富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 知事の県政レポート【平成24年度】 > 県政レポート第112号[平成25年1月31日]

知事室へようこそWelcome to the Governor's Office

知事の県政レポート【平成24年度】

2016年10月24日

知事室 目次

県政レポート第112号[平成25年1月31日]

 こんにちは、富山県知事の石井隆一です。
それでは、平成25年最初の県政レポートとなる1月の主な仕事や出来事について紹介します。

執務始めの式、優良職員表彰(1月4日)県庁大ホール

 執務始めの式を行いました。職員への挨拶では、年末年始も業務にあたった職員の労をねぎらうとともに、「新幹線をはじめ、陸・海・空の交通基盤が整備されつつあり、これを最大限に活かす施策の実現に努力する。県民の皆さんと連携しながら、ともに飛躍する年にしたい」と新年にあたっての決意の一端を申し述べました。引き続き、「優良職員表彰式」に臨み、1名3グループに表彰状を渡しました。
 その後、県議会大会議室で地元選出の国会議員や県議会議員の皆さんなどとの新年の初顔合わせがあり、午後には、年頭の記者会見を行いました。

執務始めの式で訓辞し、優良職員表彰を行う知事、県議会で挨拶する知事、年頭の記者会見を行う知事

県内経済4団体合同新春互礼会(1月4日)ANAクラウンプラザホテル富山

 県経営者協会、県商工会議所連合会、県商工会連合会、県中小企業団体中央会の経済4団体合同の新年互礼会に出席しました。
 ご参加の約400人の皆さんに対して、私から、「陸・海・空の交通インフラも大きく進展した。特に、あと2年余に迫った北陸新幹線の開業は本県が大きく発展する絶好の機会であり、今年は、官民あげて新たな挑戦を行い、富山県を元気にする年にしたい」とご挨拶を申し述べました。

新春互礼会で挨拶する知事

富山市消防出初式(1月6日)富山市役所周辺

 富山市の消防関係者約1,500名が参加された富山市消防出初式に出席しました。城址大通りでの堂々たる分列行進、市役所光の広場でのはしご登りや裸放水、松川べりでの車両42台による一斉放水を観覧しました。その後、県民会館ホールで式典が行われ、「地域防災のリーダーとして、『日本一の安全・安心な県』の実現にご尽力いただきたい」と祝辞を申し述べました。

分列行進、車両による一斉放水の様子、式典で挨拶する知事

台湾訪問(1月7日〜9日)

 1月7日午後4時頃、夏季ダイヤ決定を前に、台湾のチャイナエアラインを訪問し、立山黒部アルペンルートの全線開通を従来より1日前倒しして4月16日からとしたこともあり、昨春、週2便でスタートした富山−台北便を4月15日から4便化していただくよう強く要請しました。孫総経理(社長)は、当初5月からの増便を検討されていたようでしたが、幸い、本県の誠意を受けとめて、4月15日からの4便化をご決断いただきました。なお、冬場の魅力もアピールしながら、冬季ダイヤにおいても極力4便を維持するよう努力してまいります。
 翌8日の朝、台湾全店(2,854店舗)で本県の観光キャンペーンを行っていただく台湾ファミリーマート本社の潘 進丁(はんしんてい)董事長を訪問し、感謝の意を表明しました。また、午前11時半から、台北ビジネスサポートデスクを、台湾経済部の呂工業局副部長や経済団体の幹部多数の方々にご臨席いただき、開所するとともに、引き続き、観光・交流意見交換会も開催しました。
 今後とも、立山黒部アルペンルートにとどまらず、ぶりやカニなどの味覚、チューリップなど多彩な富山の魅力をアピールするとともに、観光やビジネス、文化など様々な分野で台湾との交流がさらに活発化するよう期待し働きかけてまいります。

(訪問の結果等については、このページの左側の関連資料をご覧ください。)

