日本画三代展 上村松園 松篁 淳之展
 この展覧会は、奈良市にある松伯美術館の所蔵作品を中心に、上村松園・松篁・淳之の親子孫三 代にわたる美の系譜を紹介するものです。
 かつて京都では、土佐派、狩野派から円山・四条派など、多彩な流派があり、その様式や技法の伝承の必要性から、代々、家系で画家を受け継ぐことは珍しく ありませんでした。
 しかし、近代以降、これまでの流派から、次第に作家個人の表現性が重視されるようになると、上村家のように三代にわたって優れた画人を輩出したことは、 近代の日本画壇の中でもまことに稀有なことです。
 上村家の継承は、画家としての優れた才能や天分があるということだけではなく、共通して高い精神性と家系特有の気風があります。上村家は代々能楽の金剛 流と親交が深く、伝統的な文化を常に意識した経緯があります。松園の格調高い美人画、松篁の澄んだ気品のある花鳥画、そして今日、淳之の洗練された花鳥画 にあらわれています。
 本展の開催により、この受け継がれる上村三代の美の系譜とそれぞれの画業の素晴らしさに触れていただければ幸いです。
 
ずはん「かんざし」
上村松園「かんざし」1938年 水野美術館蔵
 
ずはん「かりがね」
上村淳之「雁金」1988年

 

ずはん「うさぎ」
上村松篁「兎I」1987年 松伯美術館蔵
 
ずはん「はながたみ」
上村松園「花がたみ」1915年 松伯美術館蔵

 

ずはん「はなみ」
上村松園「花見」1910年 松伯美術館蔵

 
※掲載図版の無断転用・転載を禁じます。
 
 
会期 2011年4月8日(金曜)〜5月22日(日曜)
   
休館日 月曜日(ただし、5月2日は開館)※4月29日(金曜・祝日)〜5 月8日(日曜)は無休
   
開館時間 午前 9時30分 から 午後 5時 まで(入室は 午後 4時30分 まで)
   
観覧料 〈当日〉一般 1,000円(団体800円)、大学生700円(団 体500円)
〈前売〉一般のみ 800円
※( )内は20人以上の団体料金
  ※この料金で常設展も観覧できます。
※小学校・中学校・高校等の児童・生徒及びこれらに準ずる方、各種障害者手帳をお持ちの方は観覧無料です。
   
主催 「上村三代展」実行委員会(富山県水墨美術館、富山テレビ放送)
   
共催 北日本新聞社
   
協力 松伯美術館
   
特別協賛 北陸銀行、北陸カード
   
協賛 リードケミカル、五万石、富山観光ホテル、大阪屋ショップ、牛島屋、積水ハウス、カナモリ
   
問合せ 富山県水墨美術館 〒930-0887 富山市五福777番地
  Tel.076-431-3719 Fax.076-431- 3720
   

  展示・収蔵作品のトップへ戻る   平成23年度展覧会一覧へ  
         
  次の展覧会   インデックスへ戻る