富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 総合政策局 消防課 > 住宅用火災警報器のご案内

住宅用火災警報器のご案内

最終更新日:2013年12月7日

 消防法が改正され、新築住宅は平成18年6月1日から、既存住宅は市町村条例で定める日(富山県の全ての市町村は平成20年6月1日)から住宅用火災警報器の設置が義務付けられれています。
 住宅用火災警報器は、熱や煙を感知して、音や光で火事を知らせてくれます。
 詳しくは、県庁消防課または、お近くの消防署へご相談ください。

なぜ設置しなければならないの?

 富山県内の火災による死者数(自殺除く)のうち、約6割が「逃げ遅れ」です。住宅用火災警報器を設置して、火災にいち早く気づき、通報や避難をしましょう。
 県内でも住宅用火災警報器が作動し、大きな火災にならなかったケースがいくつもあります。

どこに設置すればいいの?

・設置義務
 必ず全ての寝室に設置してください。2階に寝室がある場合は、階段にも設置してください。

・設置推奨
 火を扱うことの多い台所にも設置してください。

設置位置は?

 壁に設置する場合は、天井から15〜50cm以内に警報器の中心がくるようにしてください。

 天井に設置する場合は、壁や梁(はり)から60cm以上離れたところに警報器の中心がくるようにしてください。

 エアコンや換気扇がある場合は、吹き出し口から1.5m以上離れたところに警報器の中心がくるようにしてください。

煙式と熱式の違いは?

 煙式は、煙を感知して作動します。寝室に設置しましょう。

 熱式は、熱を感知して作動します。台所に設置しましょう。

どこで買えるの?

 家電販売店やホームセンターなどで購入できます。また、自分で取り付けることができます。
 取り付けたあとは、定期的に作動するか確認してください。

設置して役に立ったことはあるの?

 富山市で台所の電気コンセントから出火しましたが、警報器が作動したため、仮眠していた住民は警報音に気づいて脱出しました。

 高岡市では、家人が鍋をかけたまま外出し、空焚きになりましたが、警報器の警報音と煙で近所の人が気づき火事になりませんでした。

 このほかにもたくさんの例があります。

【 情報発信元 】
総合政策局 消防課 予防係 電話:076-441-4074  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

総合政策局 消防課 予防係
電話:076-441-4074