富山県水墨美術館

ホーム > 企画展 >あつまれ墨画アーティスト 龍虎召喚!水墨で描かれた霊獣たち

あつまれ墨画アーティスト 龍虎召喚!水墨で描かれた霊獣たち

 当館では、毎年夏に水墨画を描く子供向けワークショップを開催しています。今年は8月10日に出光美術館学芸員の笠嶋忠幸氏を講師に迎えて、ワークショップ「水墨でつくる鯉と龍」を開催しました。展覧会「あつまれ墨画アーティスト」では、ワークショップで子供たちが作った作品を、県内外の美術館、博物館等が所蔵する作品や当館のコレクションと併せて紹介します。
 今年のテーマは「龍虎召喚!」です。日本美術の伝統的な題材として古くから描かれてきた龍と虎を中心に、霊獣を水墨で描いた作品を展示します。江戸時代初期に活躍し、水墨画の傑作を残した俵屋宗達が描いたと伝えられる《雲龍図》や、明治期を代表する日本画家、橋下雅邦が金屏風に墨で描いた迫力満点の《双龍図屏風》、そして富山ゆかりの江戸時代後期の絵師、岸駒を筆頭に、岸駒を租とする岸派の絵師が描いた虎図など、見所満載です。時代と共に移り変わる龍虎の姿と、子供たちの作品を通して、水墨表現の広がりをご堪能ください。

会期

2015年12月4日(金曜)~2016年1月17日(日曜)

休館日

月曜日(ただし1月11日は開館)、12月24日(木曜)、12月28日(月曜)?1月4日(月曜)、1月12日(火曜)

開館時間

午前 9時30分から午後5時まで(入室は午後4時30分まで)

観覧料

[前売り]一般のみ400円
[当日]一般500(400)円 大学生400(300)円
※( )内は20人以上の団体料金です。
※この料金で常設展も観覧できます。
※小学校・中学校・高校等の児童・生徒及びこれらに準ずる方、各種障害者手帳をお持ちの方は観覧無料です。

主催

富山県水墨美術館、富山県水墨美術館友の会、富山新聞社、北國新聞社

共催

富山テレビ放送

双龍図屏風風 橋下雅邦「双龍図屏風」
神奈川県立歴史博物館所蔵

龍虎図 岸慶「龍虎図」(左隻)
城端別院善徳寺所蔵

雲龍図 俵屋宗達 伝「雲龍図」
東京藝術大学所蔵

虎前脚後脚 「虎前脚後脚」
富山市佐藤記念美術館所蔵

白龍図 都路華香「白龍図」
当館所蔵