富山県水墨美術館

ホーム > 企画展 >あつまれ墨画アーティスト 水を描く・水で描く

あつまれ墨画アーティスト 水を描く・水で描く

 当館では、毎年夏に水墨画を描く子ども向けワークショップを開催しています。今年は8月22日に画家の鈴木敬三氏(愛知県在住)を講師に迎えて、ワークショップ「のぞいてみよう水の中」を開催しました。展覧会「集まれ墨画アーティスト」では、県内外の美術館や博物館が所蔵する作品や当館のコレクションに、ワークショップで子どもたちが作った作品と講師作品を併せて紹介します。
 今年の展覧会のテーマは「水を描く・水で描く」です。水墨画は、文字どおり水と墨で描いた絵画です。素材はとてもシンプルですが、この水と墨のバランスに筆の運びが加わることによって、実に豊かな表現が生まれます。また、形が定まることがなく常に変化する水には、これまで多くの画家が画題として挑んできました。悠々と流れる水の風景だけでなく、ほとばしり弾ける水や生き物を育む水、さらに日本の湿潤な大気や凍てつく雪世界など、作品には形態を変えた表情豊かな水の様相が現れます。この展覧会では、水墨画に彩画を加え、多彩な水の姿を紹介します。年代を問わず、その奥深さや表現することの楽しさを感じていただければ幸いです。

会期

2016年12月2日(金曜)~2017年1月22日(日曜)

休館日

月曜日(ただし、1月9日は開館)、12月29日(木曜)〜1月3日(火曜)、1月10日(火曜)

開館時間

午前 9時30分から午後6時まで(入室は午後5時30分まで)

観覧料

[当日]一般500(400)円 大学生400(300)円 [前売]一般のみ400円
※前売券の販売期間は、12月1日(木曜)までです。
※( )内は20人以上の団体料金です。
※この料金で常設展も観覧できます。
※小学校・中学校・高校等の児童・生徒及びこれらに準ずる方、各種障害者手帳をお持ちの方は観覧無料です。

主催

富山県水墨美術館、富山県水墨美術館友の会、北日本新聞社、富山テレビ放送

瀑布白糸平川敏夫《瀑布白糸》
2001年 豊橋市美術博物館蔵

碧南にて(げんごろう)藤井達吉《碧南にて(げんごろう)》
碧南市藤井達吉現代美術館蔵

ウォーターフォール千住博《ウォーターフォール》
1995年 富山県立近代美術館蔵

急湍川合玉堂《急湍》
1951年頃 高岡市美術館蔵

煙雨大智勝観《煙雨》
富山県水墨美術館蔵

遊鯉入江波光《遊鯉》
1935年 富山県水墨美術館蔵

それぞれの場10鈴木敬三《それぞれの場10》
2014年 作家蔵