水産関係団体からの平成25年度予算に対する要望(1月9日)知事応接室

 県漁業協同組合連合会の魚崎会長ほか水産関係団体の皆さんが県庁を訪問され、平成25年度予算の編成にあたり、安定した漁業経営のための予算確保をはじめ、つくり育てる漁業や魚のブランド化などの推進、全国豊かな海づくり大会に向けての着実な準備などについて要望がありました。

魚崎会長から要望書を受け取り、水産関係団体の皆さんと懇談する知事

JFグループ新春交歓会(1月9日)県民会館

 引き続き、お昼に、水産6団体の新春交歓会にお招きを受け、出席しました。
 私から、元気とやま農林水産奨励賞(水産部門)を受賞された松本隆司さんに賞状などをお渡しするとともに、「2年後の北陸新幹線開業や2年半後の全国豊かな海づくり大会を控え、新鮮でキトキトの『富山のさかな』の一層のブランド化を図り、本県の観光振興や地域活性化につなげたい。今月16日の東京での『とやまのさかなキトキトフェア』などで大いにアピールしてまいります」とご挨拶を申し述べました。

JFグループの新春交歓会で松本さんに賞状を授与し、挨拶する知事

富山県議会山村振興議員連盟からの平成25年度予算に対する要望(1月9日)知事応接室

 県議会山村振興議員連盟の高平会長、稗苗副会長、宮本事務局長が県庁を訪問され、平成25年度予算に関する20項目の要望をいただきました。私からは、防災等につながる山林整備等の予算確保やグリーン・ツーリズムの推進などに取り組むとともに、全国植樹祭の本県開催を国へ強く働きかけることなどについてお話しました。

高平会長から要望書を受け取り、連盟の皆さんと懇談する知事

富山県議会スポーツ振興議員連盟からの平成25年度予算に対する要望(1月9日)知事応接室

 県議会スポーツ振興議員連盟の梶会長、山上副会長、横山理事長が県庁を訪問され、スポーツ環境の整備や指導者の養成など平成25年度予算に関する9項目の要望をいただきました。

梶会長から要望書を受け取り、連盟の皆さんと懇談する知事

富山県PTA連合会からの要望(1月9日)知事応接室

 県PTA連合会の大沼会長ほか役員の皆さんが県庁を訪問されました。25年度予算編成にあたっての要望書を提出され、少人数指導や少人数学級の維持・拡充、子どもたちの可能性を伸ばす教育の充実、いじめや不登校等への対策などについて要望がありました。

大沼会長から要望書を受け取り、連合会の皆さんと懇談する知事

とやま観光未来創造塾交流会(1月9日)県民会館

 本日は、とやま観光未来創造塾の特別講演((株)びゅうトラベルサービス高橋社長)が行われ、その後の交流会に出席しました。
 北陸新幹線の開業を2年後に控え、おもてなしや魅力ある観光地域づくりが大変重要です。昨年度から「とやま観光未来創造塾」を開講し、これまで延べ163名が修了されました。本県の輝く未来に向けて、この塾で培われた有形無形の多くの貴重な財産を糧に、観光や地域づくりのリーダーとして活躍されるよう期待しています。

交流会で挨拶し、塾生の皆さんと懇談する知事

2013年スペシャルオリンピックス冬季世界大会・ピョンチャン日本代表選手の表敬(1月10日)知事室

 1月29日から韓国・ピョンチャンで開催される「スペシャルオリンピックス冬季世界大会」のアルペンスキー競技に出場される林知佳選手と毛利優樹選手、その随員の皆さんが知事室を訪問されました。この大会は、知的障害者のオリンピックと言われるもので、私から、「皆さんの活躍は障害のある方々に勇気と希望を与えるものであり、日頃の練習成果を十分発揮され、大いに活躍されることを期待しています」と激励しました。

