富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 知事談話[平成25年度] > 射水市とコストコの土地売買契約締結に係る知事コメント[平成25年12月20日(金)]

知事室へようこそWelcome to the Governor's Office

知事談話[平成25年度]

2014年6月10日

知事室 目次

射水市とコストコの土地売買契約締結に係る知事コメント[平成25年12月20日(金)]

 コストコは会員制で、品目についても、一般的なスーパーで約10,000品目、大型ショッピングセンターで約30,000品目であるのに対し、食料品や日用雑貨など約4,000品目と絞り込み、低価格で大容量の商品をまとめ売りする業態で、他の事例では法人への販売が約6割と聞いている。
 したがって、県内商業者等への影響を懸念する声も一部にある反面、コストコの商圏はアウトレットほどではないものの、かなり広域で、県内外からも集客できることから、運営方法等によっては地域おこしにつながるとの指摘もある。

 県としては、昨日の土地売買契約調印の場に県職員を立ち会わせ、
1 県内商店街等への影響を懸念する声も一部にあることを踏まえ、地元に配慮したうえでの運営をしていただきたいこと
2 また、新幹線開業を契機に、首都圏等から多くの観光客やビジネス客の来県が見込まれることなどを踏まえ、可能な限り地場産品を取り入れて販売していただきたいこと、商店街や観光スポット等との連携協力など地域の活性化に配慮し、貢献していただきたいこと等
 を、コストコホールセールジャパン(株)の日本支社長に要請したところである。
 これに対し、支社長からも、「コストコは地元商店から仕入先として利用していただく割合が高く、地元商店のための店舗であり、開業後は他地域と同様に地元の方と協調して運営していきたい。また観光など地域活性化にも貢献していきたい。」とのコメントをいただいたところである。

 今後とも、コストコの立地が地域の活性化や新たな賑わい創出につながるよう、地元の射水市や関係方面などとも連携協力してまいりたい。

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 電話:076-444-8909  [ お問い合わせフォーム