富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 総合政策局 > 国際課 > ブラジル連邦共和国・サンパウロ州 > ■サンパウロ州の主な都市・都市圏・富山とゆかりのある市

ブラジル連邦共和国・サンパウロ州

最終更新日:2018年6月2日

■サンパウロ州の主な都市・都市圏・富山とゆかりのある市

<サンパウロ市>

 国民の5%が暮らし、経済は国のGDPの1割を占めるほど中南米一の都市です。 ショッピング街、酒場街、ブライダル街、ビジネス街など特徴を持った地区も数多くあります。 主要都市であるため、移民の数も多く、地区によっては特定の民族の住宅地になっているなど、その国の物産店や文化施設が集まっています。 日系街と呼ばれている「リベルダーデ」(Liberdade)区もあります。
 市内には日本庭園と日本館がある「イビラプエーラ」(Ibirapuera)公園や、南半球最も貴重な所蔵品を有するとされているサンパウロ美術館(MASP)などの観光・文化施設の他、中南米ランキング一位の州立サンパウロ総合大学(USP)と付属の世界有数の毒蛇研究所などの教育・研究施設と、50件を超える大型ショッピングモールや、民族の多様性からなる食材と料理の豊富さを楽しめる飲食店や物産店が無数にあります。 また、文化イベントやビジネスフェアの開催数も規模も中南米最大級で、B3取引所(旧サンパウロ証券・商品・先物取引所BM&F BOVESPA)も市場価値では世界5位です。

<大サンパウロ都市圏(グランデ・サンパウロ)>

 サンパウロ市を中心とし周りの工業都市を含めた経済地域です。 自動車工業が盛んなサン・ベルナルド・ド・カンポ市、サント・アンドレ市、マウアー市や、サンパウロ郊外でありながら商業が盛んなオザスコ市が挙げられます。 また日系人が多く、富山市と友好提携を結んでいるモジ・ダス・クルーゼス市と日系農業組合で有名なコチア市、ブラジルのハブ国際空港があるグァルーリョス市なども含まれています。

<カンピーナス市とカンピーナス都市圏>

 サンパウロ大学に並び有名な州立カンピーナス大学(UNICAMP)の周りに多くのIT企業や電子機器企業が事務所と工場を構えたことから、カンピーナス市は「ブラジルのシリコンバレー」とも呼ばれてきました。 グァルーリョス空港の次の国際ハブ空港、ヴィラコッポス空港もあります。
 インダイアトゥーバ市、スマレー市、アメリカーナ市などには主に自動車や自動車部品の工場や試験サーキットなどの大規模施設が存在します。 また、ジュンジアイー市やヴィンニェード市はワインの産地として有名です。 オランダ移民の影響が強いオランブラ市は花の産地で、中南米最大の花祭りの開催地でもあり、国の花の生産の4割と輸出の8割を賄っています。

<ソロカーバ市とソロカーバ都市圏>

 カンピーナス同様、ソロカーバ市の周りは工業地帯です。 ワイン業で有名なサン・ホッケ市もあります。

<ヴァ―レ・ド・パライーバ圏>

 大サンパウロ都市圏と、サンパウロ州の次の経済都市リオデジャネイロ州を繋ぐ、多様な工業地帯です。 特にサン・ジョゼ・ドス・カンポス市は観光地でもありますが、世界3〜4位の国産旅客機メーカーEMBRAER(エンブラエール)の本拠地です。

<ミランドポリス市>

 富山県人の集団移民先であり、1927年に創立された「富山村」(第三アリアンサ地区)があります。 高岡市と友好提携を結んでいて、県から日本語教師を派遣するなど、今でも富山県との交流を保っています。

【 情報発信元 】
総合政策局 国際課 電話:076-444-3156  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

総合政策局 国際課
電話:076-444-3156