富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 知事の県政レポート【平成20年度】 > 県政レポート第62号[平成20年12月29日]

知事室へようこそWelcome to the Governor's Office

知事の県政レポート【平成20年度】

2016年10月24日

知事室 目次

県政レポート第62号[平成20年12月29日]

 こんにちは、富山県知事の石井隆一です。
 米国発の世界同時不況は、日本の実体経済へ深刻な打撃を与え、本県の景気や雇用にも大きな影響を及ぼしています。
 県としても、9月補正予算での中小企業融資制度の拡充や公共・主要県単独事業の追加、10月末からの緊急融資制度を経済変動対策緊急融資へ発展的に切り替える等の金融支援の拡充、さらに12月補正予算における緊急雇用対策支援員の配置や制度融資の拡充など、機動的に景気・雇用対策を講じてきました。
 しかしながら、先月、11月の県内有効求人倍率は0.77となり、7ヶ月連続で1倍を下回り、雇用情勢は一段と厳しさを増しています。
 このため、12月26日に「緊急雇用・経済対策本部」(知事本部長)を設置するとともに、急速に悪化する雇用・経済情勢への当面の対策を決定しました。
 県としては、県民の不安の払拭、生活の安定に向け、全力で景気・雇用対策に取組んでいくつもりです。

 それでは、前回レポートしました12月12日以降の主な仕事や出来事について紹介します。

地球温暖化防止県民大会(H20.12.13)タワー111スカイホール

県民大会で表彰を行う知事 環境問題に対する理解を深め、県民総ぐるみで地球温暖化防止に向けた取組みを推進していこうと、県民大会を開催(とやま環境財団と共催)しました。
 大会では、西田正子さん(氷見市)ら6個人と、富山サンダーバーズなど8団体に対し表彰状を贈り、省エネや二酸化炭素排出削減などの環境保全活動への積極的な取組みを称えました。

北陸新幹線、神通川橋りょう他工事の安全祈願(H20.12.16)富山市駒見地内

安全祈願祭で関係の皆さんがお神酒で乾杯し、工事の安全を記念する様子 北陸新幹線神通川橋りょう工事の起工に伴う安全祈願祭が、鉄道建設・運輸施設整備支援機構をはじめ、県、市、工事関係者、地元地権者ら約80人の出席のもと行われ、工事の安全と早期完成を祈念しました。
 この工事は、延長428mの橋りょうと323mの高架橋からなり、橋りょう部は、主塔から伸びる斜めのケーブルで主桁を支える「エクストラドーズド」構造を採用し、富山空港の離着陸に影響しないよう高さを抑える工夫とともに、デザインにも配慮がされています。

第4回ふるさと文学魅力推進検討委員会(H20.12.16)県庁4階大会議室

検討委員会で挨拶する知事 今回の委員会では、中間報告(案)に対するパブリックコメント(10月実施)や、ふるさと文学への興味や関心、拠点づくりなどに関する県民アンケート調査(10月実施)の結果を報告しました。特に、ふるさと文学に親しむ拠点について「必要である」、「どちらかといえば必要である」という回答が75.7%(越中文学展への来場者では88.3%)にのぼったことを受け、全委員が「多くの人が文学に親しめる拠点が必要」との意見で一致されました。

検討委員会の様子 また、「直筆原稿やゆかりの作品など、作家の生の息遣いを伝える資料は多くの人の心を打つ。拠点整備は富山でしか味わえない感動を与える内容にすべきだ」、「専門家だけでなく、一般の県民や観光客に分かりやすい内容がふさわしい」、「親子が一緒に立ち寄れるような施設にしてほしい」などの意見が出されました。
 私からは、こうしたご意見を踏まえ、拠点のあり方について、「文学愛好者から一般県民、観光客まで幅広い方々に気軽に楽しんでもらえるとともに、より深く学ぶこともでき、何度でも足を運んでもらえるような場所にすることが大切だと思う。そのために拠点が備えるべき役割、機能は何かを、提言の最終的なとりまとめまでに、整理していただきたい。」とお願いしました。

