富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 知事の県政レポート【平成24年度】 > 県政レポート第111号[平成24年12月31日]

知事室へようこそWelcome to the Governor's Office

知事の県政レポート【平成24年度】

2016年10月24日

知事室 目次

県政レポート第111号[平成24年12月31日]

 こんにちは、富山県知事の石井隆一です。
 それでは、前回レポートしました11月30日以降の主な仕事や出来事について紹介します。

平成24年度在宅医療推進県民フォーラム(12月1日)タワー111

 本日は、在宅医療の普及と推進のためのフォーラムを開催し、自らの体験を絵日記にした城戸真亜子氏の特別講演や遠矢純一郎先生の基調講演の後、シンポジウムを行いました。私から、在宅医療を含めた県の医療福祉施策などについて説明し、県内外で精力的な取組みをされている専門家の皆さんと意見交換を行いました。県民の皆さんの在宅医療・在宅介護への理解が一層深まり、誰もが住み慣れた自宅や地域で安心して暮らせる幸せな富山県の実現に努めてまいります。

パワーポイントを使い説明する知事、城戸氏の講演、シンポジウムの様子

北朝鮮人権侵害問題啓発講演会(12月1日)県民会館

 北朝鮮人権侵害問題啓発週間(10日〜)に先立ち、本日、「家族会」の有本副代表ご夫妻、「救う会」の西岡会長をお迎えし、拉致問題についての講演会を開催しました。
 北朝鮮による拉致の疑いを否定できない特定失踪者が本県出身者にも5名おられます。今後とも、県議会拉致議員連盟(会長:四方県議)や「救う会富山」(濱谷会長代行)などと連携しながら、講演会やパネル展などの実施を通じて県民の皆さんに拉致問題への関心と認識を深めていただくとともに、拉致問題の早期解決を心から願っています。

後援会で挨拶する知事

新湊大橋ライトアップ点灯式(12月3日)海王丸パーク

 9月23日に開通した新湊大橋のライトアップ点灯式を行いました。
 140基のLEDライトに照らし出されて浮かび上がる新湊大橋の幻想的な美しい姿を楽しんでいただくとともに、夜の港景観のシンボルとして、地域の活性化や賑わいの創出に大きく寄与することを期待しています。
 約2年後に迫った北陸新幹線の開業を見据え、今後とも、新湊大橋周辺をはじめ、県内観光地をブラッシュアップし、何度でも訪れたくなる「選ばれ続ける観光地」となるよう取り組んでまいります。

点灯式で挨拶する知事、点灯のスイッチを押す主催者、来賓、ライトアップの様子

第61回富山県農村文化賞贈呈式(12月4日)県民会館

 「富山県農村文化賞」の贈呈式を開催しました。小島環境保全向上対策協議会(島秀樹代表)をはじめ地域の農林水産業の振興と活力ある地域づくりに貢献のあった6団体が受賞され、高澤基富山新聞社社長とともに表彰状などの授与を行いました。今後とも、皆さんに意欲と展望を持って取り組んでいただき、元気な農林水産業と魅力ある農山漁村の実現などに努めてまいります。

贈呈式で挨拶し、表彰状を授与する知事、受賞者の皆さんとの記念撮影

第1回富山県中小企業の振興と人材の育成等に関する県民会議(12月4日)県民会館

 9月に制定した中小企業振興条例を受け、県民の皆さんの幅広いご意見を施策に反映するため、中小企業の振興と人材の育成等に関する県民会議を開催しました。
 本日は、条例の内容や新しいファンドなどについて説明した後、経済や金融、教育などに関する団体の皆さん方から、新分野進出への支援や中小企業の持つ技術・技能の承継、産業現場と教育現場との連携による人材育成などを求めるご意見をいただきました。

会議で意見交換する知事、委員の皆さんが発言している様子

年末特別警戒に伴う督励等(12月5日)県庁前や桜木町周辺

 午後7時から、年末の警戒にあたる富山市内の21の民間パトロール隊や警察官、防犯ボランティアの皆さんを激励しました。県庁前で、青パト隊の出発を見送った後、永原公安委員長や新美警察本部長らとともに、城址公園入口付近で、桜木町地区安全パトロール隊と学生防犯ボランティアの皆さんを激励するとともに、コンビニエンスストアで防犯カメラの設置を確認したほか、桜木町内を巡視しました。
 安全なまちづくり条例の施行(平成17年4月)以来、県民総ぐるみの防犯活動の取組みにより、県内の犯罪発生件数も平成13年度をピークに11年連続で減少する見込みであるなど成果が出ていますが、これからも安全で安心なまちづくりに努めてまいります。

