富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 県政モニター > 施設見学会(平成28年度)

県政モニター

最終更新日:2017年8月18日

施設見学会(平成28年度)

県政モニターの皆さんに、県の施設や事業等の見学・体験を通して県政に対する理解と関心をさらに高めていただき、ご意見やご要望をお聴きする「県政モニター施設見学会」を実施しています。
平成28年度は、次の2コースを実施しました。

第1回施設見学会

開催日 平成28年10月29日(土)
参加者 34名
テーマ とやまのNEWスポット1
見学先(1)富山県立中央病院
   (2)富山県立近代美術館・富山県美術館建設工事現場

(1)富山県立中央病院

富山県立中央病院富山県立中央病院は、3次救急医療を担う救命救急センターとして、また、ドクターヘリ基地病院として、365日・24時間体制で患者さんを受け入れ、本県の救急医療の「最後の砦」としての役割を担っています。
今回は、本年9月に竣工した「先端医療棟」の内視鏡センターと高度画像診断センター、平成27年8月に北陸3県で初めて運航を開始した「ドクターヘリ」とドクターヘリの運行管理室を見学しました。

◆参加者の感想
・最先端、最新鋭検査機器の素晴らしさ、クリアなモニター画像に驚きました。また、救命救急のドクターヘリの活動の多さにも、大変なことと感銘いたしました。
・「先端医療」とは、私にとってはちょっと難題のような気もしていましたが、施設を見学することで、分かりやすく思えました。CT等の映像室を見学できたのは良かったです。
・ドクターヘリの設置状況及び出動・救急体制の案内がとてもよかったです。10分で県内をカバーすることに驚きました。

(2)富山県立近代美術館・富山県美術館建設工事現場

富山県立近代美術館・富山県美術館建設工事現場富山県立近代美術館は、本年12月28日をもって閉館し、来春、「富山県美術館」として富岩運河環水公園に新築移転します。
今回は、現美術館で学芸員より新美術館の概要説明を聞き、常設展示を見学しました。その後、建設中の新美術館の工事現場を見学しました。

◆参加者の感想
・今までは、現在の場所に無くなるのが残念でたまらなかったのですが、直接話が聞けたことで、移転・新築せねばならない理由がよくわかりました。
・工事の工程の説明がとても丁寧でした。また、工事現場では、携わっている方々の熱意を感じました。
・富山県美術館の外観はガラス張りで明るく素敵です。耐震や、立山連峰の眺望、子どもたちの遊び場についても考えているとのこと、うれしいです。来年のオープンが待ち遠しいです。


第2回施設見学会

開催日 平成28年11月7日(月)
参加者 24名
テーマ とやまのNEWスポット2
見学先(1)富山県新湊マリーナ
   (2)富山県リハビリテーション病院・こども支援センター

(1)富山県新湊マリーナ

富山県新湊マリーナ富山県新湊マリーナは、マリンスポーツやレジャー、健康づくりを目的とした施設で、北陸新幹線開業及び「世界で最も美しい湾クラブ」加盟を機に、国際的ブランド「富山湾」のさらなる魅力向上を図るため、平成26年度から拡張整備を進めています。
今回は本年7月より供用が開始された一部施設を見学しました。

◆参加者の感想
・職員の方の説明が分かりやすかったです。日本海側有数の施設とのことですので、利用者が増える事を期待しています。
・「世界で最も美しい湾クラブ」に登録された富山湾、マリーナからの景色が素晴らしかったです。ヨットやボートで颯爽と眺めを楽しめると思います。日本海側最大の収容数もあり、大きな船も受け入れできるとのことで、良いと思いました。
・この施設は富山県の活性化の為の大きな武器になるだろうと感じました。

(2)富山県リハビリテーション病院・こども支援センター

富山県リハビリテーション病院・こども支援センター県では、高度・専門的なリハビリテーション医療を提供するとともに、重症心身障害児等に対する支援を充実・強化するため、高志リハビリテーション病院、高志学園及び高志通園センターの3施設を富山県リハビリテーション病院・こども支援センターとして再編し、整備を進めてきました。
今回は、本年1月に開業した新病院とこども支援センターを見学しました。

◆参加者の感想
・モニターにならないと見学できない施設で、よい勉強になりました。ありがとうございました。孫のいる者として、こども支援センターの充実に感心しました。
・肢体に障害を持っているお子さんがどのように生活し、どのように機能訓練を受けているのかを垣間見ることが出来て、貴重な見学会でした。
・普段、病院では病気やケガの人しか見えていませんでしたが、障がいを持った方もたくさんおられ、その為の設備、携わる人々の必要性が理解できました。

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 電話:076-444-8909  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

経営管理部 広報課
電話:076-444-8909