第2回富山県観光振興戦略プラン策定会議(H20.12.18)県民会館

プラン策定会議で挨拶する知事 第2回目のプラン策定会議を開催し、中間とりまとめに向けた重点項目案などを示し、意見交換を行いました。
 具体的には、観光消費額などの目標値の設定を検討するとともに、「富山らしい魅力創出」、「戦略的なPR」、「官民一体、県民こぞってのおもてなし環境の整備」、「国際観光 の推進」の4つを柱に、具体的な施策を盛り込んでいくこととしています。来年2月には中間とりまとめを行い、市町村や経済界等との意見交換なども実施し、来秋を目途に最終案をまとめたいと考えています。

明日のとやま教育創造懇話会(H20.12.19)県民会館

教育創造懇話会で挨拶する知事 平成19年11月に懇話会を設置して以来、第6回目となる懇話会を開催し、これまでの議論を踏まえた報告素案を示し、検討を行いました。
 素案では、「富山から世界へ羽ばたき、未来を切り拓く人間の育成」を基本理念とし、(1)変化する社会に果敢にチャレンジし、生き抜いていく確かな力を育てる、(2)優れた知性、豊かな心、たくましい体を持った「元気とやまっ子」を育てるなど「4つの観点」(施策の柱)と、それを実現していくための「12項目の提案」などが盛り込まれています。
 今後、さらに検討を進め、来年1月末までに最終報告をとりまとめていただく予定です。

政府予算対策会議・同知事記者会見(H20.12.21〜22)東京事務所

 20日の平成21年度予算の財務省原案内示にあわせ、県東京事務所に政府予算対策会議を設置し、関係部局長とともに本県の重点事業(36項目)の予算化状況等について情報収集を行いました。
 21日には、北陸新幹線や庄川左岸地区の国営総合農地防災事業、道路整備費などの県要望について概ね予算化のめどが立ったほか、翌22日には、麻生首相が主導した「重要課題推進枠」の中で、耕作放棄地等再生利用緊急対策交付金の上積みや、中小企業金融対策の追加措置などが講じられたことから、県としても、これらの国の予算措置を十分に活用して、県の予算編成に生かしていく旨、記者会見でお話しました。

環水公園スイートクリスマス2008(H20.12.23)富岩運河環水公園

カウントダウンを行う知事、花火の様子、出席者の皆さんとの記念撮影 富岩運河環水公園の冬の賑わいを彩る「クリスマス・ファンジア花火」に出席し、私が花火の打ち上げのためのカウントダウンをスターバックスコーヒー店のバルコニーで行う役目をいただきました。
 天門橋にかけられた「ナイアガラの滝」は水面に向かって光が降り注ぎ、幻想的な美しさを運河に映し出していました。
 この後、泉と滝の広場に場所に移し、地球温暖化防止に向けた「うちエコ」キャンペーン「宴でエコ!」プロジェクトのキックオフイベントに参加しました。日頃からの積極的な温暖化防止活動が評価され、今年度の「とやまストップ温暖化アクト賞」を受賞された「富山サンダーバーズ」の選手やマスコットキャラクターの「ライティー」、なでしこ保育園の園児の皆さんなどと一緒に横断幕を掲げ、記念撮影を行いました。
 この夜は、家族連れやカップルなど約1万人の方々が、クリスマスムードを楽しみました。

NOWPAP RCU富山事務所長着任に伴う知事表敬訪問(H20.12.24)知事室

鐘所長と懇談する知事 北西太平洋行動計画(NOWPAP)の地域調整部(RCU)富山事務所の新所長に就任された鐘暁東(ジョンシャオドン)氏が県庁を表敬され懇談しました。
 私から、本県の環境保全に向けた取り組みやその熱心な取組みが評価されたこともあって、一昨年12月に富山で国内初の日中韓の3カ国環境大臣会合や「北東アジア環境パートナーズ・フォーラム」が開催されたこと等を説明するとともに、環日本海地域の環境保全に向けて、各国との連携・協力を図るうえで、ご尽力をいただきたいとお話しました。

