富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 総合政策局 国際課 > 多文化共生の地域づくり

多文化共生の地域づくり

最終更新日:2017年2月9日

富山県が取り組む多文化共生推進事業

 富山県では、平成19年3月に策定し、平成24年3月に改訂した「富山県多文化共生推進プラン」に基づき、多文化共生の地域づくりをめざして、様々な取組みを行っています。

富山県の多文化共生

コミュニケーション支援(生活の基盤づくり)

■外国人相談・通訳サポート((公財)とやま国際センター)
 外国人住民からの相談に多言語で対応しています。また、トリオフォンによる通訳相談にも対応しています。(トリオフォンとは、相談者・通訳・専門機関の三者で通話ができる電話です。)対応言語は英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・ロシア語・ウルドゥ語です。
 詳しくは、画面右側にある「関連リンク」の「とやま国際センター生活相談窓口」をご覧下さい。

■地域日本語教室への支援
 地域の日本語教室が初期クラスを開催する場合に、県から日本語教師の派遣を行っています。
 また、(公財)とやま国際センターが地域日本語教室運営の自立と継続を目的として、専門の運営アドバイザーを派遣する「日本語教室運営アドバイザー派遣事業」への補助を行っています。
〔地域の日本語教室〕
★日本語教室in黒部
 活動場所:黒部市三日市20 黒部市国際文化センター コラーレ
 活動日時:月3回程度 日曜日 10:00〜11:30
★ワイワイ にほんご・たいこうやま
 活動場所:射水市中太閤山13丁目3番地1 射水市立南太閤山コミュニティセンター
 活動日時:毎週土曜日(第一土曜日除く) 19:00〜20:30
 U R L :http://waiwainihongo.jimdo.com/
★氷見市国際交流協会
 活動場所:氷見市中央町12-21 氷見市いきいき元気館内
 活動日時:月3回 土曜日 10:00〜11:30 
★にほんご広場inなんと
 活動場所:南砺市福光5260 福光福祉会館
 活動日時:月2回程度 月曜日 9:30〜11:00
 U R L :http://www.nanto-ykk.org/

※県内には他にも日本語教室が開催されていますので、「関連リンク」の「県内の日本語教室(とやま国際センターのページへ)」をご覧ください。

■定住外国人への文字・読み書き学習教材
『ここからはじめる漢字100−システムで学ぶ生活に役立つ漢字−』
 富山県では、平成24年3月に、定住外国人のための文字・読み書き学習教材を作成・配布しました。
 外国人への日本語の文字・読み書き教育は専門的知識が必要であり、ボランティアがその指導を行うことは難しいとされていますが、この教材は、ボランティアの助けのもとでの外国人の識字学習を可能にすることを目的としています。
 当教材に興味・関心のある方はお問い合わせください。(概要については、画面右側にある「関連ファイルのダウンロード」よりご覧いただけます。)

生活支援

■多言語ラジオ生活情報番組の放送「BOUSAI RADIO」((公財)とやま国際センター)
 FMラジオ放送(FMとやま)を活用し、防災に関する情報を4か国語(やさしい日本語、英語、中国語、ポルトガル語)で提供しています。詳しくは、画面右側にある「関連リンク」の「BOUSAI RADIO」をご覧下さい。(とやま国際センターホームページです。) 

■災害時における外国人対応ガイドブック
 災害時には、外国人住民は特別な配慮が必要な要援護者に位置付けられています。外国人住民が災害に遭ったとき、わたしたちは何をすればいいのでしょうか?一緒に考えてみませんか?
 ガイドブックは、画面右側の「関連ファイルのダウンロード」よりダウンロードしてご覧になれます。

■災害時外国人支援防災訓練事業 
 富山県と(公財)とやま国際センターでは、災害時の外国人支援の要として活躍できる人材の育成を目的に、他県との広域連携を想定した訓練や県総合防災訓練への参加を通した、より実践的な訓練を行っています。

■外国人のための医療機関受診ミニガイド
 外国人の保健、医療ニーズ調査結果を参考に、外国人の方が安心して医療機関(病院や医院)を受診するため役立つ情報をまとめたパンフレットを発行しています。
 詳しくは、画面右側にある「関連リンク」の「外国人のための医療機関受診ミニガイドMedical Guide for Foreigners」をご覧下さい。(県医務課のページです。)

■多文化共生推進研修員の配置
 ブラジルのサンパウロ州から教育経験のある人材を受け入れ、ブラジル人児童が多い市の小学校に配置しています。
 この研修員制度は、日本とブラジル両国で、言葉や学習面など多くの問題を抱えている日系ブラジル人児童を対象に、心のケア、学習支援などをよりきめ細やかに展開することを目的としています。また、研修員と児童との交流や、研修員から児童へのブラジルの文化・生活紹介は、生の多文化理解教育の役割も担っています。

ブラジル人児童への指導補助を行う多文化共生推進研修員               ブラジル人児童への指導補助
        (平成25年度多文化共生推進研修員 ナガオ・ブレナさん)

地域づくり

■講演会やパンフレットによる多文化共生意識の醸成
 講演会やパンフレットをとおして、地域の住民の皆さんに多文化共生について考えてもらうきっかけを提供しています。画面右側の関連ファイルのダウンロードより、多文化共生普及啓発パンフレット「地域・多文化共生ことはじめ」をご覧いただけます。

■とやま国際塾の開催
 国際協力、多文化共生の推進に資する人材育成の一助となることをめざし、例年7月に、高校生を対象とした1泊2日の宿泊セミナーを行っています。
 国際交流員、留学生、海外技術研修員等とともに、富山県内の視察や外国の文化体験、講師を招いての異文化理解講座、JICA事業に関する学習等を通して、国際協力や多文化共生への理解を深めます。

輪になって話す高校生と外国人、中国の蹴羽を体験する高校生、説明を受けながら青年海外協力隊について学ぶ高校生

推進体制の強化

■富山県多文化共生推進連絡会議の設置
 県関係課、市町村、国関係機関、国際交流団体等、全40機関で構成され、多文化共生関連の取組みの進捗状況や外国人住民の現状等について情報交換しています。

【 情報発信元 】
総合政策局 国際課 電話:076-444-3156  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

総合政策局 国際課
電話:076-444-3156