紫式部源氏物語展〜石山寺の美〜

 『源氏物語』が誕生して約一千年。紫式部が『源氏物語』を起筆したとされる大本山石山寺には、各時代の画家が描いた『源 氏物語』を題材にした作品が多数所蔵されています。本展では、これらの作品群とともに、国宝・重要文化財を含む石山寺の寺宝を展示し、時代を越えて人々を 魅了し続ける『源氏物語』の世界と、石山寺の悠久の歴史を紹介します。


本展では音声ガイド を提供しています(有料)。

          試聴・詳細はこちら→  ガイド試聴

 
ずはん「むらさきしきぶず」
「紫式部図」土佐光起(部分)

 

ずはん「げんじものがたりずしきしはりまぜびょうぶ」
「源氏物語図色紙貼交屏風(右隻)」

 

ずはん「げんじものがたりずびょうぶ」
「源氏物語図屏風(右隻)」伝 土佐光芳

 

ずはん「げんじものがたりさっしがたまきえばこ」
「源氏物語冊子形蒔絵箱(若紫・薄雲)」

 

ずはん「いしやまでらえんぎえまき」
重要文化財「石山寺縁起絵巻 第二巻 第一段」 (部分)

 

ずはん「かんのんぼさつりつぞう」
重要文化財「観音菩薩立像(本尊如意輪観音像内 納入品)」
ずはん「にょいりんかんのんざぞう」
「如意輪観音坐像」

 


ずはん「ぞうちょうてんりつぞう」
重要文化財「増長天立像」
ずはん「じこくてんりつぞう」
重要文化財「持国天立像」
 
※掲載図版の無断転用・転載を禁じます。
 
 
会期 2009年4月4日(土曜)〜5月17日(日曜)
  前期 4月4日(土曜)〜4月26日(日曜)
  後期 4月28日(火曜)〜5月17日(日曜)
  ※前期、後期で作品の一部を展示替えいたします。
   
休館日 月曜日(ただし、5月4日は開館)、5月7日(木曜)
   
開館時間 午前 9時30分 から 午後 5時 まで(入室は 午後 4時30分 まで)
   
観覧料 〈当日〉一般 1,000円(団体800円)、大学生700円(団 体500円)
〈前売〉一般 800円 セット券(2枚綴り)1,300円
※( )内は20人以上の団体料金
  ※この料金で常設展も観覧できます。
※小学校・中学校・高校等の児童・生徒及びこれらに準ずる方、各種障害者手帳をお持ちの方は観覧無料です。
   
主催 紫式部・源氏物語展実行委員会(富山県水墨美術館 富山テレビ放送) 大本山石山寺
   
共催 北日本新聞社
   
学術協力 奈良国立博物館
   
後援 FMとやま 石川テレビ放送
   
問合せ 富山県水墨美術館 〒930-0887 富山市五福777番地
  Tel.076-431-3719 Fax.076-431- 3720
   

  展示・収蔵作品のトップへ戻る   平成21年度展覧会一覧へ  
         
  次の展覧会   インデックスへ戻る