富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 総合政策局 国際課 > インド・アンドラプラデシュ(AP)州 > ■インド・アンドラプラデシュ(AP)州の概要

インド・アンドラプラデシュ(AP)州

最終更新日:2017年3月28日

■インド・アンドラプラデシュ(AP)州の概要

<首相>

ナラ・チャンドラバブ・ナイドゥ(2014年7〜/任期5年)

<人口>

約4,980万人(日本の約4割、富山県の約46.5倍)

<面積>

160,299平方キロメートル(日本の本州の約7割、富山県の約38倍)

<新州都>

州第二の都市ヴィジャヤワーダ近郊を開発。新州都名は「アマラバティ」
※現州都はハイデラバード(2024年まで)

<地勢>

チェンナイ大都市圏に隣接し、インド東海岸に位置する、インド南部の州。
港が多数あり、東アジアからのアクセスもよいことから、日系企業の新たな投資先、輸出
拠点として注目を集めています。 
また、州都ハイデラバードは、2024年以降、アンドラプラデシュ州から分離独立したテランガナ州の州都となるため、アンドラプラデシュ州は、新たな州都の開発や産業振興を外資も導入しながら急ピッチで進めています。

<気候>

AP州は3月から6月までの間は夏で、この時期の気温は20℃から40℃ですが、地域によっては日中に 45℃に達することもあります。7月から9月までは雨の季節となり、主に北東モンスーンの影響を受けます。10月から2月までは冬の季節で、気温は13℃から30℃までにとどまり、厳しくない冬です。

<産業>

2004年度から2012年度までのAP州のGDPの成長は以下の通りです。
実質GDP 年間平均7.25%増 (インド全体では8%)。各目GDP 年間平均15.25%増 (インド全体では15.58%)
この伸びは主に工業とサービス業によるものです)。 2012年度の各産業のGDPでの割合は、サービス業49.7%、工業23%、農業27.3%となっています。

<GDP>

4兆6418億ルピー(約8兆4000億円)(2013-14年)

【 情報発信元 】
総合政策局 国際課 電話:076-444-3156  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

総合政策局 国際課
電話:076-444-3156