富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 財政課 > 富山県公共事業評価委員会 > 平成17年度公共事業評価委員会の審議結果

富山県公共事業評価委員会

最終更新日:2018年11月8日

平成17年度公共事業評価委員会の審議結果

委員会審議結果

県の対応方針案どおり

※県の対応方針案
・「計画を一部見直しのうえ事業継続」 3件
 ア 一般国道415号富山東バイパス・・・事業No.1
 イ 県営中山間地域総合整備事業(とやま西部丘陵地区)・・・事業No.21
 ウ 海岸環境整備事業伏木富山港海岸・・・事業No.34
・「事業継続」 36件
 上記以外の事業

(事業の一覧表は関連ファイルをご覧下さい)

主な事業

部局 事業名 地区名等 事業費
(億円)
事業期間
土木 ★国道改築事業 一般国道415号
富山東バイパス
120 H13〜24
土木 地方道改築事業 主要地方道高岡環状線 160 H13〜24
土木 舟川総合開発事業(再々) 舟川生活貯水池 94 H5〜24
土木 海岸侵食対策事業(再々) 伏木富山港海岸 204 H1〜30
土木 ★海岸環境整備事業(再々) 伏木富山港海岸 92 H4〜22
土木 神通川左岸流域下水道事業(再々) 射水市海竜町外 950 H3〜22
農林 県営かんがい排水事業 五位庄地区 37 H12〜21
農林 ★県営中山間地域総合整備事業 とやま西部丘陵地区 33 H12〜19

※主な事業は、再評価対象事業39件のうち、土木部50億円以上、農林部30億円以上のもの
※★の事業は、「計画を一部見直しのうえ事業継続」するもの

見直しの概要

ア 一般国道415号富山東バイパス・・・事業No.1
 JR北陸線との交差地点(富山市田畑地内)について、地質が悪いため「アンダー方式」から「オーバー方式」へ変更するもの。
 これにより、約10億円の事業費の削減が見込まれる。

イ 県営中山間地域総合整備事業(とやま西部丘陵地区)・・・事業No.21
 農村公園(旧福岡町)、交流広場(小矢部市)の整備を取りやめるもの。
 これにより、約1億8千万円の事業費の削減が見込まれる。

ウ 海岸環境整備事業(伏木富山港海岸)・・・事業No.34
 新湊地区において、背後の利便施設(トイレ・シャワー等)の整備を一部取りやめるもの。
 これにより、約1億円の事業費の削減が見込まれる。

委員会における主な意見

・現下の厳しい財政状況を考慮し、事業の実施にあたっては、優先する事業を十分精査し、さらなる重点化に努めること。
・一般国道415号富山東バイパスをはじめ、事業実施にあたっては、さらなるコスト縮減を検討すること。なお、コスト縮減にあたっては、単なるコスト比較だけでなく、長期的な展望に立って住民や利用者からの視点に十分配慮すること。

【 情報発信元 】
経営管理部 財政課 電話:076-444-3167  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

経営管理部 財政課
電話:076-444-3167