富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 知事談話[平成24年度] > 立山連峰の氷河認定に関する知事コメント[平成24年4月4日(水)]

知事室へようこそWelcome to the Governor's Office

知事談話[平成24年度]

2013年3月25日

知事室 目次

立山連峰の氷河認定に関する知事コメント[平成24年4月4日(水)]

 これまで日本周辺では、カムチャッカ半島以北にしか存在しないと言われてきた氷河が、このたび、日本で初めて立山連峰に現存することが確認されたことは、学術的に大変貴重な発見であると同時に、世界的なニュースであり、富山県にとって大変明るい話題である。
 立山に棲むライチョウが「氷河期の生きた化石」と言われていることと併せ、富山県が誇る立山に神秘的で新たな魅力が加わるとともに、自然環境保全への意識の向上や観光振興等につながるものと大いに期待している。
 さらには、本県が積極的に取り組んでいる「立山・黒部」の世界文化遺産登録に向けても、心強い追い風になるものと考えている。

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 電話:076-444-8909  [ お問い合わせフォーム