林選手、毛利選手らの表敬を受け、懇談する知事

農協4連からの平成25年度予算等に関する要請(1月10日)知事応接室

 県農業協同組合中央会(穴田会長)などJAグループ4団体の皆さんが県庁を訪問され、米の生産数量目標など農業政策に対する国への働きかけや6次産業化の推進、農業研修機能の充実など11項目の要望がありました。私からは、「国に対し、地方の実情を反映し、意欲ある農業者が農業に安心してしっかり取り組める政策が展開されるよう働きかけたい。研修体制の強化を含めて担い手の育成確保や米などのブランド化を進めたい」とお話しました。

穴田中央会会長から要望書を受け取り、JAグループの皆さんと懇談する知事

富山県高等学校PTA連合会からの要望(1月10日)知事応接室

 県高等学校PTA連合会の毛利会長ほか関係の皆さんが県庁を訪問され、県立学校教育の振興充実、不登校やいじめへの対応、耐震化の推進などについて要望がありました。

毛利会長から要望書を受け取り、連合会の皆さんと懇談する知事

県警年頭視閲式(1月11日)総合運動公園屋内グラウンド

 県警の年頭視閲式が開催されました。機動隊などの部隊行進の後、私から、「県内の刑法犯認知件数は11年連続で減少し、交通事故死者数もピーク時の4分の1(戦後最小)となった。引き続き『日本一の安全な県づくり』のため、ご尽力いただきたい」とご挨拶を申し述べました。また、昨年末に検挙された警察官による殺人・放火事案を深く反省し、原因の徹底究明を行い、再発防止策を講じるとともに、地に落ちた県民の信頼を回復するよう強く求めました。
 午後からは、警察署長会議が開催され、挨拶と激励を申し上げました。

県警の年頭視閲式で挨拶する知事

富山経済同友会新年幹事会(1月11日)富山電気ビル

 富山経済同友会(中尾哲雄代表幹事、高木繁雄代表幹事)の新年幹事会にお招きいただき、ご挨拶を申し述べました。

富山経済同友会の新年幹事会で挨拶する知事

映画「剱岳点の記」木村大作監督トーク&上映会(1月12日)教育文化会館

 本日、高志の国文学館の開館記念展の関連事業として、映画「剱岳点の記」の上映会と木村大作監督のトークを開催しました。
 この映画は、観客動員数200万人を超え、第33回日本アカデミー賞で「監督賞」をはじめ6冠に輝いた名作です。今回の上映会で、立山の美しさや雄大さ、厳しさに加え、苦難を乗り越え果敢に挑戦する越中人の魂、日本人の心をあらためて感じていただきたいと思います。
 木村監督のトークでは、立山連峰の山小屋を舞台にした新作映画『春を背負って』の制作にあたり、その設定を大汝山に変えたことなど、新作映画の概要やその意気込みなどについての話をお聞きしました。「剱岳点の記」に劣らぬ、素晴らしい作品となるものと期待しています。

剱岳点の記の上映会で挨拶する知事と木村監督

自民党野田税制調査会長への要請活動(1月15日)自民党本部(東京)

 東京は昨日の爆弾低気圧による大雪の影響で交通が混乱していましたが、来年度の税制改正や地方財政対策の議論が大詰めを迎える中、全国知事会地方税財政常任委員長として、自民党の野田毅税制調査会長などを訪問しました。
実質的に昨年度を下回らない一般財源総額の確保をはじめ、代替税財源の確保なくして自動車取得税を廃止するべきでないこと、地球温暖化対策のための地方税財源を確保すべきことなどについて要望しました。
また、地方公務員の給与削減を求める国の動きに対して、地方は国を大幅に上回る給与カットや人員削減(本県の場合、一般行政職は9年間で19.7%減)を行っていることを正当に評価すべきであり、まして地方の共通財源である地方交付税総額をさらなる給与削減を求める手段として削減することは適当でないことなどについて、あらためて説明しました。

野田税制調査会長に対して要請活動を行う知事

新春高岡経済懇談会(1月15日)高岡商工ビル

 夕方には、富山に帰り、新春高岡経済懇談会(代表:川村高岡商工会議所会頭)に出席しました。経済・雇用対策への取組み状況をご説明するとともに、「地方の県であるが、日本再生の一翼・一端を担うべく、官民あげてあらたな挑戦をし、富山を元気にする年にしたい」などとお話しました。この日の最終便で再度上京しました。

