富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 総合政策局 少子化対策・県民活躍課 > 北東アジア地域における男女共同参画の状況調査報告書 > ? 男女共同参画の状況

北東アジア地域における男女共同参画の状況調査報告書

最終更新日:2017年10月31日

? 男女共同参画の状況

1.人間開発

国連開発計画(UNDP)は、人類の進歩を測るための経済成長に代わる指標として人間開発の指標を開発し、世界各国の状況の分析や順位付けなどを行っている。

人間開発指数(HDI)は、平均余命、国民の教育水準、所得水準を用いて算出し、基本的な人間の能力がどこまで伸びたかを測るものである。「長寿を全うできる健康な生活」、「知識」および「人並みの生活水準」の3つの側面での達成度の複合指数である。

ジェンダー開発指数(GDI)は、HDIと同じく基本的能力の達成度を測定するものであるが、その際女性と男性の間でみられる達成度の不平等に注目したものである。

ジェンダー・エンパワーメント測定(GEM)は、女性が積極的に経済や政治に参加し、意思決定に参加できるかどうかを測るものである。HDIやGDIが能力の拡大に焦点を当てているのに対し、GEMはそのような能力を活用し、人生のあらゆる機会に発揮できるかどうかに焦点を当てている。

3つの指数を構成する統計指標は以下の通りである。

表 1 3指数の構成要素
HDI 平均余命、教育水準(成人識字率、就学率)、国民所得
GDI HDI構成要素の男女別指標
GEM 国会議員、行政職および管理職、専門職および技術職に占める女性の割合、女性の国民所得

表 2 HDI、GDI、GEM上位国と北東アジア諸国(出所:人間開発報告書)
HDI(1998年) GDI(1998年) GEM(2000年)
順位 国名 順位 国名 順位 国名
1 カナダ 1 カナダ 1 ノルウェー
2 ノルウェー 2 ノルウェー 2 アイスランド
3 米国 3 オーストラリア 3 スウェーデン
4 オーストラリア 4 米国 4 デンマーク
5 アイスランド 5 アイスランド 5 フィンランド
6 スウェーデン 6 スウェーデン 6 ドイツ
7 ベルギー 7 ベルギー 7 オランダ
8 オランダ 8 オランダ 8 カナダ
9 日本 9 日本 9 ニュージーランド
10 英国 10 英国 10 ベルギー
11 フィンランド 11 フランス 11 オーストラリア
12 フランス 12 フィンランド 12 オーストリア
13 スイス 13 スイス 13 米国
14 ドイツ 14 デンマーク 14 スイス
15 デンマーク 15 ドイツ 15 英国
16 オーストリア 16 オーストリア 16 バハマ
17 ルクセンブルク 17 ニュージーランド 17 バルバドス
18 アイルランド 18 アイルランド 18 ポルトガル
19 イタリア 19 イタリア 19 スペイン
20 ニュージーランド 20 ルクセンブルク 20 ベネズエラ
21 スペイン 21 スペイン 21 アイルランド
22 キプロス 22 イスラエル 22 トリニダード・トバゴ
23 イスラエル 23 キプロス 23 イスラエル
24 シンガポール 24 シンガポール 24 コスタリカ
25 ギリシャ 25 ギリシャ 25 ラトビア
26 香港 26 香港 26 チェコ
27 マルタ 27 ポルトガル 27 エストニア
28 ポルトガル 28 スロベニア 28 スロバキア
29 スロベニア 29 マルタ 29 リトアニア
30 バルバドス 30 韓国 30 エルサルバドル
31 韓国 31 ブルネイ 31 イタリア
62 ロシア 54 ロシア 40 中国(1999年)
99 中国 79 中国 41 日本
117 モンゴル 99 モンゴル(1997年) 53 ロシア
63 韓国

図 1 人間開発指数(HDI)の推移図 1 人間開発指数(HDI)の推移(出所:人間開発報告書)
注)国名の前の数値はHDI順位

人間開発の3指標についてその順位を比較してみる。北東アジア5カ国の中で、日本と韓国は、HDI、GDIは国際的には上位、あるいは中上位にあるが、それに比べればGEMはかなり低い位置にあると言える。これは、基本的な人間の能力開発という点では進んでいるが、女性がそれを発揮する機会が十分でないことを意味する。逆に中国はHDI、GDIはそれほど高くないが、GEMは大きく順位を上げており、女性の社会参画が進んでいると言える。

図 2 3指数の順位比較図 2 3指数の順位比較(出所:UNDP「人間開発報告書」)
注)モンゴルのGEMは不詳

2.女性の社会参画度

GEMを構成する指標の中で、「国会の議席数に占める女性の議員割合」と「行政職・管理職に占める女性の割合」についてみると、GEM上位国は両指標とも高い位置にあるが、日本、韓国とモンゴルは共に10%未満であり、女性の公的部門への参画が進んでいないことが分かる(モンゴルの行政職・管理職に占める女性の割合は不詳)。

