富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 文書総務課 > 公園施設等における無人航空機の飛行の規制に関するガイドライン

公園施設等における無人航空機の飛行の規制に関するガイドライン

最終更新日:2015年12月4日

 「公園施設等における無人航空機の飛行の規制に関するガイドライン」を作成しました。
 詳細については、関連ファイルをご覧ください。

1 背景等

 無人航空機については、写真、映像の撮影や施設、設備の維持管理等の分野での利用が拡大する一方で、落下事案が発生するなど、安全、安心面における課題もある。
 このため、国の検討状況を踏まえ、まずは緊急的な措置として、不特定多数の県民が利用する公園施設等における無人航空機の飛行の規制についてガイドラインを定める。

2 規制の趣旨

 無人航空機の頭上からの落下、接触等による県民の生命、身体及び財産への被害防止のための措置として、不特定多数の県民が利用する施設において無人航空機を飛行させる行為を迷惑行為と位置付けて規制するもの

3 飛行を規制する無人航空機(航空法改正案の定義と同じ)

 飛行機、回転翼航空機、滑空機及び飛行船その他の機器であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの

4 実施に向けたスケジュール

 「富山県利賀芸術公園条例等の一部を改正する条例案」を平成27年9月議会に提案のうえ、同年10月中旬の施行を目指す。(※平成27年10月20日から施行されています。)
 既存の規定に基づき無人航空機の飛行を規制できる公園施設等にあってはガイドライン策定後、直ちに適用を予定(※平成27年9月3日から適用されています。)

関連ファイル

【 情報発信元 】
経営管理部 文書総務課 政策法務班 電話:076-444-8701  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

経営管理部 文書総務課 政策法務班
電話:076-444-8701