富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 知事の県政レポート【〜平成17年度】 > 県政レポート第3号 [平成17年1月25日]

知事室へようこそWelcome to the Governor's Office

知事の県政レポート【〜平成17年度】

2016年10月24日

知事室 目次

県政レポート第3号 [平成17年1月25日]

砺波市のチューリップ農場で農家の方から説明を受ける知事 1月15日、砺波市で3回目のタウンミーティングを開きました。雪も少し降りましたが、砺波地域中心に250名を超える県民の皆さんにご参加いただき、多方面にわたる意見交換をすることができました。散居景観の保存や中山間地の振興、子育て支援、元気な高齢者の社会参加、森林の保全と環境税の実現、浸水対策、公共の場における手話通訳の配置、芸術文化の振興など、本当に皆さんから真剣で熱心なご意見、ご提言を頂戴しました。ありがとうございました。当日の状況はケーブルテレビや県のホームページで後日紹介される予定ですので、ご覧いただければ幸いです。

 ところで、タウンミーティングの前に、現場で頑張っておられる皆さん方の生の声を是非お聞きしたいと考え、砺波市のチューリップ農場、南砺市の彫刻工房と散居村の農家をお訪ねしました。

 チューリップ農場には経営者ご夫妻のほかご友人の方々にもお集まりいただき、球根や花き栽培の取組みやご苦心、新品種開発や販路拡大に向けた新しい取組み、オランダとの厳しい競争、農家経営実態などをお聞かせいただきました。産地間競争に勝ち抜くためには、市場で高い評価を受ける新品種の開発が重要です。そのため、県で取り組んでいる青いチューリップの開発に大きな期待が寄せられていることを知り、開発のピッチを上げなければならないと切実に感じました。また、ご子息がオランダでチューリップ栽培の研修中とのことで、チューリップの未来に前向きの展望を持って努力されておられることがよくわかりました。

南砺市の彫刻工房で彫刻体験を行う知事 彫刻工房は井波瑞泉寺門前にあって、親方の他に二人のお弟子さんが働いておられました。ちょうど大きな鳳凰のレリーフを彫っておられ、親方の勧めで私もノミを握り少々彫らせていただきました。ここでも若手後継者育成の問題、昨今の住宅事情に合わせた新商品開発や販路開拓、組合の共同事業の工夫など、多くの課題があることを、同行していただいた南砺市の方とともに、お聞かせいただきました。また、お弟子さん達ともお話をさせていただきましたが、二人とも県外出身で、木彫刻に夢を描いて修行に励んでいるとのことでした。井波彫刻の皆さんは、長い伝統の上に自ら培われた技に対する誇りと自信をもって、日々励まれているということを実感しました。

南砺市の散居村で農家の方からカイニョの説明を受ける知事 散居村の農家では、まず先の台風23号で被災したカイニョ(屋敷林)を見せていただきました。北側の木がほとんど倒れてしまったとのことで、切り株の一部を拝見しましたが、非常な大木で倒れたときにまわりのコンクリート床もめくれたとのことでした。住民の皆さんが大変な思いをされたことがよく判りました。幸い、南側の樹齢300年という素晴らしいカイニョは無事で、まっすぐ天を突くように立っており、カイニョを先祖伝来の宝として大事にしておられる家族の皆さんのお気持ちが実感できたように思いました。また、ワクノウチと呼ばれるヒロマや床の間に天神様が飾ってあるザシキに上げていただき、日々のスンバ(落ち葉)拾いが健康づくりによいとか、猛暑の夏もカイニョの効果で周辺よりも2度ほど涼しいなど、散居村での暮らしの喜びや楽しみも教えていただきました。

 昨年12月、補正予算で、甚大な倒木被害のあったとなみ野の屋敷林を再生し、美しい散居景観を保存するための被災者の方々の活動を支援することとしましたが、この新しい事業が所期の目的を達成できるよう念願した次第です。

 また、1月18日の魚津市での中小企業との緊急対話の直前にも、同市の老舗の蒲鉾屋さんに立ち寄らせていただき、経営者の方から新しい製品やデザインを考案したキッカケや苦心談をお聴きし、製造工程なども拝見しました。

 今日までに合わせて5回開催したタウンミーティングや中小企業との緊急対話でも感じましたが、私がお目にかかった多くの県民の皆さんは、本当に誠実で真面目に日々の課題に取組み、前向きに将来に希望を持って努力されていました。やはり、富山県の一番の宝は、こうした県民の皆さんだとあらためて思いました。

 昨日から、各部局レベルでの検討を受けて平成17年度予算案の知事ヒアリングを始めました。極めて厳しい財政状況ですが、県民の皆さんのご期待にお応えできるよう、行財政改革にもしっかり取り組み、富山県をもっともっと元気な県にするための予算を編成できますよう、全力を尽くして参ります。

                            富山県知事 石井 隆一

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 電話:076-444-8909  [ お問い合わせフォーム