富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 県政モニター > 施設見学会(平成26年度)

県政モニター

最終更新日:2017年8月18日

施設見学会(平成26年度)

県政モニターの皆さんに、県の施設や事業等の見学・体験を通して県政に対する理解と関心をさらに高めていただき、ご意見やご要望をお聴きする「県政モニター施設見学会」を実施しています。
平成26年度は、次の2コースを実施しました。

第1回 施設見学会

開催日 平成26年10月15日(水)
参加者 18名
テーマ とやまの環境
見学先 (1)富山県環境科学センター
    (2)富山県立イタイイタイ病資料館

(1)富山県環境科学センター

環境科学センター
黄砂観測装置など、4つの施設を見学しました。







◆参加者の感想
 ・環境科学センターの5つの取組みや業務を初めて知った。
 ・多岐にわたり測定を行っていることや、また、観測データは原則公開しているとの説明を
  聞いて、心強く思った。
 ・始めのうちは難しいと感じたが、説明を聞いているうちに、インターネットで観測データ
  を見られることを知ったり、実際の測定器を見ることができて、よい経験ができた。

(2)富山県立イタイイタイ病資料館

イタイイタイ病資料館
展示室の見学と、語り部の方による体験談を聴いて、イタイイタイ病への理解を深めました。






◆参加者の感想
 ・イタイイタイ病の名前は知っていたが、今回初めて詳しい内容を知った。富山県人として
  当然の知識としなければならないと思った。
 ・入り口の床面から資料があるなど、イタイイタイ病をとても分かりやすく理解できた。
  副館長の説明も詳しくてよかった。
 ・痛い痛いと言いながら亡くなられた方々がかわいそうだった。また、家族の皆さんも大変
  ご苦労された事を思い、言葉がなかった。

第2回 施設見学会

開催日 平成26年10月18日(土)
参加者 20名
テーマ とやまの歴史
見学先 (1)富山県立山カルデラ砂防博物館
    (2)富山県民会館分館 豪農の館 内山邸

(1)富山県立山カルデラ砂防博物館

立山カルデラ砂防博物館
迫力あるジオラマや映像などで、分かりやすく学びました。







◆参加者の感想
 ・模型を見ながら説明を聞いたので、分かりやすかった。
 ・安政の大災害の話が心に残っている。
 ・立山カルデラと砂防についての説明がよかった。特に、砂防工事が現在も続いている理由
  が詳しく分かった。

(2)富山県民会館分館 豪農の館 内山邸

内山邸
内山邸は、映画「春を背負って」のロケ地にもなりました。







◆参加者の感想
 ・一度訪れたいと思っていたので、説明を興味深く聞いた。
 ・映画撮影時の話を交えながら内山邸の歴史を解説されたので、面白かった。
 ・このような場所があったとは知らなかった。とても素敵な場所なので観光のPRに使うと
  よいと思う。

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 電話:076-444-8909  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

経営管理部 広報課
電話:076-444-8909