社民党からの平成21年度県予算に対する要望(H20.12.24)知事応接室

社民党県議会議員会の皆さんを前に挨拶する知事 社民党県議会議員会(湊谷道夫会長)の皆さんから、平成21年度の県予算に関し、雇用の確保や医療、福祉、教育の充実など計169項目の要望がありました。
 私からは、厳しい財政状況の中ではあるが、雇用確保や中小企業対策など県民の暮らしを守る施策に全力で取り組み、県民の信頼や
期待に応えられるよう予算編成に取り組んで いきたいとお話しました。

自由民主党富山県議会議員会からの緊急経済・雇用対策に関する申し入れ(H20.12.26)知事室

横田会長らと懇談する知事 自民党富山県議会議員会の横田会長、高平総務会長、平村顧問から、県内の景気・雇用情勢の急激な悪化を踏まえ、生活防衛のための緊急経済・雇用対策の実施について申し入れがありました。
 具体的には、離職者の住宅・生活支援、公的な雇用・就業機会の創出、中小企業への迅速かつ円滑な資金供給などの対策や、それらを機動的に実施する全庁的な体制の整備です。
 私からは、国の対策を待つのではなく、県民の生活や中小企業経営の支えとなるよう、県として必要な対策を精一杯かつ早急に取り組んでいくと、お話しました。

富山・スイス薬業交流訪問団による知事表敬訪問(H20.12.26)知事室

塩井団長らと懇談する知事 11月にスイス・バーゼルを訪問された県薬業連合会の富山・スイス薬業交流訪問団(塩井団長)の代表の皆さんが県庁を表敬され、現地での商談の成立など交流訪問の成果を報告いただきました。
 私からは、「世界的に厳しい経済情勢の中で、医薬品産業は成長分野。今後、一層の発展を期待しており、県としても、県内産業振興の重要な柱として、積極的に応援していきたい」とお話しました。

民主・県民クラブからの雇用対策等に関する申し入れ(H20.12.26)知事室

江西会長から緊急要請書を受け取る知事 富山県議会の民主・県民クラブの江西会長、坂野議員、山上議員から、経済・雇用・生活対策に係る緊急要請がありました。
 公共サービス部門での雇用拡充策や中小・地場企業に対する金融対策、派遣労働者等への雇用対策の強化を求めるもので、私からは、県民の不安をなくすため、県として必要な対策を迅速に推進したいとお話しました。

緊急部局長会議(H20.12.26)県庁4階大会議室

緊急部局長会議で挨拶する知事 この日の午後、緊急部局長会議を招集し、「緊急雇用・経済対策本部」(知事本部長)を設置するとともに、急速に悪化する雇用・経済情勢への当面の対策を決定しました。
 具体的には、今年の御用納めは26日ですが、(1)労働相談や中小企業融資、住宅相談、県営住宅の紹介、などの窓口を年末30日まで開設し、県民の皆さんからの相談に応えられる体制を整備すること、(2)県臨時職員の採用など公的な雇用創出策(200人程度)を講ずること、(3)緊急雇用対策支援員(2人)を配置し、公共職業安定所と連携した求人開拓を実施すること、(4)公共事業の早期発注を行うとともに、年末30日まで工事代金の支払いや、中小企業等の資金繰りを支援することなどです。
 さらに、年明け早々には、第2回県・経済団体雇用安定推進会議を開催し、経済界や富山労働局と雇用安定に向けた取組みについて協議することとしています。

