富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 知事の県政レポート【平成20年度】 > 県政レポート第60号[平成20年11月25日]

知事室へようこそWelcome to the Governor's Office

知事の県政レポート【平成20年度】

2016年10月24日

知事室 目次

県政レポート第60号[平成20年11月25日]

 こんにちは、富山県知事の石井隆一です。
 去る10月19日の知事選挙で、多くの県民の皆さんのご支援とご指示をいただき、富山県知事として2期目を迎えました。私にお寄せいただきました県民の皆様の信頼と期待にお応えすべく、ふるさと富山県の発展と県民の幸せのために全力を尽くしてまいります。
 さて、県政レポートについては、これまでのスタイルを少し見直し、行事等のタイトルを付けることで、わかりやすくしました。
 それでは、2期目の県政のレポートをお送りします。

知事2期目就任あいさつ(H20.11.10)県庁4階大ホール

幹部職員を前に訓示する知事 2期目のスタートに際し、幹部職員への訓示を行いました。
 4年前に初めて知事に就任して以来、私の変わらぬ目標は、県民の皆さんが、男性も女性も、高齢者も若い方も、一人ひとりが輝いて生きられる「元気な富山県」を創ることです。
 そのためにも、(1)職員自身が県民の目線に立ち、県民の暮らしや生活など現場の声をしっかりと聴きながら県民奉仕の精神で仕事に取り組むこと、(2)激動の時代を迎えているが困難な課題にも積極的にチャレンジして欲しいこと、(3)問題点や課題をしっかり整理することはもとより、では具体的にどうすればよいか、についてもう一歩踏み込んで検討してもらいたいことなどをお話しました。

富山県景観づくりフォーラム2008(H20.11.11)北日本新聞ホール

景観づくりフォーラムで表彰を行う知事 本年度の「うるおい環境とやま賞」(富山県民会館内山邸など5件)と「景観広告とやま賞」(中央歯科医院など12件)の表彰を行いました。

第57回富山県農村文化賞贈呈式(H20.11.11)県民会館

農村文化賞を贈呈する知事 特色ある農業活動等を通じ地域振興に成果のあった団体に県農村文化賞を贈呈しました。
 受賞されたのは、農事組合法人ファーム大島、同 いずみ耕房、松倉もちより市、西布施りんご組合及び滑川市花卉園芸協会の5団体で、心からお祝いし、今後のご活躍を祈念しています。

知事の現場ミーティング(新川地区)(H20.11.12)東部家畜保健衛生所等

東部家畜保健衛生所を視察する知事 東部家畜保健衛生所で、担当職員から研究状況について説明を受けました。
 次に、魚津総合庁舎の県税魚津相談室、新川農林振興センター、新川土木センター、魚津出納室を訪ね、各室課の課題や取組みの方向について説明を受けました。お昼は、魚津総合庁舎内で、若手職員の皆さんとライスカレーを食べながら(各々自己負担)、意見交換を行いました。

平成20年度学習活動等全国大会成績優秀者報告会(上期)(H20.11.12)県庁4階大ホール

児童生徒たちを激励する知事 芸術や文化、科学などの全国大会やコンクールなどで優れた成績(全国3位以上)を収めた児童生徒たち(23個人、3団体)から、それぞれの成果と今後の抱負について報告していただきました。約50年前の私の子ども時代を想い起こしながら、皆がんばり屋さんで頼もしいなと感じました。

第13回「とやま国際草の根交流賞」表彰式(H20.11.13)県庁特別室

受賞者に記念の楯を渡す知事 財団法人とやま国際センター(理事長・石井隆一)の「とやま国際草の根交流賞」の表彰式を行い、国際協力等に尽力された方々(高井芳樹さんなど5個人、しきのソル・ナセンテなど2団体)の功績を称えました。

富山県子ども政策県民会議第2回条例制定専門委員会(H20.11.13)県民会館

専門委員会で挨拶する知事 第2回目の専門委員会(座長・神川康子富山大教授)を開催しました。
 仕事と育児が両立しやすい職場を目指す「一般事業主行動計画」の策定を義務付けられる事業所の範囲は、次世代育成支援対策推進法で、これまで従業員301人以上とされていたのが、今回、101人以上にする法改正がなされました。本県では中小企業の従業員の方々の割合が高いので、関係者の理解が得られれば、せめて従業員51人以上の事務所に条例で義務づけることを目指したいとご意見を伺いましたところ、その方向で検討することについて概ね意見が一致しました。今後さらに、タウンミーティングや中小企業との対話などの場において、県民の皆さんのご意見をお伺いしながら、条例内容の検討を進めていくこととしています。

