富山県水墨美術館

ホーム > 企画展 > 超絶技巧!明治工芸の粋

超絶技巧!明治工芸の粋

 鋭い観察眼から生まれた本物と見まがうほどのリアリティ、文様をミリ単位で刻み、彩色し、装飾を施す繊細な手仕事。明治時代、表現力・技術ともに最高レベルに達した日本の工芸品は、万国博覧会にも出品され海外の人々を驚嘆させました。しかし、その多くは外国の収集家や美術館に買い上げられたため、日本で目にする機会にはほとんど恵まれませんでした。
 その知られざる存在となりつつあった明治の工芸の魅力を伝えるべく、長年をかけて今や質・量ともに世界随一と評されるコレクションを築き上げたのが村田理如(むらたまさゆき)氏です。本展では、村田氏の収集による清水三年坂美術館(京都)の所蔵品から選りすぐりの逸品を一堂に紹介します。並河靖之(なみかわやすゆき)らの七宝、正阿弥勝義(しょうあみかつよし)らの金工、柴田是真(しばたぜしん)・白山松哉(しらやましょうさい)らの漆工、旭玉山(あさひぎょくざん)・安藤緑山(あんどうろくざん)の木彫・牙彫をはじめ、京薩摩の焼きものや印籠、刺繍絵画など、多彩なジャンルにわたる約160点の優品をとおして、明治の匠たちが魂をこめた、精密で華麗な「超絶技巧」の世界をお楽しみください。

会期

2015年6月26日(金曜)~8月16日(日曜)

休館日

月曜日(ただし、7月20日は開館)、7月21日(火曜)

開館時間

午前 9時30分から午後5時まで(入室は午後4時30分まで)

観覧料

[前売り]一般のみ800円
[当日]一般1,000(800)円 大学生700(500)円
※( )内は20人以上の団体料金です。
※この料金で常設展も観覧できます。
※小学校・中学校・高校等の児童・生徒及びこれらに準ずる方、各種障害者手帳をお持ちの方は観覧無料です。

主催

明治工芸の粋実行委員会(富山県水墨美術館・チューリップテレビ)

共催

北日本新聞社

後援

FMとやま

協力

清水三年坂美術館

監修

山下裕二(明治学院大学教授)

企画協力

広瀬麻美(浅野研究所)

トークショー

日本美術応援団(山下裕二団長・本展監修者)のメンバーによるトークショー
会場 富山県水墨美術館映像ホール
定員 120名

並河靖之「桜蝶図平皿」七宝並河靖之「桜蝶図平皿」七宝

安藤緑山「竹の子、梅」牙彫安藤緑山「竹の子、梅」牙彫

無銘「伊勢海老」自在無銘「伊勢海老」自在

正阿弥勝義「柘榴に蝉飾器」金工正阿弥勝義「柘榴に蝉飾器」金工

赤塚自得「四季草花蒔絵堤箪笥」漆工 赤塚自得「四季草花蒔絵提箪笥」漆工

藪名山「蝶菊尽し茶碗」薩摩 藪明山「蝶菊尽し茶碗」薩摩

塩見政景(杣田細工)「幾何学文螺鈿印籠」(部分)塩見政景(杣田細工)「幾何学文螺鈿印籠」(部分)

安藤緑山「蕪、パセリ」牙彫安藤緑山「蕪、パセリ」牙彫

正阿弥勝義「古瓦鳩香炉」金工正阿弥勝義「古瓦鳩香炉」金工

海野勝珉「鳳凰花桐文銀装兵庫鎖太刀拵」刀装具海野勝珉「鳳凰花桐文銀装兵庫鎖太刀拵」刀装具