出発式で激励する知事、パトロール隊等の皆さんと市内を巡回する様子

立山町立雄山中学校などへの訪問(12月6日)立山町立雄山中学校など

 立山町の雄山中学校や高野小学校を訪問し、中1ギャップに対応する取組みや少人数指導の活動状況を視察しました。中1学級支援講師と担任が連携して行うきめ細かな指導や今年度から新たに配置した小学校・学びサポート講師による学習支援の様子などを拝見し、教育的効果を上げていると大変心強く感じました。また、高野小学校の児童と一緒に給食を楽しくいただきました。同じテーブルで会話する中で、子どもたちの学校や家庭での日常の生活や将来の夢・希望などの一端を聞くことができ、うれしく思いました。なお、舟橋立山町長や地元選出の高平県議も、お忙しい中、参加されました。

生徒、児童の活動の様子を視察する知事、高野小学校の給食で児童たちと交流する知事

富山県建設業協会からの要望(12月6日)知事応接室

 近藤駿明会長をはじめ県建設業協会の代表の方々から、将来に備えた社会資本の計画的な整備、低入札対策の強化、工事発注の平準化、除雪体制が維持できる支援制度の創設などについて要望がありました。

近藤会長から要望書を受け取り、協会の皆さんと懇談する知事

高志の国文学館開館記念展II「富山が育んだ少年時代」公開座談会(12月7日)教育文化会館

 高志の国文学館の開館記念展の第二弾「富山が育んだ少年時代」の開催に先立ち、映画『少年時代』の上映会と公開座談会を行いました。
 座談会は、映画『少年時代』の篠田正浩監督や脚本の山田太一先生、高志の国文学館の中西館長によるもので、映画に込めた思いや撮影エピソードをはじめ、富山の自然や風土、人柄などについての話をお聞きし、作品の素晴らしさなどを再認識しました。藤子不二雄A先生にもビデオ出演いただきました。

篠田監督、山田先生、中西館長による座談会の様子

高志の国文学館開館記念展II「富山が育んだ少年時代」開会式(12月8日)高志の国文学館

 翌8日、篠田監督や山田先生にもご出席いただき、開館記念展の開会式を開催しました。記念展では、小説や漫画、映画の3部構成となっており、直筆原稿や漫画の複製原画、映画の小道具等の資料などを展示しています。小説・漫画・映像といった異なった手法で表現された少年たちの物語について、それぞれの魅力を存分に味わっていただきたいと思っています。
 本展を通じて、県民の皆さんのふるさと文学への関心が一層高まり、ふるさとを愛する心の醸成に繋がることを期待しています。

開会式で挨拶し、テープカットする知事、来賓の皆さんと展示を視察する様子

富山県地球温暖化防止県民大会及び富山の気候変化と県民生活を考えるシンポジウム(12月9日)富山国際会議場

 地球温暖化防止月間(12月)にあわせて、県民大会を開催しました。県では、これまで全国初となる県内全域でのレジ袋無料配布の廃止や小水力発電の推進、森づくり税を活かした里山林の再生などの取組みを積極的に進めています。今後とも、地球温暖化対策についての理解を深め、家庭や職場における取組みを一層進めていただくようお願いしたい旨のご挨拶を申し述べました。
 この後、富山県環境部門功労表彰(中島晴美氏)、環境とやま県民会議会長表彰(石田敏彦氏など、1個人、2団体・企業)などを受賞者の皆さんにお渡ししました。

県民大会で挨拶し、受賞者に表彰状を授与する知事

北陸新幹線開業に関するJR東日本への要請(12月12日)JR東日本本社ビル(東京)

 JR東日本の冨田社長を訪問し、立山黒部を中心とした北アルプス周遊観光ルートの造成や社内販売等での県産品の活用、北陸のイメージにふさわしい列車名の選定、並行在来線などとの連携切符の検討などについて要望しました。
 また、JR6社による北陸での大型観光キャンペーン(デスティネーションキャンペーン)の開催支援も要望し、正式決定は来春ですが、手ごたえを感じました。

富山県タイ・インド経済訪問団(12月13日〜19日)