新春高岡経済懇談会で挨拶する知事

歌会始めの儀(1月16日)皇居(東京)

 天皇、皇后両陛下や皇族の方々、入選者の皆さんの歌が詠み上げられる「歌会始の儀」が皇居で開催され、知事会を代表し、妻とともに出席しました。
 今回のお題は『立』で、秋篠宮殿下が「立山にて姿を見たる雷鳥の穏やかな様に心和めり」と詠まれました。これは、殿下が平成3年の日本自然保護会議で来県の折り、室堂平で雷鳥の人を怖がらない様子を歌にされたものです。県のシンボルといえる立山と雷鳥を詠んでいただき、大変感動しました。
 また、本県の2人の方(細川喜久恵さん、山口桂子さん)が佳作に選ばれ、うれしく思いました。

日本海沿岸地帯振興連盟による要望(1月16日)国土交通省など(東京)

 午後は、日本海沿岸地帯振興連盟の世話人代表として、鳥取県の平井知事とともに、太田国土交通大臣をはじめ、自民党の高村副総裁や石破幹事長、細田幹事長代行などを訪問し、太平洋側のリダンダンシーの確保や災害に強い多軸型の国土づくりなどの観点から、道路・空港などの社会資本整備等による「日本海国土軸」の形成を進めるよう要請しました。
 あわせて、太田国土交通大臣に対して、北陸新幹線の整備促進、金沢・敦賀間の早期開業、大阪までの早期の延伸や並行在来線の経営安定対策、東海北陸自動車道の早期の4車線化、大沢野富山南道路の新規採択、日本海側の総合的拠点港である伏木富山港の整備促進など県政の課題についても要望しました。
 なお、自民党幹部の方々に対してはこの10年近く、本県をはじめ多くの地方団体は国を上回る行革努力をしており、国の2年限定の給与削減を理由に地方交付税総額を削減することは筋が違うといわざるを得ないこと等をお話しました。

太田国土交通大臣、石破幹事長、高村副総裁、日沿議連の河村会長に対して要請活動を行う知事

富山のさかな キトキトフェア(1月16日)ザ・キャピトルホテル東急(東京)

 「富山のさかなキトキトフェア」を開催しました。
 昨年同様、今朝獲れ刺身や漁連女性部の皆さんによる浜料理、富山湾直送の魚を使ったホテル料理、富山湾の旬のネタを使った「富山湾鮨」を、メディアや旅行業界、流通関係の皆さん方に楽しんでいただきました。
 今後とも、全国に「富山のさかな」を発信し、富山の食材や料理のファンを増やすとともに、北陸新幹線の開業や豊かな海づくり大会を控え、本県への観光客誘客につなげていきたいと考えています。

開会の挨拶をする知事、大勢の人で賑わうキトキトフェアの様子

第4回地方法人課税あり方検討会(1月17日)総務省(東京)

 総務省の地方財政審議会に設置された「地方法人課税のあり方等に関する検討会」が開催され、私も全国知事会の代表として出席しました。
 佐藤主光一橋大学教授や井手英策慶應義塾大学教授などから意見発表があり、私から、(1)先進国に比べて比較的低い付加価値税を上げていく方向はよいが、法人も一定の税負担を行うべきこと、(2)地方消費税が将来上がるときに、その地方共同税化を検討すべきことなどについてお話しました。

地方法人課税あり方検討会の様子

全国知事会第4回地方税財政制度研究会(1月17日)都道府県会館(東京)

 午後から、全国知事会地方税財政常任委員会の「地方税財政制度研究会」(座長:植田和弘京都大学大学院教授)を開催しました。
 本日は、慶應義塾大学教授の井手委員などから、税源偏在是正方策について貴重なご意見をいただきました。