国民保護総合図上訓練(H20.11.14)県庁4階大会議室

図上訓練で職員からの説明を受ける知事 決して起きてほしくないことですが、万々一、鉄橋爆破や武装グループの立てこもりなど連続テロが県内で発生した場合を想定し、国や市町村など多数の関係機関の参加のもと、県民の安全を守るための初動体制の確立や関係機関等との情報伝達の確認などを行いました。
 国民保護のための図上訓練(富山県国民保護計画(H18.3.31作成)に基づくもの)は、平成17年度以来、4回目であり、初動対応は最初の頃と比べ随分スムーズになってきました。
 今回の訓練を踏まえ、県民の皆さんの安全・安心のために、さらに実効性のある計画の運用に努めていきます。

「越中富山うまいもんフェア」での「とやまの食」トップセールス(H20.11.15)ジャスコ品川シーサイド店(東京都)

黄色い法被を着て富山をPRする知事 イオングループと全農県本部のご協力により、地域の特産品や旬の味覚、伝統文化などを店頭で紹介するフェアが東京で開催されました。
 私も出席し、3,000m級の立山連峰とそれに発する豊かで良質な水、水深1,000mの富山湾から獲れるブリ、シロエビ等の多彩で美味しい海の幸、両者をつなぐ直径50kmの富山平野で育成される本県の農林水産物の魅力、特色などについてPRしました。

富山県新型インフルエンザ対策総合訓練(図上訓練)(H20.11.17)県庁4階大会議室

対策本部の様子 新型インフルエンザの発生に備え、対策本部(本部長・知事)による初の図上訓練を実施しました。
 海外、国内、県内の各段階で患者が発生した場合を想定し、各部局ごとの初動対応を確認しました。
 県では、現在、新型インフルエンザ対策行動計画(H17.12月策定)の改定作業を進めていますが、今回の訓練で浮び出た課題を踏まえ、より実践的、効果的な初動対応体制の整備を急ぐこととしています。

ほくりく健康創造クラスターキックオフフォーラム(H20.11.17)金沢市

フォーラムに出席する知事 富山、石川両県の産学官連携事業「ほくりく健康創造クラスター」の事業開始を記念するフォーラムが開催され、出席しました。
 両県の研究機関、大学、企業等が連携して、今後5カ年計画で、医薬・健康関連産業の世界レベルの研究・開発を進めます。この場で、私から現在の医薬品生産額は富山県が4,400億円、石川県が790億円であるが、20年後には1兆円以上の医薬品生産を目指したい旨をお話しました。

富山県立地環境説明会(H20.11.18)東京・グランドプリンスホテル赤坂

説明会でパワーポイントを使って富山をPRする知事 首都圏からの企業誘致に向け、本県の立地環境説明会を開催しました。景気後退の影響が懸念されましたが、機械、IT産業、保険など約60社に参加いただきました。
 私から、東海北陸自動車道の全線開通によりアクセスが向上、伏木富山港の整備も進めており、同港を利用した中国、韓国、ロシアへの物流は太平洋側の港よりも短時間で、利便性も高いこと、さらに企業立地法に基づく減税や県独自の企業立地助成制度などの紹介を行いました。

政府主催全国知事会議(H20.11.19)東京

 総理官邸で開かれた全国知事会議では、地方財政危機に対処するための平成21年度の地方交付税総額の確保、拡充や道路特定財源の一般財源化に伴う地方への1兆円の交付金の配分問題をはじめ、医師不足対策や介護人材の確保等、幅広い議論が行われました。
 私からは知事会の税制小委員長として、麻生総理大臣に対し、(1)総理が表明された道路特定財源の一般財源化に伴う地方への1兆円の交付金の配分は、現行の地方道路整備臨時交付金7,000億円等と相殺するのではなく、別枠で、地方交付税総額を1兆円増額することにより実現していただきたいこと、(2)三位一体改革で地方交付税が5兆円も削減され、地方の疲弊や格差拡大を招いていることからも、せめて1兆円は復元してほしいこと、(3)政府の打ち出した住宅ローン減税の影響で、国の所得税のみでなく、地方の住民税が3,000億円余の大幅な減収となり、富山県でも市町村分を含め約28億円の減収と、職員の給与削減の効果額約26億円を上回る大きな額となるので、国費による地方特例交付金などにより国が責任を持って補てんすべきと強く要請しました。
 麻生総理からは、「住民税の減収に対する補てんはきちんと対応する」、「国の道路特定財源のうち地方への配分は、臨時交付金7,000億円と補助金6,000億円とをあわせ1兆3,000億円あるが、これよりは増やさなければならない。1兆円は地方が自由に使えるようにしたい」との回答をいただきました。
 また、鳩山総務大臣からも、「地方交付税ということで、三位一体改革による5兆円減額のうちの復元という考え方でもよいのではないか」との回答がありました。