 タイ・インド経済訪問団の団長として、成長著しいタイやインドを訪問しました。タイは昨年7月に引き続き2度目、インドは初めての訪問です。
 タイ工業省やインド商工省、カルナータカ州政府など関係行政庁では、日系企業が進出する際の規制緩和や税制面の配慮などを要請しました。また、タイの観光説明会では、平成24年の本県の立山黒部アルペンルートへのタイからの観光客が約4,600人と平成15年(約200人)に比べ急増したことに感謝するとともに、台湾からの観光客数を参考として示し、さらなる送客をお願いしたところ、「立山黒部アルペンルートに近いうちに3万人を送客したい」との発言などがありました。本県の観光の魅力については十分アピールできたと考えています。
 今後とも、県内企業の販路拡大や海外進出の支援、本県の観光PRなどに努めてまいります。

 ※訪問の結果等については、このページ関連ファイルをご覧ください。

与党幹部や中央省庁などへの要請活動(12月20日)衆議院議員会館、農林水産省、国土交通省、総務省など(東京)

 16日の衆議院議員総選挙で自由民主党が圧勝し、自民・公明連立による安倍新内閣の発足が迫ってきたこと、また大型補正予算編成への動きが急であることから、タイ・インド経済訪問団の他の団員の方々とお別れし、日程を1日早め帰国しました。
 早速、全国知事会税財政常任委員長として、自民党の野田税制調査会長などや公明党の井上幹事長などの要人の方々や各省の幹部を急遽訪問し、税制改正の際の地方税財源の確保・充実、日本経済の再生や地方の活性化のための新成長戦略の策定と推進、地方の安全・防災と活性化に資する社会資本の整備のための大型補正予算の編成、国の大型補正予算の推進に必要な巨額の地方負担額の軽減に充てる新たな交付金の創設などについて要請しました。

野田税制調査会長、皆川事務次官に対して要請活動を行う知事

acoicoと知事との意見交換会(12月22日)青山学院大学アイビーホール(東京)

 富山県出身者等による首都圏在住の若者ネットワーク「acoico」の皆さんと、未婚化・晩婚化をテーマに意見交換を行いました。
 代表の石田さんの挨拶の後、私から、子育てと仕事の両立のサポートや男女の出会い機会の提供、結婚への第一歩を踏み出すためのスキルを学ぶ「マリッジ・アカデミーとやま」の開催など、県の取組みについて説明しました。
 参加の皆さんから、「同窓会が出会いの重要な場である」、「親世代が結婚の良さを子どもへ伝えることが大切」、「結婚して富山への定住を希望する男女に対し、例えば県庁の正面玄関や階段を貸し出すといった思い切った姿勢が必要」などのご意見をいただきました。

意見交換会で挨拶する知事

緊急警察署長会議(12月25日)県警大会議室

 現職警察官が県民であるご夫妻2人に対する殺人・放火の容疑で逮捕されるという県警察への信頼が根底から裏切られるような事案が発生しました。絶対にあってはならない言語道断の事案で、誠に残念・無念の極みです。
 このため、本日、緊急の警察署長会議が開催され、私から、(1)事案の全貌を徹底究明するとともに、被害者の遺族や県民に深く謝罪し、十分な説明を行うこと、(2)警察組織全体の綱紀粛正を徹底し、倫理の立て直しを早急に行う必要があることなどについて、新美県警本部長をはじめ、警察幹部の皆さんに強く求めました。
 県民の安全・安心と、県警に対する地に落ちた県民の信頼を少しでも早く取り戻すため、全力をあげ、その職責を十分果たしていただきたいと思います。

緊急警察署長会議で挨拶する知事

(社)斜面防災対策技術協会富山県支部、(社)富山県測量設計業協会からの要望(12月26日)知事応接室

 斜面防災対策技術協会県支部の村尾支部長、県測量設計業協会の楠会長など関係の皆さんが県庁を訪問され、地すべり対策事業や斜面崩壊対策事業の予算増額、地すべり防止工事士の積極的な活用、地元業者の一層の活用などについて要望をいただきました。

関係の皆さんと懇談する知事

富山県町村会からの平成25年度県政に対する要望(12月26日)知事応接室

 町村会の伊東会長(上市町長)、米澤副会長、舟橋理事、脇理事、金森監事が県庁を訪問され、町村の財政基盤の確立、並行在来線の経営安定と利便性の確保、新幹線開業に向けた情報発信など、平成25年度の県政に対する21項目の要望をいただきました。