地方税財政制度研究会の様子

新藤総務大臣への要請活動(1月17日)総務省(東京)

 地方税財政制度研究会を終え、新藤総務大臣を訪問し、(1)地方は国を上回る行革を行っており、地方公務員給与のさらなる削減を求めるために地方交付税総額を削減するのは筋が違うこと、(2)自動車取得税は、道路整備などのための貴重な財源であり、具体的な代替財源の提示もないままでの廃止は適当でなく、堅持すべきことなどについて要請しました。

新藤総務大臣に対して要請活動を行う知事

富山県教育フォーラム(1月19日)富山国際会議場

 富山県教育フォーラムを開催し、「とやま科学オリンピック」において、大変優秀な成績を収められた生徒の皆さん(金賞や銀賞、銅賞の代表者など38名)に賞状をお渡しするとともに、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の阪本成一先生からご講演いただきました。子どもたちが、明日の富山県を担い、日本や世界の舞台で活躍できるよう、「とやま科学オリンピック」をはじめ、本県ならではの教育、幅広い人づくりを進めてまいります。

教育フォーラムで挨拶し、優秀な成績の生徒に賞状を授与する知事、講演する阪本先生

越中料理と地酒を楽しむ会(1月19日)うみあかり(氷見市)

 今年で6回目となる「越中料理と地酒を楽しむ会」に出席しました。この日は、約180人(うち首都圏や中京圏などからは約80人)の方々にご参加いただき、県産食材をふんだんに使用した冬の越中料理のフルコースと県内16の蔵元から出された地酒など、「富山ならでは」の冬の味覚を心ゆくまで堪能いただきました。
 これに先立ち、新酒の仕込みが最盛期を迎えている高岡市の清都酒造場を訪問し、仕込み蔵などを拝見しました。ここ高岡では、今年10月に、「日本酒で乾杯推進会議」の全国大会が開催される予定であり、富山の地酒の魅力をしっかりと発信してまいります。

越中料理と地酒を楽しむ会で挨拶する知事

宇奈月温泉旅館協同組合・かたかご会の新年挨拶(1月22日)知事応接室

 宇奈月温泉旅館協同組合(中島理事長)と旅館の女将さんでつくる「かたかご会」(濱田会長)の皆さんが県庁を訪問され、懇談しました。
 私からは、「今年は置県130年をはじめ、宇奈月温泉開湯90周年など節目の年。また新幹線開業まで残り2年である。何人もの女将さんにご参加いただいた「とやま観光未来創造塾」の研修成果や卒塾後のネットワークなどを活用し、宇奈月温泉活性化の取組みをさらに進めてほしい。県としても精一杯重点的にPRし、サポートしたい」などとお話しました。

宇奈月温泉旅館協同組合、かたかご会の皆さんと懇談する知事

平成24年度第2回富山県並行在来線対策協議会(1月23日)県民会館

 県並行在来線対策協議会を開催しました。
 JRとの粘り強い折衝により大幅な減額となった初期投資額などを踏まえ、本日、三セク会社への増資や経営安定基金(仮称)の設置など、経営支援の枠組みを決定しました。また、基本的な運行計画や運賃水準、パークアンドライドや交通ICカードの導入等の利用促進策などについて協議し、これに基づいた経営計画概要(最終)案についてご了承いただきました。なお、運賃水準については、現在のJRの運賃水準と比較して、概ね1.15倍〜1.19倍程度以内となるよう、引き続き精査し努力することとしました。

県並行在来線対策協議会で挨拶する知事

全国知事会儀(1月23日)都道府県会館(東京)