北陸新幹線建設促進同盟会等中央要請(H20.11.20)東京

北陸新幹線沿線の知事らと政府・与党等に対して要請活動を行う知事 北陸新幹線沿線の知事、議会、経済界など関係の方々とともに、政府・与党等への要望を行いました。
 私からは、金沢−敦賀間の認可、着工について年末までに結論を出すことや、新幹線開業後の並行在来線の運営を担う第3セクターへの鉄道資産の無償譲渡など、経営が持続可能となるような新たな支援の仕組みの構築を強く求めました。

自由民主党総務部会・地方行財政調査会(H20.11.20)東京・自由民主党本部

 平成21年度の地方財政対策、税制改正等について、自民党と民主党の両党からそれぞれお求めがあり、税制小委員長として、全国知事会を代表する形で意見を申し上げました。自民党の会議では、道路財源の一般財源化に伴い、1兆円を地方交付税で地方へ配分する問題について、私から、「三位一体改革で地方交付税が5兆円以上も削減されたことが、今日の地方の疲弊、格差拡大の大きな原因。1兆円は別枠で地方交付税の復元のための増額と位置づけていただき、地方の道路整備費も使い勝手の良いもので上積みしてほしい。特定財源でなくなれば建設国債を道路の財源として使えるようになる。工夫の仕方はあると考える」と申し上げました。

第52回富山県青年議会本会議(H20.11.21)県議会議事堂

青年議会本会議で挨拶する知事 各青年議員の皆さんから、農商工連携を支援する仕組みの構築や、パソコンや携帯電話を使った「ネットいじめ」に対応する専門機関の設置、若者の雇用確保などについて質疑が交わされました。
 私からは、「皆さんの積極的な意見を県政に活かし、若者に魅力的な県づくりを進めていきたい」とお話しました。

商工三団体からの要望(H20.11.21)県庁・知事室

犬島会長らと懇談する知事 世界的な景気の減速を受け、県商工会議所連合会の犬島会長、県商工会連合会の石澤会長、県中小企業団体中央会(黒田会長)の朝日副会長ら県内商工三団体の皆さんから、金融対策の拡充や受注機会の拡大などの緊急対策の要望を受けました。
 私からは、必要な対策の検討、とりまとめを急ぎ、12月補正予算でしっかり対処したいとお話しました。

美の祭典 越中アートフェスタ2008開会式(H20.11.22)県民会館

開会式で関係の皆さんとテープカットを行う知事 本年で第3回目となる越中アートフェスタが開幕し、初日から約1800人の方々が訪れ、入賞、入選作561点を鑑賞しました。
 開会式では、私から、このフェスタが県民の美術の祭典として定着し、美術愛好者はもとより県民の関心が年々高まっているようにみえることを心からうれしく思う旨のご挨拶をした後、関係の方々とテープカットを行い、開幕を祝いました。
 平面部門では加藤清氏の洋画「不安の連鎖」、立体部門では和田厚志さんの立体造形「空蝉」が、それぞれ越中アート大賞に選ばれました。

(財)富山県体育協会80周年記念式典(H20.11.22)富山国際会議場

記念式典で挨拶する知事 県体育協会関係者、北京五輪出場の県在住選手、国体入賞選手ら約260人の参加のもと、県体育協会(会長:知事)の創立80周年記念式典を開催し、出席しました。
 式典では、私から、「県体育協会の役員はじめ関係の方々の本県体育界の発展に向けた永年にわたるご尽力に対し心から敬意を表し、感謝申しあげるとともに、今後、一層のスポーツの振興を図っていきたい」とご挨拶をしました。

