ホーム >常設展

常設展示「近代水墨画の系譜」

 水墨画に傾倒した作家の多くは、世俗の評価を超越した独自な精神世界に生きる傾向が強く、わが国の画壇においてしばし ばみられる師弟関係を中心とした“系譜”は希薄といえます。
 このことをふまえ、水墨美術館の美術品の収集方針は、「わが国には、江戸期まで土佐派、狩野派、琳派、四条円山派、文人画派などの画派があり、明治以降 はこれらの伝統を受け継ぎながら新たな日本画を創造した竹内栖鳳、横山大観、前田青邨、安田靫彦などの作家が輩出した。そして、水墨画の分野にも、日本近 代水墨画とでも言うべき画業を残した。水墨美術館では、これらの近代水墨画の優れた作品を収集して、未だ極めて乏しいこの分野に関する一般への関心を高 め、ひいては、東洋絵画芸術のもっとも重要な領域である水墨画と墨の芸術を啓発する」と定めています。
 「近代水墨画の系譜」に展示する作品としては、富岡鉄斎、竹内栖鳳、横山大観、菱田春草、小林古径、入江波光、堂本印象、横山操、加山又造など、約30 人の作家の作品を収蔵しており、展示室では常時約25点を展示します。
 芸術に精神性が乏しくなったといわれる今日、色彩豊かで華やかな絵画では決して味わえない、水墨画ならではの精神世界を体験していただければ幸いです。

常設展観覧料

一 般 200円(団体160円)
大学生 160円(団体100円)
高校生以下(※印参照)無 料
※常設展観覧料は、近代水墨画の系譜・下保昭作品室共通です。
※( )内は20人以上の団体料金です。
※小学校・中学校・高校等の児童・生徒及びこれらに準ずる方、各種障害者手帳をお持ちの方は観覧無料です。

→常設展示作品 リスト

常設展示「下保昭作品室」

 下保昭(昭和2年~ 富山県砺波市生まれ)は、自然界のエネルギーと東洋的な無常観を表現する独自の水墨画により、日本を代表する作家として現在注目を集める一人です。水墨美術館では、平成5年に(財)何必館・京都現代美術館長の梶川芳友氏より寄贈していただいた作品、第9回京都市美術展(1957年)の出品作品から「下保昭1991展」までの100点に加え、新たに作家自身から「日本の山水」シリーズの作品などが寄贈され、合計約130点の作品が収蔵されています。今日まで50年に及ぶ下保昭の画業の大要を知ることができるコレクションの中から、常時約15点を展示しています。

常設展観覧料

一 般 200円(団体160円)
大学生 160円(団体100円)
高校生以下(※印参照)無 料
※常設展観覧料は、近代水墨画の系譜・下保昭作品室共通です。
※( )内は20人以上の団体料金です。
※小学校・中学校・高校等の児童・生徒及びこれらに準ずる方、各種障害者手帳をお持ちの方は観覧無料です。

→常設展示作品 リスト

-201703.js">