京都 細見美術館 琳派・若冲と雅の世界

細見美術館は、昭和の実業家、細見良(初代 古香庵)にはじまる細見家三代が蒐集した美術品をもとに、平成10年3月、京 都の文化ゾーン岡崎に開館しました。そのコレクションは、日本美術のほとんどすべての分野・時代を網羅し、さまざまな時代やジャンルを象徴する優れた作品 がバランスよく集められており、国内外から高い評価を受けています。本展では、細見美術館の根幹をなす仏教美術や物語絵の雅な世界、俵屋宗達から尾形光 琳、酒井抱一、神坂雪佳にいたる淋派三百年の華麗な様式美、奇想の画家・伊藤若冲のユニークで魅力的な画風、人々の暮らしを彩った工芸の意匠の美を、同館 の所蔵品から選び抜かれた優品を通して紹介いたします。細見家三代のすぐれた審美眼を通して見る、日本美術の多彩な魅力を心ゆくまでお愉しみください。

 
ずはん「へちまぐんちゅうず」
伊藤若冲 糸瓜群虫図 江戸中期(4月25日まで 展示)
 
ずはん「せっちゅうゆうけいず」
伊藤若冲 雪中雄鶏図 江戸中期

 

ずはん「そうけんず」
俵屋宗達 双犬図 江戸中期
 
ずはん「とうかず」
鈴木其一 藤花図 江戸後期

 

ずはん「あきくさずびょうぶ」
酒井抱一 槙に秋草図屏風 江戸後期

 

ずはん「みずべいえがもずびょうぶ」
鈴木其一 水辺家鴨図屏風 江戸後期

 

ずはん「きりぎりすえまき」
住吉如慶 きりぎりす絵巻(部分) 江戸前期

 

ずはん「しのぶぐさしたえわかかんだんかん」
本阿弥光悦 書・俵屋宗達 下絵
忍草下絵和歌巻断簡 江戸前期
 
ずはん「しょうかんのん」
六観音像のうち 聖観音 鎌倉後期

 

ずはん「うじばしずだんせん」
尾形光琳 宇治橋図団扇 江戸中期
 
ずはん「きんぎょたまず」
神坂雪佳 金魚玉図 明治時代

 

ずはん「ゆうがおもんくぎかくし」
夕顔文釘隠 桃山時代
 
※掲載図版の無断転用・転載を禁じます。
 
 
会期 2010年4月9日(金曜)〜5月16日(日曜)
   
休館日 月曜日(ただし、5月3日は開館)、5月6日(木曜)
   
開館時間 午前 9時30分 から 午後 5時 まで(入室は 午後 4時30分 まで)
   
観覧料 〈当日〉一般 1,000円(団体800円)、大学生700円(団 体500円)
〈前売〉一般のみ 800円
※( )内は20人以上の団体料金
  ※この料金で常設展も観覧できます。
※小学校・中学校・高校等の児童・生徒及びこれらに準ずる方、各種障害者手帳をお持ちの方は観覧無料です。
   
主催 「琳派・若冲と雅の世界展」実行委員会(北日本新聞社、富山県水墨美術館) 細見美術館
   
共催 北日本放送
   
問合せ 富山県水墨美術館 〒930-0887 富山市五福777番地
  Tel.076-431-3719 Fax.076-431- 3720
   

  企画展リストへ戻る