富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 知事談話[平成25年度] > 東日本大震災から3周年を迎えて[平成26年3月11日(火)]

知事室へようこそWelcome to the Governor's Office

知事談話[平成25年度]

2014年6月10日

知事室 目次

関連ファイル

東日本大震災から3周年を迎えて[平成26年3月11日(火)]

 わが国に甚大な被害をもたらした東日本大震災の発災から、本日でちょうど3周年を迎えました。
 ここに、改めて、犠牲となられた方々とそのご遺族の皆様に対し、哀悼の意を表しますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。

 被災地では、被災住宅の高台移転や道路、鉄道などの交通ネットワークなど公共インフラの本格復旧が着実に推進されているものの、今なお、全国では約26万7千人、富山県内では約280人の方々が避難生活を余儀なくされております。
 引き続き、被災地の本格復興に向け、被災地や被災者の皆さんの心に寄り添って、幅広い県民の皆様のご尽力、ご協力をいただきながら、被災地の自治体への応援職員の派遣など、できる限りの支援を行ってまいりたいと考えております。
 富山県としては、東日本大震災や福島第一原発事故の教訓を踏まえて、地震・津波対策や原子力防災対策の拡充強化に努めており、県立学校など公共施設の耐震化や、新たに県民一斉の地震防災訓練である「シェイクアウトとやま」の実施、緊急被ばく医療体制の整備、県避難計画要綱の策定など、県民の安全・安心の確保に取組んでまいります。

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 電話:076-444-8909  [ お問い合わせフォーム