 平成25年度地方財政対策の決定を前に、新藤総務大臣にもご出席いただき、全国知事会議が開催されました。
 私から、地方税財政常任委員長として、平成25年度地方財政対策・税制改正などに関する取組みについて報告したほか、冒頭に出席された新藤総務大臣に対して、(1)地方全体として国を上回る行革を行っていること、(2)仮に給与削減を行う場合であっても、給与削減額に相当する地方交付税等の総額は減らすべきではなく、その分地方の防災・減災対策や地域活性化の財源に充当できるようにすべきこと、(3)自動車取得税を仮に廃止する場合には、地方税や譲与税などの代替財源を確保してほしいことなどについて要請しました。
 会議終了後、山田会長(京都府知事)、地方分権推進特別委員長の古川佐賀県知事とともに、記者会見に臨みました。

全国知事会議で発言する知事

沼田林野庁長官への要請活動など(1月23日)農林水産省(東京)

 国では、平成24年度補正予算に、地域材の利用促進対策として、森林整備加速化・林業再生基金等が計上されました。
 このため、沼田林野庁長官などを訪問し、この基金を活用した木質バイオマス発電や木造公共施設の整備などに関する予算確保について要請しました。

沼田林野庁長官、皆川農林水産事務次官に対して要請活動を行う知事

富山県土地改良事業団体連合会による農業農村整備事業に関する要請(1月24日)知事応接室

 県土地改良事業団体連合会の河合常則会長はじめ役員の方々が県庁を訪問され、土地改良事業の予算化に関する要望をいただきました。
 前政権では土地改良予算は4割位にまで減額されましたが、富山県は国の繰越し予算、補正予算などを精一杯活用し、県土地改良予算は実質的にほとんど減っていないことをまず申し上げました。また、昨年末の安倍政権の登場で、国の農業農村整備対策予算は大型補正を含め大幅に拡充される見込みであり、この機会を最大限活用し、農業農村整備事業の推進を図ってまいりたいとお話しました。

河合会長ほか役員の皆さんと懇談する知事

文化ホール支援団体からの要望(1月24日)知事室

 高岡文化ホール連携協議会の多田愼一氏、県民会館文化友の会の梅田ひろ美氏、新川文化ホール振興協議会の若林忠嗣氏が知事室を訪問されました。
 新しい文化振興計画に基づき、県民の文化に親しむ機会の拡充のための人材育成やボランティア養成などに加え、北陸新幹線開通後の「県の顔」として、耐震化に併せて県民会館を早急に改修することなどについて要請がありました。

多田氏、梅田氏、若林氏から要望書を受け取り、懇談する知事

富山県東部消防組合設置許可書交付式(1月25日)県庁特別室

 消防の広域化組織である「県東部消防組合」(魚津市、滑川市、上市町、舟橋村)の設置許可書を、澤崎市長や上田市長、伊東町長、金森村長にそれぞれ交付しました。
 全国的に広域化が進まない中での県内2つ目の事例であり、一部事務組合設立による非常備町村の解消は全国初の取組みです。日々の予防・消防活動をはじめ大規模災害の発生時に様々な活動を行う消防の役割は、ますます重要となっており、広域化後の運営が円滑に進むよう、消防庁舎の整備に対する財政支援など、引き続き積極的に支援してまいります。

澤崎市長らに設置許可書を交付し、挨拶する知事

第2回新元気とやまスポーツ懇話会(1月25日)県民会館

 北陸新幹線の開業に向けて、全国から人を呼び込み、県民に活力等をもたらす新たなスポーツ振興策を議論する「新元気とやまスポーツ懇話会」の2回目の会合を開催しました。
 本日は、本県のスポーツ振興の方向性や県民参加型スポーツイベントなどについて様々なご意見をいただき、特に、県民参加型のイベントについてはフルマラソン大会の開催がふさわしいとのご意見が多く出され、その方向で取りまとめることになりました。

