富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 知事談話[平成23年度] > 地域医療再生臨時特例交付金内示に関する知事コメント[平成23年10月18日(火)]

知事室へようこそWelcome to the Governor's Office

知事談話[平成23年度]

2012年3月11日

知事室 目次

地域医療再生臨時特例交付金内示に関する知事コメント[平成23年10月18日(火)]

1.地域医療再生臨時特例交付金については、本県医療の喫緊課題である、(1)高志リハビリテーション病院等2病院1診療所を改築・再編成し、中核リハビリ医療拠点を整備するなどの「リハビリ医療体制の充実」と、(2)「災害医療体制の強化」を2本柱として、総額76.7億円の交付金を要望する内容の地域医療再生計画を提出したところ、今般、約49.3億円の内示があったところである。

2.本県の地域医療再生計画は、全県的なリハビリテーション体制の強化を柱としていること等について、国の有識者会議において高い評価をいただいたと聞いている。

3.全国的に見ると、2,100億円の国予算額を大幅に上回る3,285億円の要望が出されたところである。国予算額から、大震災被災3県への配分360億円(120億円×3県)と被災3県以外の基本配分額735億円(15億円×49ヶ所)を差し引いた加算枠1,005億円に対する加算要望額は2,190億円であり、本県の配分率55.7%は、全国平均の45.9%を大きく上回っており、本県の計画が高く評価された結果が、今回の内示額に反映されているものと受けとめている。

4.今後、内示額を基に、計画(事業費)の見直しを行うこととしており、県としては、医師会や公的病院、県内医療関係者の皆様のご意見もお聞きしながら、早急に検討を進めたい。

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 電話:076-444-8909  [ お問い合わせフォーム