富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 知事談話[平成24年度] > 高野悦子さんの訃報に接して[平成25年2月14日(木)]

知事室へようこそWelcome to the Governor's Office

知事談話[平成24年度]

2013年3月25日

知事室 目次

関連ファイル

高野悦子さんの訃報に接して[平成25年2月14日(木)]

 高野悦子さんの突然の訃報に接し、ただ驚くとともに、誠に悲しみに堪えません。ここに、心からお悔やみ申しあげます。
 高野さんは、昭和43年に岩波ホール設立と同時に総支配人に就任され、世界の埋もれた名画の発掘、紹介に取り組み、ミニシアターの先駆けと言われる同ホールの発展に尽くされるとともに、映画を通した国際交流にもご貢献されました。
 富山県におきましても、富山県イメージディレクターやとやまファン倶楽部世話人、とやま映像大使として貴重なご提言をいただくなど、富山県のイメージアップに大変ご尽力をいただいたところであります。
 高野さんは、ご両親が富山県ご出身で、ご本人も女学校の4年間を黒部市で過ごされ、富山に深い愛着をお持ちでいらっしゃいました。
 富山県では、「富山から世界に、人と文化の輝く『元気とやま』の創造」をめざし、芸術文化の振興に積極的に取り組んでいるところです。また、私としても霞ヶ関に在職中、高野さんには、「地域における芸術文化の振興」に関して何度かご助言をいただいたこともあり、今後もご指導、ご厚誼をいただきたいと思っておりましたが、誠に残念でなりません。
 ここに、生前の輝かしいご業績と富山県へのご貢献に対し、富山県民を代表して心から敬意を表し、感謝申しあげますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 電話:076-444-8909  [ お問い合わせフォーム