国際公募墨画トリエンナーレ富山2004
2004年7月9日(金曜)〜8月22日(日曜)

富山県水墨美術館では、開館5周年を記念し「国際公募:墨画トリエンナーレ富山 2004」を開催します。
この展覧会は、「下保昭展」「現代の水墨画」展と同様に、墨で描くことの今日的な意味をさぐる展覧会として、3年に1度のトリエンナーレ方式で開催するものです。「墨で表現された作品を公募し、今日の墨画の諸相を広く一般に紹介するとともに、墨によって表現することの意義とその可能性をさぐる」を趣旨に作品を公募しました。また、今回から公募範囲を墨を使用する文化圏である韓国、中国まで広げました。
第2回展となる今回は、日本国内では、北海道から沖縄県まで全国37都道府県から161人による211点が、韓国からは2人2点、中国からは74人91点の作品が寄せられました。審査の結果選ばれた優秀賞3点、奨励賞5点、特別賞2点を含む入賞・入選作54点が展示されています。
この展覧会の開催をとおして、生まれてから千年以上の歴史を有する水墨画が、それぞれの国でどのような発展を遂げ、今日の絵画表現に活かされているかを概観し、墨による多様な表現の可能性を展望することができれば幸いです。
 
おうげいしゅん ずはん「さんそんしんじょう」
ていちょうりん ずはん「ぼ」
王 迎春「山村新娘」
丁 長林「暮」

さいとうそう ずはん「ろうえん(げっこう)」
りゅうきい ずはん「かいじょうか」
斎藤 宗「老宴(月光)」
劉 奇偉「回娘家」

ようりきしゅう ずはん「ごうじょうえいしょう」
そんはくきん ずはん「へきたんせいしんず」
楊 力舟「豪情永勝」
孫 佰鈞「碧潭清心図」

ののうちひろし ずはん「ちょうふ」
みうらひろみ ずはん「はな04-2 Germinal Fears」
野々内 宏「鳥譜」
三浦 ひろみ「花04-2 Germinal Fears」

のぐちみのる ずはん「しんぺんざっきしょう・04」
いあんじゃ ずはん「ついおく」
野口 稔「身辺雑記抄・04」
李 安子「追憶」
 
※掲載図版の無断転用・転載を禁じます。
 
 
会期 2004年7月9日(金曜)〜8月22日(日曜)
   
開館時間 午前9時30分から午後5時まで(入室は午後4時30分まで)
   
休館日

月曜日(ただし7月19日・8月16日は開館)、7月20日(火曜)

   
観覧料 一般 700円(団体550円)[前売り]一般550円 ※前売券の販売は会期前日までです。
高大生500円(団体380円)
小中生350円(団体250円)
  ※団体料金は20人以上の場合。
※この料金で常設展も観覧できます。
※小学生・中学生・高校生、盲・ろう・養護学校の児童・生徒による土曜・日曜・祝日の観覧や、教育活動としての観覧は無料です。
   
主催 富山県水墨美術館・北日本新聞社・富山テレビ放送
   
後援 中華人民共和国駐日本国大使館文化部、駐新潟大韓民国総領事館、外務省、文化庁
  富山県日中友好協会、富山県日韓親善協会、NHK富山放送局
   
問合せ 富山県水墨美術館 〒930-0887 富山市五福777番地
  Tel.076-431-3719 Fax.076-431-3720
   
  国際公募 墨画トリエンナーレ富山 2004入賞・入選者一覧へ
   

  企画展リストへ戻る