富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 知事の県政レポート【平成23年度】 > 県政レポート第101号[平成24年2月29日]

知事室へようこそWelcome to the Governor's Office

知事の県政レポート【平成23年度】

2016年10月24日

知事室 目次

県政レポート第101号[平成24年2月29日]

 こんにちは、富山県知事の石井隆一です。
 前回レポートしました1月31日以降の主な仕事や出来事について紹介します。

富山県総合計画審議会 第4回活力部会(2月1日)県民会館

 県総合計画審議会の4回目(最終)となる活力部会を開催しました。
 本日は、これまでの議論を踏まえて作成した答申素案について、ご審議いただきました。本日のご意見等も踏まえ、今後開催する総合計画審議会において最終的な取りまとめを行うこととしています。
※詳しい内容は、関連リンクをご覧ください。

活力部会で挨拶する知事、会議で発言する知事

富山県と北陸銀行との協定締結式(2月1日)県庁特別室

 (株)北陸銀行と「災害時等の応援に関する協定」を締結しました。北信越地区の県では初めての試みで、防災セミナーの開催等の普及啓発、災害時帰宅困難者に対する水やトイレ、支援物資の提供、ATMを搭載したバス型「移動相談車」による物資の搬送などにご協力いただきます。今後とも、県民の皆さんの安全・安心の確保にしっかりと取り組んでまいります。

協定書を手に高木頭取と握手を交わし、挨拶する知事、移動相談車の前でテープカットを行い、車に乗り込む知事

海洋ごみアクション・フォーラム(2月5日)ボルファートとやま

 (財)環日本海環境協力センターのご協力のもと、「海洋ごみアクション・フォーラム」を開催しました。魚津漁業協同組合による藻場再生などの活動発表や小学校(氷見市立窪、高岡市立太田、射水市立東明、朝日町立さみさと)の皆さんの環境サポーター活動宣言、「さかなクン」のトークショーなど盛りだくさんの内容で、子どもから大人まで楽しんで海洋環境について考えていただきました。

活動宣言した小学生と握手し、子どもたちと記念撮影する知事、さかなクンとの記念撮影

ラ・ベットラ落合シェフの表敬(2月6日)知事室

 「高志の国文学館」にレストランを出店する「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」の落合 務シェフが知事室を訪問されました。東京や名古屋以外の都市では初の店舗で、私からは、「富山ならではの食材を活用した創作料理なども考えていただきたい」とお願いしました。落合シェフからは、県民向けの料理教室を富山でいずれ定例的に開催したいとのお話もありました。このレストランが「高志の国文学館」の魅力を高める重要な役割を担ってくださることを期待しています。

レストランの模型を前に落合シェフと懇談し、握手を交わす知事

富山県行政改革委員会報告書の手交(2月6日)知事室

 県行政改革委員会の田中一郎会長、若林啓介小委員会委員長が知事室を訪問されました。行政改革推進会議の提言に沿った公の施設や外郭団体の廃止・見直し、定員適正化計画等の目標を上回る人件費の着実な削減など、その成果を基本的に評価する内容の報告書を提出いただきました。有難くお受けするとともに、行政改革に終わりはないので、今後とも行政の簡素効率化、民間の知恵・活力の活用等に努めてまいります。

田中会長、若林委員長から報告書を受け取り、懇談する知事

富山県防災会議 第3回地震対策部会(2月7日)県民会館

 3回目となる県防災会議の地震対策部会を開催しました。
 本日は、国が示した防災基本計画の修正案などを踏まえ、津波対策を拡充した地域防災計画の見直しに関する中間報告案について、ご審議いただきました。

地震対策部会で挨拶し、発言する知事

富山県総合計画審議会 第4回未来部会(2月7日)県民会館

 県総合計画審議会の4回目(最終)となる未来部会を開催しました。
 本日は、これまでの議論を踏まえて作成した答申素案について、ご審議いただきました。本日のご意見等を踏まえ、今後開催する総合計画審議会において最終的な取りまとめを行うこととしています。
※詳しい内容は、関連リンクをご覧ください。