伊東会長から要望書を受け取り、役員の皆さんと懇談する知事

新幹線戦略とやま県民会議「富山地域会議」(第2回)(12月26日)県民会館

 「富山地域会議」(会長:犬島伸一郎富山商工会議所会頭)を開催しました。
長野県からの誘客強化や充実した国際定期便の隣県への積極的なPR、日本を代表する各界文化人が一堂に会する「エンジン01文化戦略会議」の誘致などについてご意見をいただきました。
 地域会議で出たご提言やご意見については、全体会議でもご議論いただいた上で、県として自ら実施すべきもの又は市町村や民間が主体となって実施する事業であっても県として支援すべきもの等については、来年度予算において最優先で必要な予算を計上するなど、実現に向けスピード感を持って対処してまいります。

会議で挨拶する知事と犬島会長

安全なまちづくり推進本部会議(12月26日)県庁大会議室

 県安全なまちづくり推進本部会議を開催しました。冒頭の挨拶で、現職警察官が殺人・放火事件の被疑者として逮捕された事案の徹底究明と遺族への謝罪と十分な説明、警察組織全体の綱紀粛正、地に落ちた県民の信頼の回復を強く求めました。
 他方で、昨年の犯罪発生件数は、安全なまちづくり推進センター(202箇所)や学校安全パトロール隊(全小学校区)のご尽力、ご協力などもいただき、11年連続で減少の見込みで、ピーク時(平成13年)の約4割弱となりました。今後とも、日本一の安全・安心な県を目指してまいります。

会議で挨拶する知事

第2次安倍内閣の発足(12月26日)

 自民党の安倍晋三総裁が26日、衆参両院で第96代内閣総理大臣に選出され、麻生副総理兼財務大臣、菅官房長官、甘利経済再生担当大臣、新藤総務大臣などの布陣で、日本経済再生を前面に掲げた第2次安倍内閣が発足しました。
 緊要な課題が山積する中、幅広い国民の声に十分に耳を傾けながら、国民の幸せの充実に寄与するような信頼される政治をスピード感を持って進めていただくこと、また環日本海・アジア新時代の到来を見据え、日本海側にもっと光を当て、その振興を図るための政策に真剣に取り組んでいただくことなどを期待しています。

富山中部高校校舎新築工事安全祈願祭(起工式)(12月27日)富山中部高校

 富山中部高校の起工式を行いました。体育館などの既存施設を活かしながら、緑あふれる周辺環境との調和を考慮して整備するものです。中庭のある回廊型のデザインが特徴ですが、探求科学科や少人数指導など新しい教育内容に対応できる「ゼミ室」や「探求講義室」、特別講義等を行う「多目的ホール」など、教育環境の充実にも配慮しています。
 平成26年4月からの供用開始に向けて、生徒の持つ様々な可能性を引き出し伸ばすとともに、明日の日本や富山県を担う人材を育成できる高校となるよう整備を進めてまいります。

起工式で挨拶する知事、中部高校の完成模型

Uターンフェア イン とやま〜元気とやま!合同企業説明会(12月27日)とやま自遊館、富山市総合体育館

 年末に帰省する大学生等を対象とした「Uターンフェア イン とやま」を開催しました。就職セミナーでは、私から、本県の暮らしやすさや新たな飛躍に向けた「元気とやま」創りのビジョン、県内産業の特色や本県企業で働く魅力などについて説明しました。合同説明会では、約2,000人の大学生等が過去最大となる約220社の県内企業等の採用担当者と面談しました。
 県のUターン率は東京を除くと全国一といってよいようですが、今後とも、就職支援に努めてまいります。

Uターンフェアで説明する知事、面談の様子を視察する知事

新幹線戦略とやま県民会議「県西部地域会議」(第3回)(12月27日)高岡商工ビル

 「県西部地域会議」(会長:川村人志高岡商工会議所会頭)を開催しました。新幹線開業前後に計画的にイベントを開催することや、JR氷見線と城端線との直結などについてご意見をいただきました。
 来年度予算では新幹線開業効果を最大限高める事業に最優先で取り組むなど、今後とも、官民一体となって魅力ある地域づくりを進めてまいります。

会議で挨拶する知事

田尻 駐瀋陽日本国総領事の表敬(12月27日)知事室

 田尻和宏駐瀋陽総領事が知事室を訪問されました。現在、富山―北京・大連便が最近の日中関係に起因して運休となっていることから、再開に向けて側面的な支援をお願いしました。

