富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 知事談話[平成25年度] > 北電志賀原発敷地内の破砕帯調査に係る最終報告書の提出に関する知事コメント[平成25年12月19日(木)]

知事室へようこそWelcome to the Governor's Office

知事談話[平成25年度]

2014年6月10日

知事室 目次

北電志賀原発敷地内の破砕帯調査に係る最終報告書の提出に関する知事コメント[平成25年12月19日(木)]

 本日(12月19日)、北陸電力において、昨年8月から実施してきた「志賀原子力発電所敷地内破砕帯に関する調査」の最終報告書がまとまり、原子力規制委員会へ提出された。

 原子力規制委員会では、北陸電力の最終報告書を確認した上で、今後の現地調査や審査日程について、具体的な検討に入ると聞いている。
 原子力規制委員会においては、中立公正な立場で志賀原発の安全性の確保について、様々な専門家による科学的な調査・分析、十分な検証等を行った上で、総合的に判断いただくとともに、その結果について、国民をはじめ、立地県はもとより本県や氷見市等の周辺自治体等も理解し、納得できるよう、体系的かつ丁寧な説明がなされるようにしていただきたい。

 また、北陸電力においては、引続き、県民の安全・安心の確保の観点から、新規制基準を踏まえ、耐震安全性の確保等の安全対策に万全を期していただきたい。

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 電話:076-444-8909  [ お問い合わせフォーム