未来部会で挨拶する知事

新幹線貸付料の活用による地方負担の軽減についての発表(2月7日)県庁特別室

 北陸新幹線整備に係る巨額の地方負担が大きな課題ですが、JRからの施設貸付料を活用し、年間約50億円、金沢開業までの4年間で約200億円の軽減が図られる見通しであるとの発表を行いました。これまで3〜4年越しでJRからの貸付料を新幹線の地方負担の軽減又は並行在来線の経営安定に活用すべきと国などへ強く働きかけを行ってきた積み重ねの成果といえ、大変うれしく思います。今後とも、国に対し、貸付料のさらなる活用などを粘り強く働きかけてまいります。

記者発表する知事

第67回国民体育大会冬季大会スキー競技会富山県選手団結団壮行式(2月7日)県庁大ホール

 14日から岐阜県で開催される国民体育大会冬季大会スキー競技に富山県代表として出場される河合常則団長ほか役員・選手の皆さんの結団壮行式を開催しました。私から、「富山県代表としての誇りを胸に、日頃の練習の成果を存分に発揮され、上位入賞を目指して頑張ってください」と激励のご挨拶をしました。

結団壮行式で河合団長に県旗を渡し、激励する知事、決意表明する河合団長、役員・選手の皆さんとの記念撮影

とやま企業立地セミナー(2月8日)ANAクラウンプラザホテル大阪(大阪)

 大阪のホテルにおいて、関西圏の企業や県内立地企業など約150名に参加いただき、「とやま企業立地セミナー」を開催しました。
 私から、陸海空の基盤整備をはじめ優れた技術を有する企業の集積、豊かで廉価な水や電気、自然や恵まれた生活環境、高い教育水準など、本県の優れた立地環境をアピールした後、参加の企業の皆さん方と懇談しました。

セミナー、交流会で挨拶する知事

溝畑観光庁長官などへの要請活動(2月9日)観光庁、総務省(東京)

 観光庁の溝畑長官を訪問し、「富山湾・黒部峡谷・越中にいかわ観光園」等の観光圏に対する予算の確保などについて要請しました。
 また、総務省の岡本事務次官を訪問し、1月下旬から県東部を中心に大雪に見舞われ、県民生活に影響が出ている現状について説明し、特別交付税による除排雪経費への財政支援を要請しました。

溝畑長官に対して要請活動を行う知事

映画「RAILWAYS」阿部プロデューサーの表敬(2月10日)知事室

 映画「RAILWAYS」の阿部秀司プロデューサーが知事室を訪問されました。全国で約60万人、富山県内でも約11万人の観客動員とのことで、うれしく思います。たくさんの方々に、ロケ地探訪などで富山を訪れていただき、本県の優れた自然、歴史、文化などの魅力を実感していただきたいと考えています。

阿部プロデューサーと懇談する知事

富山県立大学独立行政法人化検討委員会提言書の手交(2月10日)知事室

 本日、県立大学の独立行政法人化の可否について審議してきた検討委員会の町野委員長から提言書を提出いただきました。
 県立大学が教育、研究等の面で相当高い評価を受けている今こそ、早期の法人化を図り、一層の運営の効率化や外部資金の獲得、優秀な教員の確保などに努めることが望ましいとの内容です。今後、この趣旨に沿って、県立大学の法人化に向けた準備を、庁内の体制も強化して進めてまいります。

町野委員長から提言書を受け取り、検討委員会の皆さんと懇談する知事

平成23年度第2回中小企業との対話(2月10日)高岡商工ビル

 今年度2回目、通算26回目となる中小企業との対話を高岡市で開催し、企業経営者等約100人にご参加いただきました。
 最初に、私から県の主要施策について説明した後、中小企業振興基本条例(仮称)の内容、担い手農家の育成などについてご意見をいただきました。

中小企業との対話で挨拶する知事

越中とやま食の王国フェスタ2012〜冬の陣〜「越中料理と地酒を楽しむ会」(2月11日)ホテルグランミラージュ(魚津)

