富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 総合政策局 消防課 > 防災航空センター消防防災航空隊

総合政策局 消防課 防災航空センター消防防災航空隊

〒939-8254 富山市別名字源田割245-2  電話:076-495-3060 FAX:076-495-3066
富山県消防防災ヘリコプター「とやま」
はじめに
 富山県は本州のほぼ中心に位置し、東西90キロメートル、南北76キロメートル、面積は4,247平方キロメートルです。東の県境には「日本の屋根」と呼ばれる北アルプス3,000メートル級の山々があり、黒部峡谷によって立山連峰と後立山連峰に二分されています。
 3,000メートル級の北アルプスから水深1,000メートルの富山湾まで距離は、数十キロメートルしかないため、急流の河川が発達し、山地から流れ出た川は、扇状地を形成しています。


防災航空センター等の体制
 防災航空センターの構成は、所長(県消防課長)、所長代理、航空隊長、副隊長2名、隊員5名、操縦士2名、整備士3名、運航管理1名となっています。(航空隊員は県内消防局、本部から派遣、運航は東邦航空(株)に委託)
 富山県のほぼ中心に位置する富山空港を基地とし、県内全域を約15分でカバーしながら、県民の安全と安心を守っています。


富山県消防防災ヘリコプター「とやま」の紹介
 3,000メートル級の山岳地帯での安定飛行性能や救助活動、機内での作業性などに優れた能力を有する中型ヘリコプター「ベル式412EP型」であります。
 ヘリコプターのカラーは消防のイメージ色である赤(朱)色を基調として、緑色でデザイン、また愛称は県民に分かりやすく親しまれる「とやま」と名づけられました。


消防防災ヘリコプターの任務
 □火災防御活動   ・林野火災、大規模災害等の消火活動・状況把握 
 □救助活動     ・水難、山岳遭難事故等の捜索・救助
           ・災害により孤立した被災者の救出
 □救急活動     ・救急有資格者(救急救命士)による救急処置
           ・重症救急患者の搬送
 □災害応急活動   ・自然災害による被害の状況把握
           ・孤立した被災地への救助物資の搬送
 □災害予防活動   ・災害予防の広報
           ・防災訓練への参加
 □広域災害応援活動 ・緊急消防援助隊及び応援協定に基づく他県への応援活動