新元気とやまスポーツ懇話会で挨拶する知事と永原会長

北陸新幹線開業2年前イベント「新幹線とこれからのとやま」(1月27日)富山国際会議場

 北陸新幹線の開業まで約2年となり、本日、「新幹線とこれからのとやま」と題する開業2年前イベントを富山市で開催しました。
 私から、ご挨拶した後、開業キャッチフレーズ「きてきて富山 きときと富山」を考案された中島美紅さん(富山大附属小5年)に賞状をお渡しました。
 この後、日本総合研究所の藻谷浩介氏の基調講演や柴田理恵さんのトークショー、元気とやまマスコットの「きときと君」など県内自治体のゆるキャラ13体による特産品PRなどを行い、開業への意識を高めてもらいました。
 今後、高岡市や黒部市でも2年前イベントを行う予定ですが、富山県がさらに元気になり、県民一人ひとりが真に幸せを実感できるよう、官民が一体となって魅力ある地域づくりに努めてまいります。

富山国際会議場で挨拶する知事、基調講演する藻谷氏、ゆるキャラによるステージ演出の様子

カターレ富山キックオフパーティー(1月27日)富山第一ホテル

 カターレ富山の「キックオフパーティー2013」が開催されました。
 昨年のカターレは、JFLへの降格の危機に直面するなど大変厳しいシーズンでした。私から、「今季はリーグ中位以上を目指していると伺っていますが、安間監督のもと、全員一丸となって、着実に上位を目指していただきたい」とエールを送りました。

パーティーで挨拶する知事

新幹線戦略とやま県民会議「第4回新川地域会議」(1月28日)ホテルアクア黒部

 「新川地域会議」(会長:吉田忠裕黒部商工会議所顧問)を開催しました。
 地域会議に設けられた「体験型観光検討会」や「観光ルート・二次交通研究検討会」など5つの検討会から、検討状況の報告などいただきました。
 アドベンチャー的なラフティングなどでの体験型観光の取組みや、立山黒部アルペンルートへ結びつける二次交通づくりなどのご意見をいただきました。

新川地域会議で挨拶する知事

富山県女性議員連絡会「知事と語る新春の集い」(1月29日)県民会館

 県女性議員連絡会(代表:長崎智子朝日町議)からお招きをいただき、「知事と語る会」に出席しました。
 会には、16名の女性議員の皆さんが参加され、女性消防士の育成や国民健康保険制度の広域化、観光ホームページの見直しなど幅広い行政課題について意見交換を行いました。

女性議員連絡会で挨拶し、意見交換する知事、会員の皆さんとの記念撮影

日本ATM社の表敬(1月29日)知事室

 日本ATM(株)の中野社長がATMの監視や運営業務を行う「オペレーションセンター」を富山市に設置するとのご報告のため知事室を訪問されました。
 日本海側では初めての拠点になるとのことですが、自然災害が少ないことや約2年後の北陸新幹線の開業をはじめ三大都市圏との交通アクセスの良さなどが評価されたものとお聞きしています。
 地元の雇用や地域経済の活性化に大いに貢献していただけるものと期待しています。

中野社長の表敬を受け、懇談する知事

政府予算案に対する記者会見(1月29日)県庁特別室

 平成25年度政府予算案の閣議決定に伴い、本県に関係する予算の措置状況などについて記者会見を行いました。
 地方財政対策では、昨年と同水準となる地方一般財源総額は確保されましたが、地方のこれまでの行財政改革の努力を適切に評価することなく、国に準じた地方公務員給与の削減を強制するような地方交付税総額の削減は極めて残念であると申し上げました。その他、道路事業や伏木富山港、農業農村整備事業などの公共事業についても所要の予算が確保されたことなどについて報告しました。
 また、平成25年度からの地方財政措置として、かねてより国に強く要請していた新幹線開業に伴いJRから経営分離される並行在来線の初期投資に対する支援が新たに制度化されたことや、本県の場合、約43億円の地方交付税措置が見込まれ、財政負担が軽減される見込みであることを併せて説明しました。

記者会見で本県関係の政府予算案の措置状況などを説明する知事

平成25年度予算査定ヒアリング(1月30日)知事応接室

 本日から、平成25年度当初予算のヒアリングを始めました。
 ヒアリングに臨むに当たり、共同インタビューに応じ、「2年後に迫った北陸新幹線の開業を最大限に活かす施策を柱の1つとして位置づけて取り組んでいくとともに、国の大型補正予算なども活用しながら、14ヶ月予算という考え方で、県の産業経済の活性化や医療・福祉、教育・文化、雇用の確保などにしっかりと取り組みたい」と申し上げました。

