意表明がありました。

選手の皆さんに挨拶し、握手しながら激励する知事

「とやま世界こども舞台芸術祭2012」役員の表敬、オープニング公演・開会式(7月31日)県庁特別室、オーバードホール

 本日、世界5大陸の20ヶ国の子どもたちが集う「とやま世界こども舞台芸術祭2012」が開幕しました。
 この芸術祭は、平成20年に続く2回目の開催で、「私たちが未来をきずく」をテーマに、海外19ヶ国18団体、県外16団体、県内45団体の総勢79団体、約2,200名の子どもたちが富山に集い、演劇や舞踏、ミュージカル、民話劇など国際色豊かで多彩なステージが繰り広げられます。昨年発生した東日本大震災の被災地から子どもたち約130名も招待しました。
 開会式において、吉田泉実行委員長の開会宣言、出演者代表の田辺和香さんの歓迎のことばの後、私から、「21世紀を担う子どもたちが、国境や言葉の違いを超えて温かい友情の絆によって結ばれ、国際的な文化交流の輪が大きく広がり、子どもたちの手によって世界平和の実現や新たな文化の創造など輝かしい未来が築かれるよう念願しています」とご挨拶しました。
 午前中には、国際アマチュア演劇連盟のメリア・ラクソビルダ会長をはじめ国際役員の皆さんが県庁を訪問されました。

開会式、パーティーで挨拶する知事、ステージ上で出演者が集う様子、出演者の皆さんとの記念撮影、ラクソビルダ会長ら国際役員の皆さんと懇談する知事

 なお、その他のものを含め、この間の仕事や出来事を一覧表にしてまとめましたので、ご覧ください。

<平成24年7月1日から7月31日までの概況一覧>
7月1日
(日)
地産地消県民交流フェア2012オープニングセレモニー
7月2日
(月)
永年勤続職員表彰
7月3日
(火)
庁 議
定例記者会見
7月4日
(水)
富山県並行在来線の準備会社設立発起人会
2012国際協同組合年富山県記念シンポジウム
中央省庁回り(東京)
7月5日
(木)
全国知事会地方税財政特別委員会(東京)
  〃  政権公約評価特別委員会の自由民主党との意見交換会(東京)
7月6日
(金)
高志の国文学館開館記念式典、テープカット
「ふるさとの空」発表会
日本産業機械工業会の優秀環境装置表彰受賞報告
平成24年度北信越地区高等学校PTA連合会研究大会教育懇談会
7月7日
(土)
富山県こどもみらい館開館20周年記念式典
7月8日
(日)
高志の国文学館開館記念講演会(五木寛之氏)
7月9日
(月)
公益財団法人オイスカ中野総裁の表敬
伏木富山港日本海側拠点港推進協議会
7月10日(火) 富山県日台友好議員連盟の台湾訪問結果の報告
富山県・岐阜県知事懇談会
7月11日(水) 米国人教育者日本派遣プログラムの表敬
タイ投資委員会アッチャカー長官の表敬
富山タイ協会設立祝賀会
7月12日(木) 東海北陸自動車道建設促進同盟会の提言活動
「とやまファン倶楽部」会員交流会
7月13日(金) 第28回富山県民生委員児童委員大会
新幹線戦略とやま県民会議「新川地域会議」(第1回)
7月14日(土) 公務なし
7月15日(日) 公務なし
7月16日(月) ロンドンオリンピック出場選手激励会
7月17日(火) 平成24年度第2回中小企業との対話
7月18日(水) 全国知事会議理事会(香川)
7月19日(木) 全国知事会議(香川)
7月20日(金) 全国知事会議(香川)
近藤文化庁長官への要請など、中央省庁回り(東京)
7月21日(土) 富山安全なまちづくりカレッジ一般講座(アカデミーコース)
7月22日(日) 第14回富山県民歩こう運動推進大会
平成広徳塾塾生の会「知事特別講義」
7月23日(月) 東亜薬品(株)からの寄附に対する感謝状贈呈式
第6回「くらしたい国、富山」推進本部会議
第35回全国豊かな海づくり大会第1回準備委員会
7月24日(火) 定例記者会見
富山県並行在来線準備株式会社設立にかかる看板掛け
全国大会・国際大会等出場選手激励会
7月25日(水) 大雨による高岡市被災状況等の現場視察
新幹線戦略とやま県民会議「県西部地域会議」(第1回)
北陸三県知事と北経連役員との懇談会
7月26日(木) 平成24年度富山県日中友好団体連合会総会
富山県と国土地理院との協定締結式
JA富山中央会からの24年度産米の放射性物質検査に関する要請
富山県商工会青年部・女性部連合会結成50周年記念事業講演会
7月27日(金) 入善ジャンボ西瓜ふるまい市
富山県産「旬の夏野菜」の知事への贈呈
第56回富山県青年議会開会式、組織議会
大家庄マイクロ発電所の現地視察
7月28日(土) 第63回富山県下消防団消防操法大会
高志の国文学館開館記念講演会(里中満智子氏)
第8回日本医師会男女共同参画フォーラム懇親会
7月29日(日) 世界遺産フォーラム2012「世界に誇る富山の文化遺産」
7月30日(月) 奥田国土交通副大臣への要請など、中央省庁回り(東京)
7月31日(火) 第94回全国高等学校野球選手権大会出場校激励会
「とやま世界こども舞台芸術祭2012」役員の知事表敬
       〃      オープニング公演・開会式
       〃      ウェルカムパーティー

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 電話:076-444-8909  [ お問い合わせフォーム