田尻総領事の表敬を受け、懇談する知事

執務納めの式(12月28日)県庁大ホール

 午後4時から、県庁で執務納めの式を行いました。幹部職員に対し、私から、殺人・放火事件で現職の警察官が逮捕されたことについて、大変残念・無念なことで、原因の徹底究明と県民の信頼回復にしっかりと取り組んでほしいと申し上げました。
 また、「陸海空での交通インフラの整備など、新総合計画の目標に向かって着実に羽ばたく基盤ができつつあると実感している。安倍新内閣の発足に伴い大型予算の編成作業が進んでいることに、部局によっては休日返上で対応してもらっているが、引き続き、国の補正予算に盛り込んでほしい事業についての働きかけはもとより、各般の行政分野で国に積極的に政策提言をしてほしい。県民の皆さんの幸せと本県の発展のため、今後とも、職員の皆さんとともに邁進してまいりたい」とお話しました。

執務納め式で職員を前に話す知事

年末における相談窓口など従事職員への激励(12月29日)県庁内

 リーマン・ショック後の平成20年12月末以来、5年目になりますが、今年も執務納め後の29日・30日の2日間、中小企業金融相談や労働相談、心の健康相談に対応するため、職員に出勤してもらいました。
 今年は、国の補正予算の情報収集等のため、農林水産部の職員なども出勤しており、それぞれの所属を回り、職員を激励しました。

職員から相談状況の報告を受ける知事、農林水産部の職員を激励する知事

 なお、その他のものを含め、この間の仕事や出来事を一覧表にしてまとめましたので、ご覧ください。

<平成24年12月1日から12月31日までの概況一覧>
12月1日
(土)
平成24年度在宅医療推進県民フォーラム
北朝鮮人権侵害問題啓発講演会
12月2日
(日)
公務なし
12月3日
(月)
県議会本会議(一般質問、質疑、委員会付託)
新湊大橋ライトアップ点灯式
12月4日
(火)
第61回富山県農村文化賞贈呈式
第1回富山県中小企業の振興と人材の育成等に関する県民会議
12月5日
(水)
県議会予算特別委員会
年末特別警戒に伴う督励等
12月6日
(木)
学校訪問(立山町立雄山中学校、高野小学校)
富山県建設業協会からの要望
12月7日
(金)
県議会予算特別委員会
高志の国文学館開館記念展II「富山が育んだ少年時代」公開座談会
12月8日
(土)
高志の国文学館開館記念展II「富山が育んだ少年時代」開会式
富山県歯科医師会功労会員表彰式・顕彰式・祝賀会
12月9日
(日)
富山県地球温暖化防止県民大会及び富山の気候変化と県民生活を考えるシンポジウム
12月10日(月) 県外出張(東京)
北陸銀行「100社会」講演会懇親会
12月11日(火) 民主党からの平成25年度予算要望
県議会本会議(委員長報告、討論、採決)
社民党からの平成25年度予算要望
12月12日(水) 北陸新幹線開業に関するJR東日本への要請
12月13日(木) 海外出張(富山県タイ・インド経済訪問団)
12月14日(金)   〃
12月15日(土)   〃
12月16日(日)   〃
12月17日(月)   〃
12月18日(火)   〃
12月19日(水)   〃
12月20日(木) 与党幹部や中央省庁などへの要請活動(東京)
知事への海外訪問結果にかかる帰国インタビュー
12月21日(金) 庁内執務
12月22日(土) acoicoと知事との意見交換会(東京)
12月23日(日) 天皇誕生日宴会の儀(東京)
12月24日(月) 全国知事会打合せ(東京)
12月25日(火) 緊急警察署長会議
12月26日(水) (社)斜面防災対策技術協会富山県支部、(社)富山県測量設計業協会からの要望
富山県町村会からの平成25年度県政に対する要望
新幹線戦略とやま県民会議「富山地域会議」(第2回)
安全なまちづくり推進本部会議
第2次安倍内閣発足
12月27日(木) 富山中部高校校舎新築工事安全祈願祭(起工式)
Uターンフェア イン とやま 〜元気とやま!合同企業説明会
新幹線戦略とやま県民会議「県西部地域会議」(第3回)
田尻 駐瀋陽日本国総領事の表敬
12月28日(金) 定例記者会見
執務納めの式
12月29日(土) 年末における相談窓口等従事職員への激励
12月30日(日) 公務なし
12月31日(月) 公務なし

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 電話:076-444-8909  [ お問い合わせフォーム