 今回で5回目となる「越中料理と地酒を楽しむ会」に出席しました。首都圏や中京圏からの約100名を超える方々を含め、約250名の皆さんにご参加いただきました。県産食材をふんだんに利用した冬の越中料理フルコースと県内17の蔵元から出された地酒など、“食の王国とやま”を堪能いただきました。

食の王国フェスタで挨拶する知事、フルコースの冬の越中料理

富山県総合計画審議会 第4回総合部会(2月13日)県民会館

 県総合計画審議会の4回目(最終)となる総合部会を開催しました。
 本日は、これまでの議論を踏まえて作成した答申素案について、ご審議いただきました。幸福度の指標については、他県などに比べて遅れているところ等を改善していくための1つの手法としてとらえるべきあるといったご意見などをいただきました。本日のご意見等を踏まえ、今後開催する総合計画審議会において最終的な取りまとめを行うこととしています。
※詳しくは、関連リンクをご覧ください。

総合部会で挨拶する知事

連合富山の政策制度要求に対する回答書の手交(2月13日)知事応接室

 平成24年度予算に向けた連合富山の政策制度要求に対する回答書をお渡しし、森本会長さんはじめ役員の皆さんと懇談しました。
 私から、「(1)平成23年度の目標(4,500人)を大きく上回り、12月時点で既に5,100人の雇用を創出したこと、(2)1年延長となった雇用創出基金を活用し、平成25年度までの5年間の雇用創出目標を15,000人に引上げるとともに、その達成に向け全力で取り組んでまいりたい」などと申しあげました。

森本会長に政策制度要求に対する回答書を交付し、役員の皆さんと懇談する知事

日医工(株)からの寄附目録贈呈式(2月14日)知事室

 日医工(株)の田村社長が知事室を訪問され、安定ヨウ素剤(対策を必要とする志賀原発から50km圏にある6市の40歳未満の人数に相当)をご寄贈いただきました。原子力災害対策の推進のため、有効に活用させていただきたいとご挨拶するとともに、感謝状を贈呈しました。

田村社長に感謝状を贈呈し、懇談する知事

災害廃棄物の広域処理に関する研修会(2月14日)県民会館

 東日本大震災の復旧・復興のためには、被災地が処理しきれない膨大な量の災害廃棄物の広域処理への協力が求められています。他方、これに協力するためには放射性物質に対する安全性の確保や地域住民の皆さんの理解が不可欠です。このため、県では、まず市町村の廃棄物処理の担当部課長などを対象に、「災害廃棄物の広域処理に関する研修会」を開催し、環境省の担当課長から、広域処理に関する現状や安全性の確保などについてお話いただきました。

研修会で挨拶する知事

平成23年度元気とやま農林水産奨励賞・富山県農業振興賞表彰式(2月14日)県庁大ホール

 元気とやま農林水産奨励賞・富山県農業振興賞の表彰式に出席しました。
 私から、若き担い手を表彰する「農林水産奨励賞」(農業部門)の3人の方々や、「農業振興賞」(米など8部門)の22人の個人と15団体の皆さんに、表彰状をお渡しするとともに、元気な農林水産業、魅力ある農山漁村の実現にご尽力いただくようお願いしました。

表彰状を授与する知事、受賞者の皆さんとの記念撮影

平成24年度行政改革関係の発表(2月15日)県庁特別室

 平成24年度の行政改革方針を発表しました。
 定員の適正化等については、平成26年4月までの5年間で一般行政部門職員の7.2%(257人)を削減するとの目標に対して、24年4月までの3年間で5.8%(207人)の削減見込みであり、着実に取組みを進めています。こうした取組みに加え、給与の臨時的減額措置により、平成17年度から平成23年度までの7年間で、人件費の累積削減効果は約445億円となりました。その他、北陸新幹線の開業や原子力災害対策の強化などに向けた組織体制の拡充などについて説明しました。

行政改革方針を発表する知事

とやまブランドPRイベント「とやま極上物語」(2月15日)八芳園(東京)

