ホーム >企画展 >「日本のわざと美」展−重要無形文化財とそれを支える人々−

「日本のわざと美」展
−重要無形文化財とそれを支える人々−

この展覧会では、重要無形文化財保持者(いわゆる「人間国宝」)176人の作品179点と保持団体16団体の作品21点と、それらを支える選定保存技術の関係資料を紹介します。
本県は、文化財保護法制定後、第一次の指定で重要無形文化財「鉄釉陶器(てつゆうとうき)」の保持者に認定された石黒宗麿(いしぐろむねまろ)や「長板中形(ながいたちゅうがた)」の保持者・松原定吉(まつばらさだきち)、「彫金(ちょうきん)」の保持者・金森映井智(かなもりえいいち)らを輩出し、現在、「鋳金(ちゅうきん)」の大澤光民(おおざわこうみん)が活躍しています。
伝統工芸の最高峰の「わざ」と「美」をご覧いただき、その歴史や奥深さをあらためて感じ、これらを守り継承していくことの重要性に思いを致していただければ幸いです。

会期

2017年11月17日(金曜)~12月17日(日曜)
※12月4日(月曜)から展示作品が一部変わります。

休館日

月曜日(ただし、11月24日は開館)

開館時間

午前9時30分から午後6時まで(入室は午後5時30分まで)

観覧料

[前売り] 一般のみ550円
[当日]一般700(550)円 大学生500(380)円
※前売券の販売期間は、11月16日(木曜)までです。
※( )内は20人以上の団体料金です。
※この料金で常設展も観覧できます。
※小学校・中学校・高校等の児童・生徒及びこれらに準ずる方、18歳以下の方、各種手帳をお持ちの方は観覧無料です。

主催

文化庁、富山県教育委員会、富山県水墨美術館、北日本新聞社、北日本放送

特別協力

東京国立近代美術館

鼎談「富山のわざと美(仮題)」

日時 12月2日(土曜)14時から
会場  映像ホールにて
※聴講無料

大澤光民氏(重要無形文化財「鋳金」保持者・高岡市在住)
原田一敏氏(ふくやま美術館館長)
諸山正則氏(東京国立近代美術館特任研究員)

製作実演

伊勢型紙技術保存会
日時 11月25日(土曜)・26日(日曜)10時〜12時/13時〜16時
会場  エントランスホール

浮世絵木版画彫摺技術保存協会
日時 12月9日(土曜)・10日(日曜)10時〜12時/13時〜16時
会場  エントランスホール

※見学無料

ワークショップ

それぞれ、全4回(各回で完結)開催します。
お申し込みは、水墨美術館まで電話・ファックスで、お名前、ご連絡先、何月何日のどの部をご希望かお伝え下さい。

伊勢型紙でミニ色紙をつくろう(伊勢型紙技術保存会)
日時 11月25日(土曜)・26日(日曜)午前の部10時〜12時/午後の部13時30分〜15時30分
会場  エントランスホール
講師 伊勢型紙技術保存会
対象 小学校4年生以上(刃物を使うため、小学生は保護者同伴)
材料費 250円(当日、受付時にお支払いください)
定員 各20名

浮世絵の技で年賀状をつくろう(浮世絵木版画彫摺技術保存協会)
日時 12月9日(土曜)・10日(日曜)午前の部10時〜12時30分/午後の部13時30分〜16時
会場  エントランスホール
講師 浮世絵木版画彫摺技術保存協会
対象 小学校5年生以上(刃物を使うため、小学生は保護者同伴)
材料費 1,300円(当日、受付時にお支払いください)
定員 各10名

※要事前申込み、要材料費

学芸員による作品解説会

日時 11月18日(土曜)、12月16日(土曜)14時から

※いずれも展示室入場用の観覧券が必要です。

とやま室内楽フェスティバル2017
ミュージアムコンサート in 富山県水墨美術館

「フルートと管弦楽の高貴な響き」
日時 11月29日(水曜)15時〜
※入場無料