富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 総合政策局 少子化対策・県民活躍課 > 富山県民ボランティア・NPO活動活性化のための指針 > 第2章 ボランティア・NPO活動の特性と役割

富山県民ボランティア・NPO活動活性化のための指針

最終更新日:2005年4月1日

第2章 ボランティア・NPO活動の特性と役割

1 特性

(1)特徴
 行政が公共サービスを提供する場合は、公平性や平等性、均一性が求められ、議会の議決などの手続を要するなどの制約がありますが、自発性、主体性に基づくボランティア・NPO活動は、次のような特徴を有しています。
○機動性:自らの意志と責任で、素早く行動することができます。
○柔軟性:個別的できめ細かなサービスの提供など柔軟な対応ができます。
○先駆性:独自の考え方で先駆的、創造的な取り組みができます。
○多様性:それぞれの価値観で多様なサービスを提供することができます。

(2)無償性、非営利性
 ボランティア・NPO活動に伴う費用については、全額自己負担によるものから、交通費・食費等の実費を受けるもの、一定の報酬を受け取るものまで様々な態様が考えられます。
 ボランティア・NPO活動において無償性は重要な要素の一つですが、実費や謝礼、報酬等の対価を受け取る活動もあると理解することにより、活動の多様性、継続性が高まることが期待されます。
 また、「非営利」とは、無償でなければならないとか、利益を得てはいけないということではなく、利益が生じても、関係者で分配しないということです。
 利益は、NPOの本来の目的である社会貢献活動に使われます。

2 意義・役割

(1)生きがいや自己実現の場
 社会の成熟化に伴い、人々の価値観が多様化し、生きがいや自己実現といった個別的で多様な価値が求められるようになってきています。
 ボランティア・NPO活動は、自己の能力を社会のために活かしたい、問題意識を抱く自己の思いを実現したいという自己実現の場であり、また、活動を通して互いに学び、知識や技術を習得し、社会に対する関心を一層高めるなど、ライフステージの中で自らを高める生涯学習の場でもあります。
 また、本県では、全国に先駆けて高齢化が進行しており、元気な高齢者も急速に増加していくものと見込まれますが、高齢者が、その豊かな経験や知識を活かして、積極的に地域社会に関わっていくことによって、自己の充実や生きがいにつながるとともに、活動を通して世代間の交流が生まれ、活き活きした地域社会の形成に寄与するものと考えられます。

(2)多様な価値観に基づくサービスの提供
 行政は、公平・平等の観点から、均一的・画一的なサービスを提供せざるを得ない面がありますが、NPOは、機動的かつ柔軟な取り組みが可能なことから、行政や企業では対応のできないきめ細かなサービスや効率的で質の高いサ ービスを提供していくことが期待されます。

(3)地域コミュニティの活性化
 地域コミュニティの主体として自治会、町内会等の地縁団体があります。
 経済の発展や都市化の進行、核家族化による家族形態の変化等に伴い、本県においても、県民の生活行動は個別化・多様化してきており、地域のコミュニティ機能が低下してきています。
 ボランティア・NPO活動は、一定の目的や価値観のもとに集い、多様な活動を展開していく中で、地域との連携によるコミュニティの再生・活性化など、参加・共生型の地域社会を形成していく大きな原動力として期待されます。

(4)個性豊かな地域づくりの主体
 平成12年4月に、いわゆる地方分権一括法が施行され、これからは、地方が主体性を発揮し、個性豊かな魅力ある地域づくりを進めていくことが求められています。
NPOは、行政の公平性・平等性の確保や企業の利潤追求といった制約にとらわれない、多様な価値観に基づき柔軟に取り組むことができることから、個性豊かな地域づくりをリードする新たな担い手として期待されます。

(5)新たな雇用の場の創出
 県内の特定非営利活動法人の現状をみると、デイサービスやグループホームなどの介護保険制度に基づく居宅介護サービスを実施している法人が多くなっており、専任の有給職員も大幅に増加しています。
 NPOが、専任スタッフを置いて継続的に活動を展開していくことによって、組織や活動基盤がより安定し、専門性が高まるなど、地域社会のニーズに応じた多様なサービスを提供する事業主体として、新たな雇用の場を創出することが期待されます。

【 情報発信元 】
総合政策局 少子化対策・県民活躍課 電話:076-444-3137  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

総合政策局 少子化対策・県民活躍課
電話:076-444-3137