 「富山ならでは」の優れた産品等をメディアや流通関係の皆さんなどに広くPRするためのイベントを東京で開催しました。県では、これまで、「富山県推奨とやまブランド」認定制度(11品目を認定)を設けるとともに、デザイン重視の新しいお土産ブランド「越中富山 幸のこわけ」を昨年2月商品化しました。3年後に迫った北陸新幹線の開業を見据え、今後とも、富山県産品の認知度と富山県の地域イメージの一層の向上のため、積極的な取組みを進めます。

開会式で挨拶する知事、癒し系ロボットパロや能作のカゴ、幸のこわけを紹介している様子

参議院文教科学委員会の意見交換会(2月16日)県庁大会議室

 野上浩太郎委員長、柴田巧委員をはじめ、参議院文教科学委員会の皆さんが県内の小中学校の実情調査のため富山県を訪問され、県庁において意見交換を行いました。世界最高水準の舞台芸術の創造活動や全国高校総合文化祭の開催などに、一層のご支援をいただくよう、お願いしました。

意見交換会で挨拶する知事

平成24年度当初予算案の発表(2月17日)議事堂大会議室

 平成24年度当初予算案を発表しました。
 予算総額は、約5,499億円で対前年度比1.8%減となっています。人件費や公債費(借入金の返済金)を除いたいわゆる“政策経費”では約2,507億円で、対前年度比2.7%増となります。大変厳しい財政環境の中、新総合計画で戦略的な事業として位置付けたものに優先的に予算配分するなど、県民の皆さん方に希望や明るい気持ちを持っていただける予算案となったのではないかと思っています。

当初予算案を発表する知事

カギかけ防犯コンテスト表彰式(2月17日)県民会館

 本日の表彰式では、地域部門(15防犯協会が参加)は富山南防犯協会ほか5団体に、学校部門の高校の部(16校が参加)は県立水橋高校ほか6校に、中学校の部(27校が参加)は富山市立三成中学校ほか21校に表彰状をお渡ししました。今後とも、「防犯の第一歩はカギを掛ける」を徹底し、防犯意識の高揚と自主防犯活動に取り組んでいただきたいと思います。

表彰式で挨拶する知事、受賞者の皆さんとの記念撮影

日本商工会議所青年部第31回全国大会越中富山大会記念式典(2月18日)オーバードホール

 日本商工会議所青年部による第31回全国大会が、柳沢経済産業副大臣はじめ全国から約4千人の皆さん方の参加のもと、本県で開催されました。
 私から、「柔軟な発想と積極果敢な行動力を活かし、産業の活性化と日本経済の発展のため、ご活躍いただきたい」とご挨拶を申し述べました。

全国大会で挨拶する知事

「明日の安心」対話集会in富山(2月18日)県民会館

 社会保障と税の一体改革に関する対話集会が、本日から全国各地で始まりました。本県では、川端総務大臣のご出席のもと、富山市で開催され、私も出席しました。私からは、富山型ディサービスなどの本県の先駆的な取組みを説明した後、消費税増税に当たって経済状況などに配慮いただくことや、国として行政改革にしっかりと取り組んでいただくよう意見を申し述べました。
 なお、その際、川端大臣には、平成24年度地方財政対策において地方交付税総額の確保等にご尽力いただいたことについてお礼を申しあげました。

対話集会で挨拶し、発言する知事

西町南地区市街地再開発組合設立総会(2月20日)富山国際会議場

 旧大和富山店の跡地の再開発を行う西町南地区市街地再開発組合の設立総会が開催され、私も出席しました。
 北陸新幹線の開業を3年後に控え、交流人口の拡大や地域の活性化につながる魅力あるまちづくりが大変重要であり、計画された施設が一日も早く着工・完成し、中心市街地の活性化に寄与することを期待しています。

設立総会で祝辞を述べる知事

北陸三県知事と北経連役員との懇談会(2月20日)ホテルフジタ福井(福井)