平成25年度当初予算のヒアリングを行う知事

 なお、その他のものを含め、この間の仕事や出来事を一覧表にしてまとめましたので、ご覧ください。

<平成25年1月1日から1月31日までの概況一覧>
1月1日
(火)
公務なし
1月2日
(水)
公務なし
1月3日
(木)
公務なし
1月4日
(金)
執務始めの式、優良職員表彰
庁議
新春を寿ぐ初会合
定例記者会見
県内経済4団体合同新春互礼会
1月5日
(土)
庁内執務
1月6日
(日)
富山市消防出初式
1月7日
(月)
庁内執務、海外出張(台湾訪問)
1月8日
(火)
海外出張(台湾訪問)
1月9日
(水)
水産関係団体からの平成25年度予算に対する要望
平成25年JFグループ新春交歓会
台湾訪問結果にかかる帰国インタビュー
共産党からの平成25年度予算に対する要望
富山県議会山村振興議員連盟からの平成25年度予算に対する要望
富山県議会スポーツ振興議員連盟からの平成25年度予算に対する要望
富山県PTA連合会からの要望
1月10日(木) 2013年スペシャルオリンピックス冬季世界大会・ピョンチャン日本代表選手の表敬
農協4連からの平成25年度予算等に関する要請
富山県高等学校PTA連合会からの要望
1月11日
(金)
県警年頭視閲式
富山経済同友会新年幹事会
公明党からの平成25年度予算に対する要望
1月12日
(土)
映画「剱岳点の記」木村大作監督トーク&上映会
(公社)富山青年会議所新年祝賀会
1月13日
(日)
公務なし
1月14日
(月)
庁内執務
1月15日
(火)
自民党野田税制調査会長への要請活動など中央省庁回り(東京)
新春高岡経済懇談会
1月16日
(水)
歌会始の儀(東京)
日本海沿岸地帯振興連盟による要望(東京)
富山のさかな キトキトフェア(東京)
農林水産省富山県人会(東京)
1月17日
(木)
第4回地方法人課税あり方検討会(東京)
全国知事会第4回地方税財政制度研究会(東京)
新藤総務大臣への要請活動(東京)
文部科学省富山県人会(東京)
1月18日
(金)
県外出張(東京)
2013年「建築富山」新年交流会
1月19日
(土)
富山県教育フォーラム
清都酒造場の視察
越中料理と地酒を楽しむ会(氷見市)
1月20日
(日)
庁内執務
1月21日
(月)
労働福祉事業団体との新春懇談会
1月22日
(火)
宇奈月温泉旅館共同組合・かたかご会の新年挨拶
定例記者会見
2013北日本文化人新年懇親会
1月23日
(水)
平成24年度第2回富山県並行在来線対策協議会
全国知事会理事会・正副会長会議合同会議(東京)
全国知事会議(東京)
沼田林野庁長官への要請活動など、中央省庁回り
1月24日
(木)
富山県土地改良事業団体連合会による農業農村整備事業に関する要請
文化ホール支援団体からの要望
1月25日
(金)
富山県東部消防組合 設置許可書交付式
第2回新元気とやまスポーツ懇話会
1月26日
(土)
庁内執務
1月27日
(日)
北陸新幹線開業2年前イベント「新幹線とこれからのとやま」(富山会場)
カターレ富山キックオフパーティー
1月28日
(月)
新幹線戦略とやま県民会議「第4回新川地域会議」
1月29日
(火)
富山県女性議員連絡会「知事と語る新春の集い」
日本ATM社の表敬
政府予算案に対する記者会見
1月30日
(水)
平成25年度予算知事査定ヒアリング
1月31日
(木)
庁内執務

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 電話:076-444-8909  [ お問い合わせフォーム