富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 知事談話[平成24年度] > 高岡市による災害廃棄物の受入れ決定についての知事コメント[平成25年2月1日(金)]

知事室へようこそWelcome to the Governor's Office

知事談話[平成24年度]

2013年3月25日

知事室 目次

高岡市による災害廃棄物の受入れ決定についての知事コメント[平成25年2月1日(金)]

 先ほど、高岡市長が記者会見で、災害廃棄物の本格受入れを決定したことを表明したとの連絡があったとの報告を受けました。

 県としては、災害廃棄物の広域処理につきましては、安全性の確保と地域住民の理解を大前提として、これまでも、広域処理に関する基本的枠組みについて、岩手県との間で覚書を交換するとともに、試験焼却等における放射能濃度や放射線量の測定、住民説明会への参画などに努めてきたところであります。
 このたび、高岡市が、住民への説明をされた上で、災害廃棄物の受入れをするという決定をされたことは、昨年末の災害廃棄物の処理・処分割合が岩手県で約38%にとどまるなど、困っておられる被災地の皆さんのことを思うと、広域処理に協力するという意味で喜んでいただけるものと思っております。

 来週早々にも、高岡市から、正式に岩手県との受入れに向けた準備作業を進めてほしいとの要請があると伺っていますが、県としても、災害廃棄物の受入れが円滑に実施されるよう、国、搬出元である岩手県、実際に処理を行う高岡市等と、災害廃棄物の受入量、運搬方法、受入開始時期、安全性の確認のための測定計画などについて必要な調整・協議を行い、協定書及び委託契約の締結等にしっかり取り組んでまいります。

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 電話:076-444-8909  [ お問い合わせフォーム