ザ・屏風 THE BYOUBU
 屏風という様式は、室内装飾の一つとして建築と密接に結びついています。起源は中国に求めら れますが、古くから私たち日本人の生活や文化と深いかかわりを持っています。その特徴は、大画面であると同時に、コンパクトに折り畳むことができるという 点にあり、日本特有の縮みの文化とも関連しています。
 本展では、当館収蔵の屏風に、京都国立近代美術館が所蔵する迫力ある屏風作品を加えて展示し、大画面に描かれた絢爛豪華な金屏風はもとより、屏風の表現 上の有利性を活かした作品や、漆、染織など屏風仕立ての工芸作品なども紹介し、屏風絵にとどまらず、「屏風」そのものの魅力をご覧いただきます。
 
ずはん「ぼたん」
加山又造「牡丹」昭和54(1979)年 絹本金 地墨画着彩・屏風四曲一隻
当館蔵

 

ずはん「ゆふべ」
菊池契月「ゆふべ」大正3(1914)年 絹本着 彩・屏風二曲一双
京都国立近代美術館蔵

 

ずはん「ゆうぎょず」
都路華香「遊魚図」明治25-30(1892- 97)年頃 絹本着彩・屏風六曲一双
京都国立近代美術館蔵

 

ずはん「ししず」
平福百穂「獅子図」大正4(1915)年 絹本金 地墨画淡彩・屏風六曲一双
当館蔵

 

ずはん「きたかぜ」
横山白汀「北風」昭和26(1951)年 漆・屏 風三曲一隻
当館蔵

 

 
※掲載図版の無断転用・転載を禁じます。
 
会期 2014年5月9日(金曜)〜6月1日(日曜)
  5月9日(金曜)・10日(土曜)・11日(日曜)無料開放
※5月9日は「県民ふるさとの日」
   
休館日 月曜日
   
開館時間 午前 9時30分 から 午後 5時 まで(入室は 午後 4時30分 まで)
   
観覧料 [前売り]
一般のみ550円
[当日]
一般700(550)円 大学生500(380)円
※( )内は20人以上の団体料金です。
  ※この料金で常設展も観覧できます。
※小学校・中学校・高校等の児童・生徒及びこれらに準ずる方、各種障害者手帳をお持ちの方は観覧無料です。
   
主催 富山県水墨美術館、北日本新聞社、チューリップテレビ
   
お問合せ 富山県水墨美術館 〒930-0887 富山市五福777番地
  Tel.076-431-3719 Fax.076-431- 3720
   
講演会 演題:屏風の歴史と使われ方
講師 安村敏信氏(萬美術屋・前板橋区立美術館長)
日時 5月17日(土曜)午後2時から
会場 富山県水墨美術館映像ホール(聴講無料)
   
   

  展示・収蔵作品のトップへ戻る   平成26年度展覧会一覧へ  
         
  次の展覧会   インデックスへ戻る