執務納めの式(H20.12.26)県庁4階ホール

執務納めの式で幹部職員を前に挨拶する知事 午後4時半から、平成20年の執務納めの式を行いました。
 東海北陸自動車道の全線開通、全国のモデルとなったレジ袋の全県無料配布取り止め、さらに、北陸新幹線の地方負担軽減の実現などの成果があったが、職員の皆さんと力を合わせて取り組んだ成果であり、感謝したい。現在、経済環境は厳しさを増しており、県民の不安の解消、生活の安定に向け、県として全力で取り組まねばならない。支払いや相談窓口などの年末30日までの実施については、私から現下の厳しい経済・雇用情勢への対応体制の充実について検討すべきとお話したところ、関係部局から積極的な姿勢が示されたものであり、職員の熱意をうれしく思うとお話しました。

Uターンフェアインとやま(H20.12.28)とやま自遊館、富山市総合体育館

Uターンフェアで挨拶する知事 年末年始に帰省する学生等を対象とした合同企業説明会を開催(県とヤングジョブとやまの共催)しました。
 景気悪化に伴う就職活動の厳しさを反映してか、大学生3年生を中心に、昨年の約1.5倍の1,450人が訪れました。

参加企業のブースの前に学生が集まる様子 参加企業数が心配されましたが、私自身も含め、県から積極的に企業に働き掛けを行い、昨年より14社多い131社に参加いただきました。会場では、私から、県内には現状でも優れた企業が多いこと、今後とも企業立地を積極的に進めていくことや、富山の住み良さなどについて説明したうえで、「是非とも、県内での就職を考えて欲しい」と呼びかけました。

年末における相談窓口等への激励(H20.12.29)県庁

相談窓口を巡回し、職員から報告を受ける知事 厳しい経済、雇用情勢を踏まえ、県民の皆さんからの様々な相談に対応するため、執務納め後の年末に県庁内の関係部課に設置した各相談窓口等を巡回しました。
 中小企業金融や労働相談をはじめ、緊急雇用対策としての県臨時職員の募集受付、県営住宅への入居申し込み、公共事業等の支払いなどを年末30日まで実施するもので、各所属では、私から、相談内容等の把握を行うとともに、「県民の不安解消に向け、親切で丁寧な対応を心掛けてほしい」と要請し、激励しました。

 なお、その他のものを含め、この間の仕事や出来事を一覧表にしてまとめましたので、ご覧ください。

<平成20年12月13日から12月29日までの概況>
12月13日(土) ・地球温暖化防止県民大会
12月14日(日) ・公務なし
12月15日(月) ・予算特別委員会
12月16日(火) ・北陸新幹線、神通川橋りょう他工事の安全祈願(富山市駒見地内)
・第4回ふるさと文学魅力推進検討委員会
12月17日(水) ・予算特別委員会
12月18日(木) ・第2回富山県観光振興戦略プラン策定会議
12月19日(金) ・明日のとやま教育創造懇話会
・議会本会議(委員長報告、討論、採決)
・地方六団体と自由民主党地方税財政関係国会議員との意見交換会(都道府県会館)
12月20日(土) ・事務打合せ
12月21日(日) ・政府予算対策会議(東京事務所)
・知事記者会見(東京事務所)
12月22日(月) ・政府予算対策会議(東京事務所)
・知事記者会見(東京事務所)
12月23日(火) ・河原豊志(元小矢部市消防団団長)の受賞を祝う会
・(財)富山県消防協会長山本修氏就任祝賀会
・環水公園スイートクリスマス2008
12月24日(水) ・NOWPAP RUC富山事務所長着任に伴う知事表敬訪問
・社民党からの平成21年度県予算に対する要望
12月25日(木) ・県外出張(省庁等挨拶回り)
12月26日(金) ・自由民主党富山県議会議員会からの緊急経済・雇用対策に関する申し入れ
・富山・スイス薬業交流訪問団による知事表敬訪問
・民主・県民クラブからの雇用対策等に関する申し入れ
・緊急部局長会議
・知事定例記者会見
・執務納めの式
12月27日(土) ・事務打合せ
12月28日(日) ・Uターンフェアインとやま
12月29日(月) ・年末の県庁関係部課の激励
12月30日(火) ・公務なし
12月31日(水) ・公務なし

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 電話:076-444-8909  [ お問い合わせフォーム