富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 総合政策局 国際課 > とやま名誉友好大使 (Toyama Honorary Friendly Envoy) > とやま名誉友好大使からのお便り(平成15年12月17日更新)

とやま名誉友好大使 (Toyama Honorary Friendly Envoy)

最終更新日:2017年1月6日

とやま名誉友好大使からのお便り(平成15年12月17日更新)

フランク・ベンダー(ドイツ、平成8年度スポーツ国際交流員)

★ 近況 ★
 最近私が働いているスイミングスクールに多くの日本人が習いに来ています。彼らのほとんどは、フランクフルトにある日本語学校の学生です。

★富山について
 私は富山の食べ物、浜辺、人々が大好きです。
 富山県で水泳を教えていた時に、高岡市で妻に会いました。
 私はドイツでしているように、いつか日本で水泳学校を開きたいと考えています。夢がかなうよう願っています。

ギゼレ・ウンガロ・コミニ(ブラジル、平成9年度海外技術研修員)

★ 近況 ★
 指導研究所協会で働いています。ここでは、衛生・健康課での勤務のほか、植物セラピーと漢方薬薬局の技術担当をしています。この分野はとても興味深いです。
 その他に、エスペラント語を勉強しています。この言語は、世界の国々の人が簡単にコミュニケーションができるように作られた言語です。去年、ブラジルで開催されたエスペラント世界会議にも参加し、とてもよい経験ができました。エスペラント語会のコーラスサークルに参加し、エスペラント語とポルトガル語での歌を歌っています。私は歌うことが大好きで、歌うたびに富山のカラオケ店で歌ったことを懐かしく感じます。

★富山県について
 富山県は世界でも誇るべき自然の美しさと豊富さ、伝統的な文化、優秀な企業があると思います。
 もう一度チャンスがありましたら、富山へ戻って研修の時に学んだと同じように新しい技術を習得したいです。
 富山県から送られた漫画(怪物くんの元気とやま)は、富山県を紹介するのにとても面白い発想で、友達や親戚にもみせました。できたら、ポルトガル語か英語に訳してブラジルでも多くの人たちが富山県のことをもっと知ることができるようになればいいです。

★ブラジルについて
 2003年の始めに新しい大統領が就任しました。Lula氏は、元冶金工業の工員で、ブラジル国民の多数の投票を得て当選しました。現在のブラジルは社会的、経済的に力を尽くし、世界で恥ずかしくない国を立てたいという方針があります。

ヘイスティング・グレイ・マトガ(マラウイ、平成10年度海外技術研修員)

★富山県について
 富山県は暖かく地理的に良い位置にあります。
 富山県新世紀計画が実行されれば、富山県は変わり、多くの観光客が訪れるようになると思います。

ポール・マクラウディ・マホーニ(タンザニア、平成12年度海外技術研修員)

★ 近況 ★
 2002年11月21日に2番目の子どもが生まれました。女の子で元気です。

★富山県について
 富山は進んだ発展しつつある県です。そこには良い環境とよく保護された自然があります。人々は寛大で勤勉です。
 私は、名誉大使は国際関係を大きく確立するのに役立つので、良いことだと思います。

【 情報発信元 】
総合政策局 国際課 電話:076-444-3156  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

総合政策局 国際課
電話:076-444-3156