富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 総合政策局 国際課 > とやま名誉友好大使 (Toyama Honorary Friendly Envoy) > とやま名誉友好大使からのお便り(平成17年6月10日更新)

とやま名誉友好大使 (Toyama Honorary Friendly Envoy)

最終更新日:2017年1月6日

とやま名誉友好大使からのお便り(平成17年6月10日更新)

マイケル・マッキンリー(カナダ、平成14年度外国語指導助手)

★富山県について
 富山は大変美しいです。富山での私のお気に入りは富山駅から高山駅まで普通電車に乗ることです。この地域は山や自然がすばらしく、私の最もお気に入りの場所です。山は緑で、水はきれいで、何百年も何千年も変わっていないような感じです。富山市はサイズ的にはいいレベルだと思っています。大きくもなく、小さくもなく、完璧なサイズです。富山の人々は内気ですが、いったん知り合えばすごく親切です。

★もし現在日本に来ることができたら
 もう一度、富山を訪ねてみたいです。1年間住んでいた場所でもあり、友人もおり、私にとっては第2の故郷です。また、一番仲のよい友達が岐阜に住んでいるので、そこも訪ねてみたいです。実際、多くの友人に会いたいので、日本で行きたいところはたくさんあります。カナダでの故郷カルガリーは好きですが、富山についてもすごく想いがあり、第2の故郷です。

★名誉友好大使について
 時々友達が日本の事を聞くので、富山のことを話しています。もしも富山県の人がカナダに来るのであれば、観光スポットの提供などのお世話ができます。何かありましたらお知らせください。
富山は私の人生に大きな影響を与えてくれましたので、私も富山のためにできる限りのことをしたいのです。

宋 麗杰(中国、平成13年度海外技術研修員)

★ 近況 ★
 私の故郷は丹東市の最東端に位置しており、朝鮮民主主義人民共和国とは中国国内で国境線が一番長い都市です。緑色の水が流れる鴨緑江の水で育った丹東市民は真面目で非常に勤勉な心とよい生活習慣を持っています。それに緑が豊富で自然資源、水産品もたくさんあります。
 中国がWTOに加入した後、私の故郷も大きな変化がありました。最近、私が勤めている病院でも資本を拡大して、主に中医を特色とした科学研究項目を作っています。

★もし現在日本に来ることができたら
 もし、また日本に行くチャンスがありましたら、やはり富山に行きたいです。それは、前回の研修時間が短く、また自分の言葉もうまくなかったため、いろんな方面で富山県民との交流がうまくできなかったのです。
 また、県立中央病院で看護技術の勉強をしましたが、そのときの担当の先生及び看護の人たちは親切で、優しくしていただき、家族のような暖かさを感じました。ですから、また富山県で先生や友達に再会できるのを楽しみにしております。

★富山県をもっと魅力的にするには
 富山県の魅力的な方針で数多くの外国人が訪ねてきています。今後、富山県でもっと技術的人材を育てることを目標にし、もっと外国との窓口を作る、もっと多くの外国人が富山で生活・就職するのに便利になること。

★名誉友好大使について
 富山県で勉強・研修して帰国してから、いつも友達や同僚に富山県を紹介しています。富山で学んだ優れた看護技術を病院に報告しましたし、院内刊行物にも掲載し、みんなが県立中央病院の医療技術を理解するようにしました。
 私たち名誉大使に選ばれた人々が一緒になり、お互いに交流・面会できるチャンスがありましたらいいなと思います。

ポール・マクロード・マホーニ(タンザニア、平成12年度海外技術研修員)

★ 近況 ★
 私が富山でホームステイしていた家族の1人(娘さん)が、私の国と私の家族を訪れてくれました。富山からの人と会えたのがうごくうれしいです。日本人はみんな優しいので大好きです。ずっと連絡を取り続けたいです。

★もし現在日本に来ることができたら
 友人のいる富山に行きたいです。また、原子爆弾が落とされ、街が破壊された広島にも行ってみたいです。

★富山県について
 富山の人々は他国語を学んだほうがよいと思います。そうすれば、新しく来る人たちとのコミュニケーションが容易になります。
 また、その美しい自然とすばらしい文化を保存するべきです。さらに、仕事の機会をふやすこと、スポーツや健康の促進のための活動をすることです。

ヘレン・ケネディ(オーストラリア、平成9年度魚津市国際交流員)

★ 近況 ★
 魚津に住んでいた時に、野球がもっと好きになって女子野球を始めました。シドニーへ帰ってから、地元の野球チーム(男女硬式野球)に入って、今シーズンの優勝を目指しています。

★富山県について
 富山にはいい人がたくさんいるので魅力的です。私と主人(リチャード・カー氏:平成9年度とやま名誉大使)が魚津市で暖かく歓迎されたことは一生忘れられないことです。

【 情報発信元 】
総合政策局 国際課 電話:076-444-3156  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

総合政策局 国際課
電話:076-444-3156