富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 総合政策局 企画調整室 > 世界遺産登録推進国際シンポジウム2016の開催について

世界遺産登録推進国際シンポジウム2016の開催について

最終更新日:2016年11月23日

 富山県では、「立山・黒部」の世界文化遺産登録に向け、立山カルデラの歴史的砂防施設群を中心とした防災遺産(立山砂防)について、国際的な評価の検証と確立、文化財指定の推進に取り組んでいます。
 今年度の取組みとして、世界遺産の最前線で活躍する専門家による論文を掲載した英語版冊子を作成し、これを基礎資料として国際シンポジウムを行い、立山砂防の世界遺産登録に向けた世界的な戦略を議論します。

※申込み方法については関連ファイルをご覧ください。 

世界遺産登録推進国際シンポジウム2016―立山砂防の防災システムを世界遺産に

◆日時 平成28年12月11日(日)14時〜17時(開場13時30分)

◆場所 富山県民会館304号室(富山市新総曲輪4−18)

◆定員 200名(入場無料・要事前申込)

◆プログラム(日英同時通訳)
・講演1
「自然と共生した世界に誇れる防災遺産・立山砂防」(仮)
 石井 隆一 氏(富山県知事)
・講演2
「立山砂防の防災システム―その顕著で普遍的な価値の包括的考察」(仮)
 西村 幸夫 氏(日本イコモス国内委員会委員長)
・ユースプログラム発表
・パネルディスカッション
【コーディネーター】
☆西村 幸夫 氏(日本イコモス国内委員会委員長)
【パネリスト】
☆アンドレアス・ゲッツ 氏(前スイス環境庁次官)
☆五十畑 弘 氏(日本大学生産工学部教授)
☆クリスティーナ・キャメロン 氏(モントリオール大学教授)
☆松浦 晃一郎 氏(前ユネスコ事務局長)
☆石井 隆一 氏(富山県知事)

◇同時開催!「世界遺産の中の土木」パネル展

主催 富山県世界遺産登録推進事業実行委員会

【 情報発信元 】
総合政策局 企画調整室 世界遺産・ふるさと教育・越中万葉等担当 電話:076-444-4604  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

総合政策局 企画調整室 世界遺産・ふるさと教育・越中万葉等担当
電話:076-444-4604

関連ファイル