富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 知事談話[平成25年度] > 釜山−富山チャーター便に関する知事コメント[平成25年7月5日(金)]

知事室へようこそWelcome to the Governor's Office

知事談話[平成25年度]

2014年6月10日

知事室 目次

釜山−富山チャーター便に関する知事コメント[平成25年7月5日(金)]

 本日、アシアナ航空・富山支店から、釜山−富山チャーター便について、10月21日から11月11日にかけて、計8往復を運航する予定である、との連絡があった。
 釜山−富山チャーター便については、4月の富山−ソウル便就航20周年記念式典の際、及び5月の韓国トップセールスにおける本社訪問の際に、アシアナ航空・尹 永斗(ゆん よんどぅ)社長に対して、昨年(6往復)を上回る運航について直接お願いしたことをはじめ、さまざまな機会を通じて要請してきたところである。 
 その結果、本年のチャーター便の運航は、昨年よりも2往復増えて8往復となり、また、1便あたり座席数が昨年の140席から155席に増えたことにより、全体の座席数は昨年の約1.5倍の規模で運航されることとなるものであり、県としては、アシアナ航空の努力に敬意を表したい。
 県では、富山きときと空港の活性化を図るため、国際チャーター便の誘致に積極的に取り組んでいるなかで、この度の釜山−富山チャーター便が昨年を上回る規模で運航されることについては、大変意義深いものと考えている。
 今回の釜山−富山チャーター便を利用して、多くの韓国の皆さんにお越しいただき、立山黒部でのトレッキングや世界遺産の五箇山合掌造り集落の紅葉をはじめとした富山県の秋の魅力を存分に楽しんでいただきたいと考えている。

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 電話:076-444-8909  [ お問い合わせフォーム