 北陸三県知事と北陸経済連合会(永原功会長)との懇談会が開催され、「北陸新幹線の整備促進」と「北陸の広域観光の推進」の二つのテーマで意見交換を行いました。北陸新幹線では、敦賀までの早期認可と一刻も早い大阪までの開通や、並行在来線の鉄道資産の極力低額での譲渡をJRに対して強く要請していくことなどで考えが一致しました。また広域観光の推進では、三県共同で、JR西日本をはじめJR6社に対し、新幹線の金沢開業後の秋ごろを目途として大型のディスティネーションキャンペーンを実施してもらうよう働きかけることを確認しました。

懇談会で挨拶する知事

第3回「歴史と文化が薫るまちづくり事業」検討委員会(2月21日)県民会館

 滑川市、上市町、朝日町における3つのモデル地域の歴史的・文化的資源を活用したまちづくりについて検討を行う委員会(朝日重剛委員長)に出席しました。県としても、ご審議いただいた地元の主体的な取組みに対して助成を行うなど、各事業の実現を積極的に支援していくこととしています。

検討委員会で挨拶する知事

第2回富山県防災会議(2月21日)名鉄トヤマホテル

 昨年6月に地域防災計画の見直しに着手し、地震対策部会や原子力災害対策部会で審議を重ねてきました。本日は、津波災害対策を拡充した「地震・津波災害編」の中間報告案や、「事故災害編の原子力災害対策」の見直しに向けた論点整理と今後の方向について、ご審議いただき、概ね了承を得ました。

防災会議で挨拶し、発言する知事

元気とやまスポーツ大賞受賞報告(2月21日)県庁特別室

 平成23年度元気とやまスポーツ大賞を受賞された10組の皆さん方の訪問を受けました。私から、「一層ご活躍いただきますとともに、スポーツ愛好の輪が県内外で広まっていくことを心から願っています」とお祝いを申し述べました。

受賞報告で挨拶し、受賞者の皆さんと記念撮影する知事

日医工への企業視察(2月22日)日医工滑川工場

 国内第1位のジェネリック製薬企業である日医工(株)の滑川工場を視察しました。香港やマレーシア、タイなど東南アジアへのマーケティングの展開のため、グローバルな基準に対応した戦略的な開発拠点として昨年竣工した「ハニカム棟」の整った施設・設備、意欲ある社員の皆さんの仕事ぶりなどを拝見し、心強く感じました。

工場内で担当社員の方から説明を受ける知事

北陸電力への安全対策等の申入れ(2月22日)知事応接室

 県では、福島原発の事故を踏まえ、国に先駆けて、地域防災計画における原子力災害対策の見直しを検討しており、この一環として、安全対策の徹底や監視体制の強化、情報伝達の徹底などの原子力発電所の安全対策に関して、本日、氷見市とともに、北陸電力(株)の久和社長に対し申入れを行いました。
 今後、北陸電力との安全協定の締結に向けて、協議を進めてまいります。

堂故市長とともに久和社長に申入書を渡し、懇談する知事

第2回元気とやま協働戦略検討会議(2月23日)県民会館

 第2回の検討会を開催しました。本日は、九州や東北、長野における官民協働の先行地域の取組事例なども踏まえ、プランに掲載する具体的な取組み内容についてご審議いただきました。官民一体の総合的な戦略を展開し、新幹線開業に向けて準備を進めてまいります。

検討会議で挨拶する知事

全国知事会地方税財政特別委員会(2月24日)都道府県会館(東京)

 私が委員長を務める全国知事会地方財政特別委員会を開催しました。
 「社会保障・税一体改革大綱」の中の「地方団体の意見を踏まえて結論を得る」とされた事項について協議を行い、(1)地方消費税の使途は、各地方団体の判断により地方単独事業も含めた社会保障関係経費に柔軟に充当できるようにすべきこと、(2)引上げ分の地方消費税収は、県と市町村の配分割合を1:1とすべきことなどの意見をとりまとめました。
 他方、地方法人特別税の廃止や地方共同税の導入問題については東京都など大都市地域と地方の県では意見に大きな差異があり、今後の取扱いについては、引き続き検討することとなりました。

