橋本関雪展
 大正・昭和期における日本画革新の潮流の中、文展・帝展で活躍し、数多くの秀作、話題作を世 に遺した巨匠・橋本関雪の回顧展を開催いたします。
 明治16年(1883)年、神戸市に生まれた関雪は、旧明石藩の漢学者であった父海関から、幼少の頃より家学としての経書詩文を学び、江戸期の藩儒の子 弟と似た雰囲気の中で育ちました。
 はじめ四条派の画法を学び、20歳で京都に出て竹内栖鳳に入門、その天分を大きく伸ばします。明治41年、第2回文展の初入選を機に上京し、力作、話題 作を発表して多くの褒章を得、画壇に確固たる地位を築きました。
 また、日本画家としていち早くヨーロッパに渡り、西洋美術の影響を受けました。中国には40回以上も渡り、幼少より培った教養を生かし、中国古典に題し た作品を多く手がけています。一方で、卓越した観察眼と描写力により動物画にも力を注ぎました。昭和9(1934)年帝室技芸員、10年帝国美術院会員な どを歴任するとともに文人としても活躍し、61歳で逝去しました。
 深い教養に根ざした作品は、四条派を基礎に古今東西の名画の諸風を取り入れ、豪快華麗、また軽妙繊細に格調高く描かれており、その芸術性は高く評価され ています。
 本展では、初期から晩年まで約50年にわたる画業から、ニューヨーク万国博覧会に出品された「霜猿」など、代表作約40点を展観し、その輝かしい業績を 紹介いたします。
 
ずはん「そうえん」
「霜猿」昭和14年(1939年)
 
ずはん「らふせんず」
「羅浮僊図」大正8年頃(1919年頃)
華鴒大塚美術館蔵(7月5日まで展示)

 

ずはん「じゅじょうくじゃくず」
「樹上孔雀図」大正15年(1926年)足立美 術館蔵

 

ずはん「しゅうほ」
「秋圃」昭和14年(1939年)足立美術館蔵
 
ずはん「ぼうくうごう」
「防空壕」昭和17年(1942年)
東京国立近代美術館蔵

 

ずはん「れんたん」
「煉丹」大正5年(1916年)長谷川コレク ション

 

ずはん「なんごく」
「南国」大正3年(1914年)姫路市立美術館 蔵
 
※掲載図版の無断転用・転載を禁じます。
 
 
会期 2009年6月19日(金曜)〜7月26日(日曜)
  前期 6月19日(金曜)〜7月5日(日曜)
  後期 7月7日(火曜)〜7月26日(日曜)
  ※前期、後期で作品の一部を展示替えいたします。
   
休館日 月曜日(ただし、7月20日は開館)、7月21日(火曜)
   
開館時間 午前 9時30分 から 午後 5時 まで(入室は 午後 4時30分 まで)
   
観覧料 〈当日〉一般 900円(団体700円)、大学生650円(団体 500円)
〈前売〉一般のみ 700円
※( )内は20人以上の団体料金
  ※この料金で常設展も観覧できます。
※小学校・中学校・高校等の児童・生徒及びこれらに準ずる方、各種障害者手帳をお持ちの方は観覧無料です。
   
主催 富山県水墨美術館 北日本新聞社 北日本放送
   
問合せ 富山県水墨美術館 〒930-0887 富山市五福777番地
  Tel.076-431-3719 Fax.076-431- 3720
   

  展示・収蔵作品のトップへ戻る   平成21年度展覧会一覧へ  
         
  次の展覧会   インデックスへ戻る