よこやまたいかん展
 
写真 横山大観展 展示室内風景
開館記念横山大観展」展示風景(展示室1)

1999年4月29日(祝日)〜5月30日(日曜)

 横山大観は、明治元年茨城県水戸市に生まれ、上京して富山県出身の結城正明に毛筆画の指導を受けています。東京美術学校の第一回生として卒業後、岡倉天心の考えに共鳴し、日本美術院の設立に参加しました。生涯、東洋画の伝統をふまえた新しい日本画の創造に力を尽くした、名実ともに近代日本画壇を代表する作家です。
 朦朧体と呼ばれる没線描法による作品を発表した明治30年代には、いくども富山県を訪れ、富山の風景を描いています。その後も、琳派等の技法を取り入れた色彩豊かな作品を発表する一方、水墨画の超大作「生々流転」をはじめとする多くの水墨画の名作を残しています。
 この展覧会では、大観の初期から晩年までの彩色画と水墨画約50点を展示し、東洋美術の精神を受け継ぎながら、近代化につとめ、気宇壮大な芸術を樹立した大観芸術を紹介します。
 
主催 富山県水墨美術館・北日本新聞社・北日本放送
   
後援 NHK富山放送局
   
会期 1999年4月29日(祝日)〜5月30日(日曜)
   
観覧料 一般900円(団体700円) 高大生650円(団体500円) 小中生450円(団体320円)
  ※団体料金は20名以上。

  企画展リストへ戻る