また、GEMで順位を上げた中国は、国会議員数割合で、日本の倍以上となっている。ロシアは、行政職・管理職の女性割合が高い。

GEMの上位を占める北欧諸国はHDI、GDI共に上位にあり、これらの国々は女性の基本的能力を高め、なおかつ政治経済社会へ参画する機会が多いと言える。

図 3 女性の参画度比較図 3 女性の参画度比較(出所:図3、4ともに人間開発報告書)
注)( )内は、GEM順位

各国の女性の2000年における国会議員割合は、北東アジア5カ国の中では中国が22%と高く、国会議員5人に1人以上が女性ということになる。他の国についても増えてきてはいるものの、HDI上位3カ国に比べると、かなり低い割合である。
北東アジア地域の各自治体ごとに見た女性議員割合は、国ごとにみた国会議員割合も高かった中国の遼寧省と山東省、さらにモンゴル中央県でも女性議員の割合が20%を超え高い割合となっている。

図 4 女性の国会議員割合図 4 女性の国会議員割合(2000年)
注)2000年における最新の数値

図 5 女性議員割合・自治体比較(2000/01年)図 5 女性議員割合・自治体比較(2000/01年)
(出所:各自治体調べ)
注)( )内は、女性議員数/自治体議会議員数

図 6 女性の行政職・管理職割合(2000年)図 6 女性の行政職・管理職割合(2000年)
(出所:人間開発報告書)

次に、女性の行政職・管理職割合では、モンゴルの数値が不詳であるが、北東アジア地域は総じて低く、ロシアだけが38%とHDI上位3カ国よりも高い割合になっている。

また、女性の専門職や技術者の割合については、北東アジア各国はHDI上位国と比べ遜色のない高い割合を占めており、この分野の参画度は高いと言えよう。中でもロシアでは66%という高い値になっている。

図 7 女性の専門職・技術者割合(2000年)図 7 女性の専門職・技術者割合(2000年)
(出所:人間開発報告書)

これら3つの数値からみると、北東アジア各国では女性の政治経済分野への進出機会が少なく、拡大の余地が残されているということになる。

3.家庭と女性

人々の生き方が多様化する現代においても、結婚は新しい家族形成の第一歩であり、特に女性にとっては人生における大きな節目とも言える。

結婚の状況について、まず婚姻率と離婚率の各国の状況をみると、北東アジア5カ国は、HDI上位国と比べ、婚姻率が高く離婚率が低いということが言えよう。したがって、北東アジア各国は婚姻の継続性が高いということができる。ただし、旧ソ連の国々は世界有数の離婚王国といわれ、ロシアの離婚率の高さは特出している。

一般的に、男女が高い社会的地位や教育と就業機会を持つ国々では、結婚を延期する傾向にある。日本でも近年女性の社会進出が活発化すると共に、晩婚化の傾向が見られる。北欧諸国では更に晩婚化の傾向が見られる。

図 8 婚姻率と離婚率図 8 婚姻率と離婚率(人口千人対)
出所:世界の統計、ほか
注)( )内の数値は、離婚率。国名の上の数値は、調査年

近年、晩婚化が進展しているが、結婚年齢はどうであろうか。各国の静態平均結婚年齢をみると、日本を除く中国、韓国、ロシアの3国は(モンゴルの結婚年齢は不詳)女性は22〜25歳、男性は24〜29歳とHDI上位国や日本と比べ、それぞれ2〜6歳程度若い。しかし、それも次第に上昇してきている。

図 9 静態平均結婚年齢図 9 静態平均結婚年齢(1991/97年)
(出所:世界の女性)

次に世帯の状況をみると、平均世帯人員は、北東アジア各国はHDI上位の3カ国に比べて若干多いと言える。家族形態が多様化する中で、北東アジア各国は出生率が高かったこともあり、また三世代同居世帯が多いところもあるなど、多数の家族によって支え合う家族形態が継承されていると言える。

図 10 平均世帯人員図 10 平均世帯人員(1991/2000年)
(出所:世界の女性、ほか)

日本では、「夫婦同姓制度」は、男女平等の実現の障害となり、また家父長的家制度の枠組みを保存するものとして、「選択性夫婦別姓」制度の実現に向け民法改正議論が活発であるが、北東アジア各国ではすでに「夫婦別姓」が認められている。

ほとんどの女性が結婚を機に姓を変えるということが、特に仕事をする女性にとっては不都合な場合がある。そのことが、女性の社会参画を遅らせる要因の1つであるという考え方もある。一方で、夫婦が違う姓を名乗ることによって家族の一体感を損ねるという考え方があること、また、子どもの姓をどうするかというようなことも課題となっている。

表 3 婚姻後の名字の状況(夫婦別姓の可否)
中国 夫婦別姓
子供の姓は出生時に夫婦いずれかの姓を選択
(一般的に父親の姓を選択することが多い。)
モンゴル 夫婦別姓
韓国 夫婦別姓
子供の姓は出生時に夫婦いずれかの姓を選択
ロシア 夫婦別姓も可能
結婚を機に新たな姓を名乗ってもよい。
ただし、一般的には夫の姓を選択。子供の姓は出生時に夫婦いずれかの姓を選択
日本 夫婦どちらか一方の名字を選択(別姓不可)

【 情報発信元 】
総合政策局 少子化対策・県民活躍課 電話:076-444-3137  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

総合政策局 少子化対策・県民活躍課
電話:076-444-3137