「日本のわざと美」展 −重要無形文化財とそれを支える人々−
 
1999年10月23日(土曜)〜11月23日(祝日)

 日本の伝統工芸は、古くから暮らしの中に用いられ、生活に密着しながら永い年月を経て、日本文化の美として結晶したものです。  
 本展では重要無形文化財保持者(いわゆる人間国宝)の代表作品など約150点を展示し、今日ともすれば忘れられがちな日本の伝統工芸の素晴らしさを再確認しようとするものです。
 

【陶芸】

図版 とみもとけんきち作「いろえきんぎんさいかざりつぼ」

富本憲吉
色絵金銀彩飾壷
昭和28年
文化庁所蔵


【竹木工】

図版 おおのしょうわさい作「くわづくりせんぞうがんはこ」

大野昭和齋
桑造線象嵌箱
平成2年
文化庁所蔵


【漆芸】

図版 あかぢゆうさい作「まげわづくりまりがたじきろう」

赤地友哉
曲輪造毬形食籠
昭和59年
文化庁所蔵


【金工】

図版 かなもりえいいち作「ぞうがんちゅうどうろっかくはないけ」

金森映井智
象嵌鋳銅六角花生
昭和54年
富山県水墨美術館所蔵

 
※掲載図版の無断転用・転載を禁じます。
 
主催 文化庁・富山県教育委員会・富山県水墨美術館・読売新聞北陸支社・富山テレビ放送
後援 NHK富山放送局
会期 1999年10月23日(土曜)〜11月23日(祝日)
観覧料 一般 500円(団体400円) 高大生 400円(団体300円) 小中生 250円(団体180円)
※団体料金は20名以上。
常設展観覧料(近代水墨画の系譜・下保昭作品室共通)
一般 200円(団体160円) 高大生 160円(団体100円) 小中生 100円(団体60円)
※団体料金は20名以上。
開館時間
午前9時30分から午後5時まで(入室は午後4時30分まで)
休館日
月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日、12月28日から翌年1月4日まで
問合せ
富山県水墨美術館 〒930-0887 富山市五福777番地
Tel.076-431-3719  Fax.076-431-3720

  企画展リストへ戻る