富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 税務課 > 車検時における納税証明書の提示の省略について

車検時における納税証明書の提示の省略について

最終更新日:2016年4月16日

 国土交通省(運輸支局等)と富山県のシステムを連携させることにより、車検時の自動車税の納税確認が電子化され、平成27年10月から納税証明書の提示が省略できるようになりました。

1 納税確認の電子化とは

 自動車の車検を受ける際には、道路運送車両法の規定により、自動車税に滞納がないことを証明する納税証明書の提示が必要となっています。
 平成27年10月から、国土交通省(運輸支局等)と富山県のシステムを連携させることによって、車検業務を行う運輸支局等において、自動車税に滞納がないという確認を電子的に行うことができるようになりました。
 これにより、車検を受ける際に、運輸支局等に対する納税証明書の提示を省略できるようになりました。

2 開始時期

 平成27年10月1日から

3 注意事項

 車検を受ける車両について、自動車税の滞納があるときは車検を更新できません。
 また、次に該当する場合は、これまでどおり納税証明書の提示が必要です。
(1)自動車税の納付後すぐに車検を受ける場合
  ※自動車税納付後、納付情報がシステムに反映するまでには、最大2週間程度かかり
  ます。
(2)軽自動車・小型二輪自動車の車検を受ける場合
  ※これまでと同様、管轄の市町村が発行する納税証明書の提示が必要です。

関連リンク一覧

関連ファイル

【 情報発信元 】
経営管理部 税務課 電話:076-444-3177  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

経営管理部 税務課
電話:076-444-3177