富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 総合政策局 国際課 > ロシア沿海地方 > ■トピックス

ロシア沿海地方

最終更新日:2016年11月19日

■トピックス

平成27(2015)年4月/富山県費留学生の来県

 富山県では1992(平成4)年度より毎年度、ロシア沿海地方から留学生を受入れています。
 今年度の受入学生は、ミニグロワ・ロザリヤさん(ロシア・極東連邦大学在学中)で、4月6日(月)に来県しました。ミニグロワさんは来年3月までの1年間、富山大学人文学部に留学生(科目等履修生)として在籍し、日本語、日本文学、日本史などを学ぶほか、富山県庁での研修(国際交流業務の補助等)や、富山の情報発信など、県事業にも協力する予定です。
 4月9日(木)には、中国、アルゼンチンの県費留学生と一緒に、漆畑 富山県観光・地域振興局長に挨拶のため、県庁を訪れました。漆畑局長は「1年間はあっという間。せっかくの留学の機会であり、何事にも一生懸命取り組んで欲しい。」「母国に帰った後は、富山のことを広くPRして欲しい。」と留学生にメッセージを送りました。ミニグロワさんは「富山のいろいろなこと(観光、文化、お祭り、食べ物など)について理解を深めたい」と抱負を述べました。

観光・地域振興局長への挨拶 漆畑観光・地域振興振興局長への来県挨拶(写真右がミニグロワさん)

【富山県費留学生制度(ロシア)】
 富山県の友好提携先であるロシア沿海地方より留学生を受入れ、県内の大学で専門分野における研究を行わせることにより、富山県と沿海地方との相互理解、協力関係を促進するとともに、ロシア及び沿海地方の発展に寄与することを目的とするもの。
 平成27年度で通算31人目の受入学生となる。

平成27(2015)年4月/ロシア沿海地方への富山県職員派遣

 富山県では平成4(1992)年度より、県職員を沿海地方に派遣しています。
 本年4月より1年間、国際課・岩崎渉(いわさき・わたる)主任がロシア沿海地方へ派遣されています。ロシア滞在中は、極東連邦大学でロシア語を学ぶとともに、沿海地方政府での行政研修に励みます。

 4月10日(金)、岩崎主任は漆畑観光・地域振興局長にロシア派遣前の挨拶を行いました。
 岩崎主任は「ロシア沿海地方とは、本県が平成4(1992)年に友好提携を結んで以降、幅広い分野で交流を重ねてきた。現地ではロシア語の習得に励むとともに、ロシアの社会・文化に触れ、本県との幅広い交流の一端を担えるように努力していきたい。」と抱負を述べました。漆畑局長は「日本とロシア、富山と沿海地方の交流の懸け橋になれるよう頑張ってきて欲しい。」と激励しました。
 岩崎主任は歴代18人目のロシア沿海地方派遣職員です。


※派遣職員の現地滞在レポートを県HPに掲載していますので、ご確認ください。

漆畑観光・地域振興局長への派遣前挨拶 漆畑観光・地域振興局長への派遣前挨拶(写真右が岩崎主任)

平成27(2015)年4月/在新潟ロシア連邦総領事の知事表敬

 4月23日(木)、ヤーセネフ・セルゲイ在新潟ロシア連邦総領事が富山県知事を表敬訪問しました。
 ヤーセネフ総領事は平成25(2013)年3月に新潟総領事に着任し、今回の表敬訪問が着任後初の富山県知事への公式表敬となりました。総領事は日本駐在年数が15年以上にわたり、非常に日本語が堪能で、通訳を介さず、流ちょうな日本語で石井知事と懇談を行いました。
 表敬では富山県とロシアの様々な分野の交流について懇談が行われました。経済分野の交流に関して総領事は「ロシアでは様々な見本市が開催されているので、是非、富山県にも出展して欲しい」と述べました。

 ヤーセネフ総領事は、今回、4月23日(木)より開催された「富山県ものづくり総合見本市2015」に参加のため来県していました。

在新潟ロシア総領事の表敬ヤーセネフ総領事による県知事表敬

【 情報発信元 】
総合政策局 国際課 電話:076-444-3156  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

総合政策局 国際課
電話:076-444-3156