記載例 様式はe とやま.net からダウンロードできます。

平成○○○○○○
富 山県労働委員会会長 様
申立人  名     称 ○○○○労働組合  
代表者職氏名  執行委員長 ○○○○  印 
(個人の場合は氏名 ○○○○ 印) 
※記名押印の代わりに署名でも可 

不 当 労 働 行 為 救 済 申 立 書
 労働組合法第7条第○ 号、第○号に該当する行為があったので、労働委員会規
則第32条の規定により、下記の通り申し立てます。
1 当 事 者

所   在   地  ○○市○○町○番○号
  申 立 人 名       称  ○○○○労働組合

代表者職氏名   執行委員長 ○○○○


所   在   地  ○○市○○町○番○号
  被申立て人 名       称  ○○○○株式会社

代表者職氏名   代表取締役 ○○○○
2 請求する救済の内容
  労働委員会から被申立人に対して、どのような命令を出してもらいたいかを、
 次の例を参考に具体的に記載してください。
 【例】
 [1号関係の場合 (不利益取扱い等)]
  ・被申立人は、○○○○に対する平成○○年 ○月○○日付け解雇を取り消し、
  解雇前の現状に復帰させ、解雇当日から復帰 するまでの期間の賃金相当額を
  支払わなければならない。
  ・被申立人は、○○○○に対する平成○○年○月○○日付け配置転換命令を
  取り消し、原職に復帰させなければならな い。
  ・被申立人は、各申立人組合員について、平成○○年○月○○日現在におけ
  る賃金等級を同日にさかのぼって別紙のとお り是正し、是正によって支払われ
  るべきである諸給与相当額から、すでに支給 された諸給与相当額を差し引いた
  金額を支給しなければならない。
 [2号関係の場合 (団体交渉拒否)]
  被申立人は、申立人組合の申し入れた年末一 時金についての団体交渉を、上
  部団体の役員が出席することを理由に拒否し てはならない。

 


 
 


 
 

 [3号関係 の場合 (支配介入等)]
  被申立人 は、申立人組合員に対し組合からの脱退を勧奨するなどして、組合の
 運営に支配介入してはならない。
 [4号関係 の場合 (報復的不利益取扱い)]
  被申立人 は、○○○○労働組合が平成○○年○月○日に富山県労働委員
 会に不当労働行為の救済を申立てをしたこと を理由に、同組合員の昇給額を
 の社員に比べて低額に決定してはならない。

3 不当労働行為を構成する具体的事実
 (1)申立人の状況
   組合結 成年月日、組合員数、上部団体等を記載してください。
  【例】
   組合 は、○○○○株式会社に勤務する労働者を構成員とし、平成○○年○月
  ○○日に結成され、申立時の組合員数は○○ 人で、不当労働行為が行われた
  事業所に所属する組合員数は○○人である。 上部団体は○○○○仁加盟して
  いる。
 (2)被申立人の状況
   事業内 容、従業員数等を記載してください。
  【例】
   会社 は、○○製造を業務内容とし、平成○○年○月○○日に創立された。
   資本金は○○○○万円で、申立時の従業員 は○○人である。
 (3)不当労働行為が行われるまでの労使関係
   経過、 背景等を、日時を追って簡潔に簡潔に記載してください。
  【例】
   組合設 立当初、多少のトラブルはあったものの、比較的円満な労使関係が形
  成され、多くの労働諸条件が改善されてきた が、平成○○年○月に発生した○
  ○問題を契機として、会社と組合は対立状態 に入った。
   この中で不当労働行為が行われたのであ る。
 (4)不当労働行為の事実について
   請求す る救済の原因となった事実を、日時を追って具体的かつ明確に記載し
  てください。
 [1号関係の場合]
   不利益 な取扱いのあった年月日、理由及び不利益取扱いされた者の組合活
  動が不利益取扱いの真の理由であるという事 実とその主張を記載してください。
  【例】
   平成 ○○年○月○○日、会社は○○○○を勤務成績不良であるとの理由に
  より文書で解雇を通告した。これについて会 社は、遅刻、早退等を具体的解雇
  理由としているが、○○○○よりも遅刻、早 退が多い社員が他にもいるにもかか
  わらず、会社はそれらの社員に何の処分も 行ってきていない。

 


 
 


 
 

    むしろ、解雇の真のねらいは、平成○○年○月から○月にかけての賃上げ交
  渉において、会社設立以来初めての10日間 に及ぶストライキを実施するなどした
  執行委員長○○○○の活発な組合活動を嫌悪 し、○○○○を企業外に排除する
  ことによって組合の弱体化を企図したものに ほかならない。
 [2号関係の場合]
    団体交渉を申し入れた年月日、交渉事項並びに使用者が団体交渉を拒否した
  年月日及びその理由を記載してください。
  【例】
    平成○○年○月○○日、組合は会社に対し、○○項目にわたる労働条件改善
  の要求書を提出し、併せて当該要求について の団体交渉を平成○○年○月○○
  日○時から、会社会議室において行いたい旨 申し入れた。これに対し、会社は、
  上部団体の役員が出席することを理由に団体 交渉を拒否した。会社の拒否理由
  には何ら正当なものはない。
  したがって、会社の行為は不当労働行為であ る。
 [3号関係の場合]
    使用者が労働組合の運営に支配介入した事実を、いつ、誰が、どこで、誰にど
  のように、どうした、というように記載して ください。
  【例】
    平成○○年○月○○日○時ころ、常務取締役○○○○は、会社応接室で組合
  員○○○○に対して「組合が強いと会社の経 営上困るので、悪いようにはしない
  から組合を脱退してくれ。」と組合脱会届を 机の上に広げて、執拗に説得した。
  このような行為は不当労働行為である。
 [4号関係の場合]
    不利益な取扱いのあった年月日、理由及び不利益取扱いされた真の理由が不
  当労働行為の救済申立てをしたこと等である という事実とその主張を記載してくだ
  さい。
  【例】
    平成○○年○月○日に行われた昇給発令において、○○○○労働組合の組合
  員は、他の社員に比べて著しく低額に決定さ れた。会社は、勤務成績を客観的に
  評価した結果だと主張するが、社員管理台帳 など決定の基礎となった資料の開示
  を一切拒否していることなどから会社の主張 はまったく根拠がない。
   むしろ、平成○○年○月ころ、常務取締役 ○○○○が、組合が平成○○年○月
  ○日に富山県労働委員会に不当労働行為 救済申立てしたことに対して、「○
  ○○○労働組合をこのままにはしておかな い。」と発言しており、今回の差別的昇
  給発令は、富山県労働委員会に不当労働 行為救済申立てを行ったことに対する
  報復的な不利益取扱いと考えざるを得な い。