ホーム >企画展 >山中暦日 ささやかな日常のきらめき

山中暦日 ささやかな日常のきらめき 水墨美術館の収蔵作品から

「山中暦日(さんちゅうれきじつ)」とは、人里から離れ山奥でのんびりと暮らすことを表します。「山中暦日無し」ともいい、山奥でゆったりと暮らすと、月日がたつのを忘れてしまう、という意味です。さまざまな困難と向きあって暮らす日々の中で、現実の不安やストレスを少しだけ癒し、ゆったりとした時間を過ごしていただければと願い、富山県水墨美術館の収蔵作品を、4つのテーマから紹介します。
紹介するどの作品も、時代をさかのぼることはあっても、わたしたちの生活からそうかけ離れたものではありません。ささやかな日常の風流を楽しむ心や穏やかな生活、日本の自然や風土、そして小さな命を愛でる気持ちに思いをはせていただき、心静かに作品と対話していただければ幸いです。

会期

2020年7月18日(土曜)~9月6日(日曜)

会期中の休館日

月曜日(ただし8月10日、8月31日は開館)

開館時間

午前9時30分から午後6時まで(入室は午後5時30分まで)

観覧料

検討中です。決定次第掲載します。

主催

富山県水墨美術館、北日本新聞社

一、山紫水明

自然の景観が澄みきって美しいことです。みなさんによく知られている風景や画題で、この展覧会が始まります。

二、雪月風花

四季の季節を楽しみ愛でる風流な生活のことです。何気なく過ごす日々にも、わずかずつ季節の歩みがあります。

三、一切衆生

この世に生きる、すべてのもののことです。無限に連なってゆく命に、作者の心は大きく揺り動かされたことでしょう。

四、晴耕雨読

心静かにのんびりとのどかに暮らすことです。人もまた、自然の一部として生きていることを作品が教えてくれます。