映画「弁天通りの人々」知事出演シーンロケ(H20.11.24)県庁特別室

 氷見市出身の実業家浅野総一郎の青年時代を描く映画「弁天通りの人々」のロケーションが県庁で行われました。
 市川徹監督からご要請があり、前作の「九転十起の男」第三部に続き、2回目の出演となりました。今回は、副島種臣外務卿役を演じるもので、開港間もない横浜で起こったマリア・ルス号事件裁判の報告を受けるシーンの撮影に臨みました。やはり少々緊張しました。

女性相談センター竣工式(H20.11.25)富山市婦中町

竣工式で来賓の皆さんとテープカットを行う知事、女性相談センターの外観 老朽化に伴い移転新築を進めていた県女性センターが完成し、出席された女性団体や地元自治会の代表者、関係者ら約50人の皆さんとともに竣工式を行いました。
 式典では、私から、このセンターが女性の保護、相談、自立に向けての支援等の拠点としての役割を果たし、地域からも親しまれる施設となるよう努めたいとご挨拶した後、来賓や関係の方々とテープカットを行い、完成を祝いました。このセンターの内装には、温もり、暖かさなどを感じられるよう県産材を使うようにしたところですが、概ね所期の狙いどおりの効果が生み出ているようで、うれしく思いました。なお、隣接地には、平成21年4月の完成を目途に、富山西警察署の工事が着々と進められており、心強く感じた次第です。

富山県・石川県知事懇談会(H20.11.25)金沢市

谷本石川県知事と懇談する知事 金沢市の石川四高記念文化交流館で石川県の谷本知事と懇談を行いました。
 私からは、広域・国際観光の推進や新幹線開業に伴う並行在来線の経営を持続可能とするための新たな仕組みの構築等に関する両県の連携協力の必要性などについてお話しました。


 なお、その他のものを含め、この間の仕事や出来事を一覧表にしてまとめましたので、ご覧ください。

<平成20年11月9日から11月25日までの概況>
11月9日(日) ・第59回富山県婦人会意見発表大会
・第26回富山県駅伝競走大会
・砺波市長選無競争当選祝賀会
11月10日(月) ・知事2期目就任あいさつ
・庁議
・知事定例記者会見
11月11日(火) ・富山県景観づくりフォーラム2008
・第57回富山県農村文化賞贈呈式
11月12日(水) ・知事の現場ミーティング(新川地区)
・平成20年度学習活動等全国大会成績優秀者報告会(上期)
11月13日(木) ・第13回「とやま国際草の根交流賞」表彰式
・富山県子ども政策県民会議第2回条例制定専門委員会
11月14日(金) ・国民保護総合図上訓練
11月15日(土) ・「越中富山うまいもんフェア」での「とやまの食」トップセールス(東京イオン品川シーサイド店)
11月16日(日) ・国際ロータリー第2610地区2008〜2009地区大会
・(株)源創業100周年記念パーティー
11月17日(月) ・富山県新型インフルエンザ対策総合訓練(図上訓練)
・ほくりく健康創造クラスターキックオフフォーラム(金沢市)
11月18日(火) ・富山県立地環境説明会(東京)
11月19日(水) ・全国知事会議(都道府県会館)
・全国都道府県知事会議(政府主催)(総理大臣官邸)
11月20日(木) ・民主党総務部門会議(衆議院第一議員会館)
・北陸新幹線建設促進同盟会等中央要請(東京)
・自由民主党総務部会・地方行政調査会・法務・自治関係団体委員会合同会議
11月21日(金) ・第52回富山県青年議会本会議
・建設優良工事等表彰式
・商工三団体からの要望
11月22日(土) ・美の祭典越中アートフェスタ2008開会式
・美の祭典越中アートフェスタ2008表彰式
・(財)富山県体育協会80周年記念式典
・(財)富山県体育協会80周年記念祝賀会
11月23日(日) ・公務なし
11月24(月) ・少子化対策・子育て支援条例(仮称)県民懇談会(富山市・国際会議場)
・映画「弁天通り異聞〜ヨコハマ1872・九転十起の男〜」知事出演シーンロケ(県庁)
11月25日(火) ・女性相談センター竣工式(富山市婦中町)
・第1回富山県情報公開制度懇話会
・富山県・石川県知事懇談会(金沢市)

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 電話:076-444-8909  [ お問い合わせフォーム