上村松篁展
2004年5月28日(金曜)〜6月27日(日曜)

富山県水墨美術館では、開館5周年を記念して、近代日本画史の花鳥画に輝かしい業績を残した上村松篁をとりあげ「上村松篁展」を開催いたします。
上村松篁は、明治35年(1902)、美人画で名高い女流画家上村松園の長男として京都市に生まれ、京都市立絵画専門学校に進むと同時に西山翠嶂に師事しました。以来、帝展、新文展を舞台に、伝統的な写生に根ざしながら近代感覚溢れる花鳥画の世界を展開しました。戦後は日展を離れ、新日本画団体「創造美術」を結成するなど在野精神を貫き、緻密に計算された画面空間と、自然に対する深い愛情が見事に溶け合う品格のある色鮮やかな美しい独自の花鳥画の世界を築きあげました。この間、京都市立美術大学教授や日本芸術院会員などを歴任し、昭和59年(1984)には文化勲章を受章しています。
本展は、奈良市にある松伯美術館のご協力のもとに、同館が所蔵する貴重な松篁作品の中から、初期から晩年にいたる代表的作品約40点を選抜し、今なお多くの人々に深い共感を与えてやまない上村松篁の輝かしい業績をあらためて回顧するものです。
 
ずはん「ねったいかちょう」
ずはん「ほうおうぼく」
「熱帯花鳥」昭和38年(1963)部分
「鳳凰木」昭和48年(1973)

ずはん「はるよい」
「春宵」平成5年(1993)

ずはん「ハイビスカスとカーディナル」
ずはん「あさ」
「ハイビスカスとカーディナル」昭和39年 (1964)
「朝」昭和42年(1967)
 
※掲載図版の無断転用・転載を禁じます。
 
 
会期 2004年5月28日(金曜)〜6月27日(日曜)
   
開館時間 午前9時30分から午後5時まで(入室は午後4時30分まで)
   
休館日

月曜日

   
観覧料 一般 900円(団体700円)[前売り]一般700円
高大生650円(団体500円)
小中生450円(団体320円)
  ※団体料金は20人以上の場合。
※この料金で常設展も観覧できます。
※小学生・中学生・高校生、盲・ろう・養護学校の児童・生徒による土曜・日曜・祝日の観覧や、教育活動としての観覧は無料です。
   
主催 富山県水墨美術館・北日本新聞社・北日本放送
   
協力 財団法人 松伯美術館
   
問合せ 富山県水墨美術館 〒930-0887 富山市五福777番地
  Tel.076-431-3719 Fax.076-431- 3720
   

  企画展リストへ戻る