富山県水墨美術館

ホーム > 企画展 > 水美のベスト版 所蔵名品展

水美のベスト版 所蔵名品展

 富山県水墨美術館は平成11年の開館以来、富岡鉄斎や横山大観、竹内栖鳳といった、明治以降の近代日本を代表する作家が、墨を主に用いて描いた作品を中心に収集してきました。開館から15年以上が経過し、次第に充実してきたコレクションは、これまで常設展示で紹介するほか、テーマを設けた収蔵品展などで紹介してきましたが、同じ作家の作品を複数展示したり、扉風などの大型作品を紹介する機会は限られます。そこで本展では、美術館の全ての展示室を使用して、当館のコレクションの中から厳選した代表的な作品を「ベスト版」として一堂に展示します。ぜひこの機会に、庭で咲き誇る桜と共に、当館が収蔵する名品の数々をお楽しみください。

会期

2016年4月1日(金曜)~17日(日曜)

休館日

月曜日

開館時間

午前 9時30分から午後6時まで(入室は午後5時30分まで)

観覧料

[当日]一般300(230)円 大学生200(150)円
※( )内は20人以上の団体料金です。
※この料金で常設展も観覧できます。
※小学校・中学校・高校等の児童・生徒及びこれらに準ずる方、各種障害者手帳をお持ちの方は観覧無料です。

主催

富山県水墨美術館、北日本新聞社、富山テレビ放送

彩瓷柿文壺 小林古径「牡丹(白)」※
昭和18〜19年(1943〜1944)年頃

黒釉葉文茶碗 菱田春草「竹林」※
明治42(1909)年頃 この他「四季山水」も展示!

鉄絵荒蕉文図平鉢 村上華岳「月天」
大正14(1925)年 
華岳作品全10点展示!

書「たらちねの・・・」 横山大観「木立に白鷺」※
明治37(1904)年
大観作品全5点「立山遠望」「瀑布四題」「雪後」「雨後之山」を展示!

双龍図屏風風冨田渓仙「淀」
大正6(1917)年

双龍図屏風風東山魁夷「山」
昭和15(1940)年

龍虎図 山崎覚太郎「空」
昭和25(1950)年

龍虎図 富岡鉄斎「普陀落迦山」
明治20(1887)年

龍虎図 橋下関雪「瀟湘八景(洞庭秋月)」
大正5(1916)年頃

上記※印の作品は常設展示室で展示します。