地方税財政特別委員会で発言する知事、会議の様子

富山県とファミリーマートとの共同記者会見(2月24日)県庁大会議室

 午後は、富山県と(株)ファミリーマートとの地域活性化のための包括連携協定を締結し、その共同記者会見を実施しました。
 コンビニとの包括連携協定はローソンに続いて2例目で、富山県産品オリジナル商品の開発・販売や観光振興など9項目の分野において連携を図り、地域活性化と県民サービスの向上のための様々な取組みを進めてまいります。

共同記者会見で挨拶する知事、県産品オリジナル商品を手に宮本専務と記念撮影する知事

富山県経済・雇用対策推進会議(2月24日)県民会館

 国、県、市町村、経済・労働団体、金融機関などで構成する「富山県経済・雇用対策推進会議」を開催しました。会議では、中部経済産業局、富山労働局、富山財務事務所及び県から、それぞれの経済・雇用対策について報告を行った後、意見交換を行いました。

会議で挨拶する知事

第2回富山県ものづくり大賞表彰式及び平成23年度富山ものづくり技能奨励賞授与式(2月27日)富山第一ホテル

 昨年度創設した「富山県ものづくり大賞」の表彰式を行いました。17社の応募の中から、ゴールドウイン(消臭下着MXP)に『大賞』、アイシン軽金属(アルミ製ステアリングシャフト)に『優秀賞』及びシーケー金属(CKパーフェクトロック)に『特別賞』を各々授与し顕彰しました。
 また、全国レベルの技能競技大会において優秀な成績を収められた方を奨励する「富山ものづくり技能奨励賞」を今年度創設し、若者ものづくり競技大会で優勝された福田真也さんなど3人の方に表彰状をお渡ししました。

表彰式・授与式で挨拶する知事、受賞者の皆さんとの記念撮影

新スポーツプランに対する提言の手交(2月27日)知事室

 元気とやまスポーツ懇話会の永原会長から提言書の提出を受けました。
 ジュニア期からの一貫指導体制の推進、優秀な指導者の育成などが必要との内容であり、県としては、全国や世界の檜舞台で活躍する選手を育成するなど、本県スポーツの推進に一層努力してまいります。

永原会長から提言書を受け取り、懇話会の皆さんと懇談する知事

2月定例県議会本会議(提案理由説明)(2月28日)県議会本会議場

 今日から3月23日までを会期とする2月定例県議会が始まりました。
 平成24年度当初予算は、5,498億9,260万円で、対前年度比1.8%減(産業振興や子育て支援などの政策経費は、対前年度比2.7%増)となっています。新総合計画の「重点戦略」に位置付けられる見込みの事業に優先配分するなど、県民の皆さんや本県の未来に光を見出せるよう積極型の予算編成を行い、提案しました。

2月定例県議会本会議で提案理由説明を行う知事

北日本四政経懇話会合同特別例会(2月28日)名鉄トヤマホテル

 午後4時から北日本四政経懇話会の合同例会で、『元気・安心予算』と題して、平成24年度当初予算の全体の考え方や骨格、県財政の見通し、行政改革の取組みについてお話した後、「グローバル競争を勝ち抜く日本海・アジア戦略」などの5つの重点戦略に沿って、主要施策について話をしました。
 ご出席の経済界などの方々からもお知恵やご協力をいただき、本県の活性化や新たな飛躍に向けて連携し、チャレンジしていきたい旨、強調しました。

合同特別例会で挨拶する知事

プシュコフ・ウラジミル駐新潟ロシア連邦総領事の表敬(2月29日)知事室

 プシュコフ・ウラジミル駐新潟ロシア連邦総領事が知事室を訪問されました。
 着任挨拶のため来県されたもので、私から、本県と沿海地方との友好県省20周年を踏まえ、「伏木富山港が日本海側の総合的拠点港に選定されたこともあり、ウラジオとの交流をこれまで以上に進めたい」とお話しました。

