富山県水墨美術館

ホーム > 企画展 > COLLECTION×コレクション 語り合う美の系譜 -寄贈作品による

COLLECTION×コレクション 語り合う美の系譜 -寄贈作品による

 「コレクション」という言葉からイメージされるのは、愛好家が情熱を傾けて蒐集した愛すべき美術作品でしょうか。また一方で、美術作品を収集、保管、展示してその価値を将来へと継承する美術館においては、コレクションは館活動の根幹をなすものといえます。
 富山県水墨美術館の作品収集は、日本の「近代水墨画の系譜」を中心としています。また、日本の名だたる著名な作家の作品だけではなく、広く富山県ゆかりの作家や、現代作家の水墨作品についても、活発な収集と展示活動を行っています。開館以来、こうした事業を支援してくださる所蔵家や作家の方々から、幸いにも間断なく作品の寄贈をいただき、コレクションの量と質は次第に充実してきました。
 本展は、昨年、開館15周年を迎えたことを契機として、寄贈による個人コレクションを中心に、展覧会活動の足跡をしめす寄贈作品を加え、これまでの収集成果を紹介する収蔵作品展です。「美術品を収集するということ」をテーマに、さまざまな視点から作品を見る機会として、多くの方に楽しんで鑑賞していただけることを願っています。

会期

2015年5月15日(金曜)~6月21日(日曜)

休館日

月曜日

開館時間

午前 9時30分から午後5時まで(入室は午後4時30分まで)

観覧料

一般300(230)円 大学生200(150)円
※( )内は20人以上の団体料金です。
※この料金で常設展も観覧できます。
※小学校・中学校・高校等の児童・生徒及びこれらに準ずる方、各種障害者手帳をお持ちの方は観覧無料です。

主催

富山県水墨美術館、北日本新聞社、北日本放送

鯉魚の図 棟方志功「鯉魚の図」昭和38年(1963)頃

花鳥図屏風 狩野探幽「花鳥図屏風」(右隻) 江戸前期

海 村上華岳「海」大正7(1918)

霜烏 竹内栖鳳「霜烏」明治38(1905)

壽星 下村観山「壽星」大正10〜13年(1921〜1924)頃

十六羅漢尊図 富岡鉄斎「十六羅漢尊図」大正12年(1923)

豊千禅師 篁牛人「豊千禅師」昭和44年(1969)頃

鯉網文広口釜 畠春斎(初代)「鯉網文広口釜」昭和17年(1942)

淀 冨田渓仙「淀」大正6年(1917)

山・海 東山魁夷「山・海」昭和15年(1940)