個 別あっせんの流れ
 
あっせんの申出
 ・ 県内にある事業所に勤務 する(してい た)労働者、使用者のどちらか らでも
  申出ができます。
 ・ 労働委員会事務局にて事情をお聞きした上で、申出書を提出していただき
  ます。(申出書は、当日、事務局で作成できます。)


相手方の事情聴取
 ・ 事務局職員が、相手方(被申出者)から事情や主張を聞 き、あっせん の開始
  に応じるように要請します。
 ・ 相手方があっせんの開始に応じなかった場合は、不開始となります。


あっせん員の指名
 ・ 事件を担当するあっせん員3名(公益側、労働者側、使 用者側の委員 各1名)
  を指名し、その指名とあっせんの開催日を労使双方に通知します。


あっせんの実施
 ・ あっせんは、労使双方が出席して行います(非公開)。
 ・ あっせん員が、労使双方から別々に事情や主張を聞きながら、お互いが
  歩み寄って折り合える合意点を見出し、解決を目指します。
 ・ あっせん員が、合意案を提示することもあります。
  (受諾するかどうかは自由です。)


終    結
 ・ 解 決 : 合意が成立した場合は、その内容を文書に作成して、双方で
        取り交わします。
 ・ 打切り : お互いの主張がかけ離れて歩み寄りがみられない場合は、
        打切りとなります。