ウラジミル総領事と懇談し、握手を交わす知事

第9次富山県職業能力開発計画案の手交(2月29日)知事室

 県職業能力開発審議会の米田会長、大石職務代理者が知事室を訪問され、「富山県職業能力開発計画案(第9次)」の提出を受けました。
 本県の職業能力開発の課題や対応策などについて取りまとめられた内容で、本日の計画案を踏まえ、職業能力開発施策を総合的に推進してまいります。

米田会長、大石職務代理者から計画案を受け取り、懇談する知事

 なお、その他のものを含め、この間の仕事や出来事を一覧表にしてまとめましたので、ご覧ください。

<平成24年2月1日から2月29日までの概況一覧>
2月1日
(水)
富山県総合計画審議会 第4回活力部会
富山県と北陸銀行との協定締結式
2月2日
(木)
平成24年度県予算にかかる自由民主党との折衝
2月3日
(金)
平成24年度県予算にかかる民主・県民クラブ、社民党、公明党、共産党との折衝
2月4日
(土)
公務なし
2月5日
(日)
海洋ごみアクション・フォーラム
2月6日
(月)
落合務シェフの表敬
富山県行政改革委員会報告書の手交
第40回読売医療功労賞富山県表彰式
2月7日
(火)
富山県防災会議 第3回地震対策部会
富山県総合計画審議会 第4回未来部会
臨時記者会見(新幹線貸付料の活用による地方負担の軽減)
第67回国民体育大会冬季大会スキー競技会 富山県選手団結団壮行式
2月8日
(水)
とやま企業立地セミナー(大阪)
2月9日
(木)
溝畑観光庁長官への要請活動など中央省庁回り(東京)
2月10日(金) 知事定例記者会見
映画「RAILWAYS」阿部プロデューサーの表敬
富山県立大学独立行政法人化検討委員会からの提言書手交
平成23年度第2回中小企業との対話
2月11日(土) 越中とやま食の王国フェスタ2012〜冬の陣〜「越中料理と地酒を楽しむ会」
2月12日(日) 公務なし
2月13日(月) 庁 議
富山県総合計画審議会 第4回総合部会
連合富山の政策制度要求に対する回答書手交
2月14日(火) 日医工(株)からの寄附目録贈呈式
災害廃棄物の広域処理に関する研修会
平成23年度元気とやま農林水産奨励賞・富山県農業振興賞表彰式
2月15日(水) 知事記者会見(平成24年度行政改革)
とやまブランドPRイベント「とやま極上物語」
2月16日(木) 参議院文教科学委員会の意見交換会
2月17日(金) 知事定例記者会見(平成24年度予算)
カギかけ防犯コンテスト表彰式
2月18日(土) 日本商工会議所青年部第31回全国大会越中富山大会 記念式典
「明日の安心」対話集会in富山
2月19日(日) 公務なし
2月20日(月) 西町南地区市街地再開発組合設立総会
北陸三県知事と北陸経済連合会役員との懇談会(福井)
2月21日(火) 第3回「歴史と文化が薫るまちづくり事業」検討委員会
第2回富山県防災会議
元気とやまスポーツ大賞受賞報告
2月22日(水) 企業視察(日医工・滑川工場)
北陸電力への安全対策等の申入れ
富山県商工会連合会役員研修会
2月23日(木) 第2回元気とやま協働戦略検討会議
2月24日(金) 全国知事会地方税財政特別委員会(東京)
富山県とファミリーマートとの共同記者会見
富山県経済・雇用対策推進会議
2月25日(土) 富山県内青年会議所新年交流会
2月26日(日) 公務なし
2月27日(月) 第2回富山県ものづくり大賞表彰式・平成23年度富山ものづくり技能奨励賞授与式
新スポーツプランに対する提言の手交
2月28日(火) 2月定例県議会本会議(提案理由説明)
北日本四政経懇話会合同特別例会
2月29日(水) プシュコワ・ウラジミル駐新潟ロシア連邦総領事の表敬」第9次富山県職業能力開発計画案の手交

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 電話:076-444-8909  [ お問い合わせフォーム